可動戦車模型愛好会作品掲示板


[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理人用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
1/16 T28超重戦車 続報 投稿者:むろさん 投稿日:2017/11/19(Sun) 01:16 No.4051

1年前から作っていたT28 Super Heavy Tankですが、5月にアルミ製シャーシに透明アクリル板をかぶせた状態で静岡HSに持って行ってから約半年でプラ板のボディが出来上がったので、とりあえず塗装して11/18の静岡タミヤフェアの赤外線バトルに持っていきました。上部の機銃や車外装備品などのディテールアップ、外側履帯部分の牽引機構などはできていませんが、来年5月の静岡目指して作っていきます。(なお、ツインメッセの事務所で聞いたら来年の静岡HS一般公開日は5/12〜13だそうです。ここ10数年では最も早い開催日程です。)

Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - むろさん 2017/11/19(Sun) 01:17 No.4052
今回赤外線バトルという「実戦配備」を行って分かったのですが、通常の1/16タミヤ製フルオペキットに入っている駆動装置ではこのT28の重量を動かすには力が足りないようです。(JS2用のギヤボックス、DMDを使っています。)家で試運転をしている時には全く気がつかなかったのですが、バトルフィールドで走らせるには速度が遅すぎて、対戦にはとても不利でした。結局個人戦2回、団体戦3回のうち1度も勝てませんでした。(こんなことは初めて!)実車の多砲塔戦車やマウスと同じく、超重量級の戦車は実戦には使い物にならないということで、今後T28をバトルゲームに使うかどうかは微妙です。


Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - むろさん 2017/11/19(Sun) 01:20 No.4053
前回のT28の投稿ではまだできていなかったので写真を載せなかったのですが、防楯の砲身穴の斜め上方に穴(暗視スコープか照準器用?)があり赤外線発射LED用にちょうどいい大きさだったので、LEDを内蔵式にしてみました。

(今回お世話になった熊さんチームの皆様、どうもありがとうございました。)


Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - ちゃぶ台工房高田です 2017/11/19(Sun) 10:42 No.4055
ガールズたちもいたのですね。


Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - むろさん 2017/11/20(Mon) 02:12 No.4059
<タカダ様
この写真は1〜2年前のタミヤフェア・赤外線バトルの様子ですね。今回のバトルフィールドもこれとほぼ同じでした。もちろんガルパン風のコスプレをしたガールズたちも参戦していました(チーム名は「☆×組女子チーム」。中に一人金髪長髪・サングラスのちゃら何とかさんという男性も混じっていましたが)。

今回私のT28では、砲身上下が機構上の都合により上方向よりも下方向へ大きく下がるようになっていたため、フィールドの真ん中にある橋の登り斜面の途中に陣取って固定砲台となり、砲を下に向ける形で攻撃しようという作戦を考えていました。しかしいざ戦闘開始となったら、速度が遅すぎて橋のたもとに着く前に敵に3発撃たれ撃破されてしまいました。(トホホ…涙)

Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - むろさん 2017/11/20(Mon) 02:14 No.4060
<がんぷらさん
投稿ありがとうございます。
来年5/12〜13の静岡HSではこの実物の写真に示すような「外側履帯部分を牽引する状態」にして、おやぢ組ブースの所で走らせる予定です。是非ご覧ください。
なお、静岡HSでは見学者として見ているよりも、展示側の参加者となって操縦する方が格段に楽しいので、何か戦車模型をお持ちならば参加されることをお勧めします。1/35なら桧木会長の町並みジオラマの中で、1/16ならその周りの床面で私の持ち込み車両と一緒に走り回りましょう。お待ちしております。
(ついでながら、コメント投稿は新しいスレッドを立ち上げるのでなく、「返信」をクリックして投稿していただけると幸いです。)


Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - むろさん 2017/11/20(Mon) 02:16 No.4061
今まで1/16のキットの改造やスクラッチビルドをする時は1.2ミリとか1.5ミリのプラ板を使うことが多かったのですが、前回のW号駆逐戦車作成の頃から1ミリ板を主体に上部ボディを作るようにしました(もちろん必要部分には補強をします)。今回の車体製作ではさらに進めて一部0.5ミリ板を使っています。
写真は上部ボディの中央部ですが、後部のエンジン部分の上方にある四角い平面板(左右の写真とも右側位置)は0.5ミリ厚です。構造上で力のかからない部分ならこの程度の厚さでも十分です。加工もしやすいし、コストも安く上がるので、1/16の改造やスクラッチビルドをされる方は試してみては。


Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - むろさん 2017/11/20(Mon) 02:17 No.4062
過去に作ってきた1/16の駆逐戦車系の「砲塔の回らない戦車」としては、一番最初に作った1/15バンダイW突改造ブルムベア(未完成)に始まり、ヤークトティーガー、ヤークトパンサー、ストームティーガー(未完成)、W号駆逐戦車(以上は改造車両)、エレファント(中華製キット)があり、完成品を買ったものはV突長砲身(中華製)、キットのままで作っていないものは1/15バンダイW突(これはタミヤのW号が出る前だったので、2つ買って1つは上記のブルムベア用)となっています。写真に示すようにこの系統の車両が今までに作ったものの8割ぐらいでしょうか。(これ以外ではM40ビッグショットとM3リーの2台ぐらい。ともに未完成)
この系統で作っていないのはヘッツアー、V突短砲身、ソ連のもの(Su85など)ぐらいです。ヘッツアーは過去にドテさんが作っているし、V突短砲身は作りたいのですが、中華製の改造ではタミヤの赤外線バトルに出られないという問題があるので、両方ともやらないと思います。ソ連のものは未定です。
今回作ったT28はそういう意味ではこの手の車両の最後になるかもしれません。今までの総仕上げのつもりで完成させようと思っています。


Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - むろさん 2017/11/20(Mon) 02:21 No.4063
重量級の戦車模型を扱っている方は腰を傷めないようにご自愛ください。

10年ぐらい前に笹目にイーグルタイガーとか関タイガーとか1/6、1/8クラスの大型戦車模型が何台も集まっていた頃、土手の斜面を登っていた大型タイガーが途中で動けなくなってしまい、皆で持ち上げて降ろしたことがありました。
静岡HSの撤退をする時にマリウスさんのアーマーテックタイガーが重くて車に載せるのが大変なので、何人かで手伝ったこともありました。
自宅で扱っている時はホイストなどの機械設備もあるし、予備のバッテリーもあると思いますが、屋外走行では思わぬトラブルがあるかもしれませんから、一人で持てないぐらい重い模型を扱う方は十分な注意、配慮が必要ですね。

私は現在車を持っていないので、静岡へは新幹線で行くしかありません。今回はT28とW号駆逐の1/16を2台持ち込みましたが、駅の上り下りなどでこのぐらいの重さが限界です。電車で持ち運ぶので、自分にとってはこのT28が「超重量級」です。

Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - マリウス爺 2017/11/20(Mon) 10:49 No.4064
むろさん:
 その節は大変お世話になり、ありがとうございました!
 助かりましたよ。!
 添付は、懐かしい当時の笹目での当該戦車の画像です。
 意欲的に製作活動されておられるようで、何よりです ね。!
 


Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - むろさん 2017/11/21(Tue) 07:34 No.4066
マリウスさん、懐かしい笹目の画像投稿ありがとうございます。
思えばあの頃がRC模型戦車人生の中で一番楽しかった時期のようです。自分としては初めての本格的作品であるヤークトティーガーを作って笹目に持ち込んだ頃であり、今後何を作っていこうかと夢も膨らんでいました。1/6のタイガーTが2台(初期型・後期型)とキングタイガー1台の合計3台が連なって走っていたシーンは今でも印象に残っています。(ビデオ画像も多分残ってます。)斑尾でもなかなかお目にかかれないシーンでしょう。
あの大型戦車模型を作っていた人たちも今はあまりやっていないようですね。維持管理していくには負担が大きいということでしょうか。そのうちまた見せてください。
(戦車ではありませんが、アメリカ空母が完成したら地中海クルージングに参加させてください。マリウスさんの英国軽空母と同じ頃には就航させたいと思っています。当分戦車で忙しいので無理ですが。)


Re: 1/16 T28超重戦車 続報 - マリウス爺 2017/11/21(Tue) 20:58 No.4068
むろさん;

船でも車でも戦車でも飛行機でも、Rcで動かせたら、いつでもいらっしゃい!!
「むろ」ん、大歓迎ですよ-!!


海外では市販品が出ていた - むろさん 2017/12/02(Sat) 01:29 No.4089
海外では赤外線バトルのできるRC製品として売っているようです。RYURI TAKANORI という香港の日系人?の人が設計したもので、$1099ということは12万5千円ぐらい。
防楯の上の方の車体正面の形が正確でなかったり、ディテールの再現がおもちゃのようであったり、溶接跡がなかったりと、いろいろ突っ込み所はありますが、動画での動きもなかなかいいし、全体の形もいいので、自分で手を入れればかなり見栄えの良いものになりそうです。外側履帯部分の牽引走行はできるのだろうか?
下記アドレスの画像を見ると、車体上部のパーツの中には3Dプリンターで作っていると思われる線が入ったものがあります。世の中は3Dプリンターで模型を製造販売する時代になりつつあるようです。

https://www.dklmrc.com/product/t2895gmc
h ttps://www.okmodesigns.com/t28-95-gmc
h ttps://www.youtube.com/watch?v=D126OJIIxUs&feature=youtu.be

なお、写真は私のT28(11/18静岡での画像)です。


処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -