可動戦車模型愛好会作品掲示板


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理人用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
RC戦車と赤外線バトル 投稿者:せいめい 投稿日:2018/10/22(Mon) 22:32 No.4760

The Open Panzer Project

http://openpanzer.org/forum/index.php

英語なのでよく解らないけどなんかArduinoを使ったRC戦車用のソフトやハードを扱うオープンなプロジェクトだと思う。
これに基づいたコントロール基板がすでに販売されているようです。

で、本題ですが
このプロジェクトに赤外線バトルのプログラムがあってこれを使うと色んなメーカーのRC戦車とバトルできる戦車を作れそうです。

Standalone Tank IR(Arduino用スケッチと回路図)

ttps://github.com/OpenPanzerProject/TankIR

画像はサンプル回路とタミヤ1/35RCパンサーとのバトルです。
回路はArduinoに赤外線受光モジュールと赤外線LEDを接続、ボタンを押すとLEDが発光する仕様。

赤外線プロトコルの設定(主なもの)
・タミヤ 1/16(デフォルト)
・タミヤ 2-Shot kill code
・タミヤ 1/35 (これでテストしました)
・ヘンロン(Heng Long)
・タイゲン(Taigen)
・VsTank 1/24

Re: RC戦車と赤外線バトル - せいめい 2018/10/22(Mon) 23:07 No.4761
私の使い方が正しいかどうか疑わしいので全て自己責任で読んでください。
バトル中のArduinoのシリアルモニタ

BATTLE INFO に現在の設定が表示されています。
これを見ればだいたいどんな設定が可能か解ると思います。

Fire Protocol で設定した赤外線プロトコルが Hit Protocol (優先順位1番)にも適用されます。
Hit Protocol 2 は優先順位2番目に適用される被弾用プロトコルです。
この設定の場合、Tamiya1/35とHenlg Long両方の攻撃で被弾するわけですね。(撃つ方はどうするんだ?)
因みにRepairとは味方を撃って回復させる車両があるみたいでその設定っぽいです。

空欄を開けて下の方がバトル中の表示です。

製品が販売されているので使い方が解る人ならそっちの方が手っ取り早いかな。


Re: RC戦車と赤外線バトル - せいめい 2018/11/10(Sat) 21:39 No.4775
タミヤ1/25RCパンサーのユニットに赤外線バトルのサンプル回路を繋げる実験

あくまで実験です。改造は自己責任で。

サンプル回路はA0ピン(アナログ入力)に5Vの電圧がかかるとそれがトリガーになって赤外線LEDが発光するみたいです。
そこでA0ピンをタミヤの新しいRCユニットMC-07(赤外線バトル無し)のM4端子(たぶん砲身上下)に繋いでトリガーにしました。
送信機の右スティックを上に倒すと赤外線LEDが発光します。
被弾状態を知るためのLEDは在るけど当然ながら被弾しても戦車の速度は遅くなりません。

使用したArduino
AE-ATMEGA328-MINI(Arduino Pro mini 互換機。秋月電子で購入)

なんとなく解ったこと
・M4端子は5Vより小さい電圧のため2V以上で赤外線LEDが発光するようにサンプルスケッチを修正
・右スティックを下に倒すと電流が逆に流れるので回路を守るためダイオードをつけた。
・サンプルTankIRは328系のマイコンでないとコンパイルが通らない。32U4とか2560なんかはエラーになる。
・Arduino IDE のボードファイルを最新のものに更新したらコンパイル通らない(Arduinoあるある?)


処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -