可動戦車模型愛好会作品掲示板


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理人用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
またまた質問です。 投稿者:その辺にいる大学生 投稿日:2017/11/29(Wed) 14:52 No.4085

毎回毎回質問ばかり申し訳ありません。

16/1スケールのドイツIV号戦車を持っている方に質問です。
車体全長と車幅、履帯1コマの長さ幅などを知っている方はいらっしゃらないでしょうか?

Re: またまた質問です。 - 森本康生 2017/11/29(Wed) 20:42 No.4086
これは私の見解なので、参考程度に聞いていただければ結構です。
タミヤのHPにシングルモーターライズの4号戦車が発売になることが載っています。
何を目的に製作するかは、人それぞれで、何もかも自作しなければならないわけではなく
製品としてあるものを上手に使うのも一つの考えです。
URL(家マークアイコン)をクリックしてください。

国際標準スケール? - サンダー伊藤 2017/11/29(Wed) 21:34 No.4087
お答えから
バンダイのW号は元はイマイが開発したものでスケールは1/15なんです。
履帯の連結は金属ピンでなくプラスチックなので重量が嵩むと切れちゃいますよ。

さて余談。タイトルの意味ですが国際標準スケールと「決められた」ものは「ない」
と思うのですが、1/48・1/32・1/24・1/16が陸と空のプラモデルでは標準「的」と思います。
そこへジャパンオリジナル?戦車では1/35が登場・1/25も登場しました。バンダイは1/24で
良い製品をリリースしてましたが・・
そのワンサイズ上は1/15かとイマイ・バンダイ・バーリンデン(は結構後年ですが)まで
1/15でリリースしたところ、
突如1/16が登場(アイハラは1/16で古くから発売していたものの・・)
以来ミニスケール戦車は1/16が標準的になりました。

ところでガルパン流行りで1/12のタイガーが発売されると噂を耳にしましたが、
どうなったんでしょうね?
W号売れなかったのかな(笑)人形が付かないとねぇ・・


1/16W号 - むろさん 2017/12/04(Mon) 23:43 No.4093
1/16W号戦車ですが、以前はバンダイ(最初はイマイ)から出ている1/15のキットしかなくて、改造のベースとしてはこれを使うしかなかったため、私も一番最初のブルムベアの時はバンダイ製W突を使いました。その後タミヤ及び中華製の1/16が出たので、今はこれらを使うのが一般的です。
バンダイ製の欠点は @履帯に連結ピンがなくてプラ製の突起をはめ込むだけなので、屋外で走らせるとすぐに履帯が切れる、Aサスペンションが単なるシーソー式(1/16のタミヤや中華製は板バネで上下)、BW号戦車の上部車体の出来が悪い(W突やフンメルはまだマシ)、Cギヤボックスのギヤがお粗末(古いモーターライズの1/35プラモデル並み)といったところです(設計が古いので仕方ないのですが)。
なおフンメルのボディはまあまあの出来であり、他に類似品がないので、ナスホルンへの改造ベースとして使うといった使い方をする価値はあります(おやぢ組会員のいまいまさんがやっています)。
バーリンデンからも1/15でW号、タイガー、M3スチュアートなどいくつか出ていますが、ディスプレイモデルのガレージキットなので、これを可動にするのはかなり大変な作業です。おやぢ組でも昔ドテヤスさんが可動化改造をしていますが、今はバーリンデンを使う人はほとんどいないと思います。(下記アドレスはドテヤスさんのM3スチュアート)。
http://web1.incl.ne.jp/hinoki/kclub083.htm
.

1/16W号 続き - むろさん 2017/12/04(Mon) 23:45 No.4094
タミヤ及び中華製の1/16は価格がかなり違うので、タミヤ製はDMD+MFにより滑らかな動きと実車から採取した音が出ますが、中華製はおもちゃのような動きしかできないということが大きな違いです。パーツの質もかなり違い、W号のサスはタミヤ製は金属、中華製はプラです。
起動輪の軸穴の形・直径が異なるので互換性はないが、履帯は互換性がありどちらにも使えます。
ブルムベア、クーゲルブリッツ、オストヴィント、ホイシュレッケなど製品化されていないW号系列車両への改造ベースとして使う場合は、タミヤ製と中華製の部品をうまく使い分け、コストの削減を図るとよろしいかと思います。

写真は私の手元にあるV号、W号系列車両のうち1/16のものです。バンダイの1/15の3種類(W号F2、W突、フンメル)もありますが作っていません。
右側手前の駆逐戦車はタミヤW号を改造したもので、タミヤからW号駆逐戦車が出る前に作ったもの。他の3台は右から中華製のW号、V号、V突G(W号とV突はアオシマ輸入版)のトイラジです。
履帯はV号、W号共通で、履帯1コマの寸法は25×10ミリ程度です。
.


処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -