[ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード
旧twinstars参加者のブログや模型関連ブログの最新記事です。
現在は20分間隔で自動巡回していますが、負荷調整のため不定期に巡回を停止することがあります。

ツイッター配布

【新】→スマホ版(α版)はこちら
キーワード: 自衛隊 自衛艦 陸自 空自 海自 防衛庁 観艦式 観閲式 総火演 10 10 90 90 九七 97 97 八九 89 89 87 87 74 74 61 61 を含む
 テーマ検索


~ コミュニケーション ~

~ 模型通販ショップ ~
 おしらせ
 検索&セッティング
キーワード: (空欄で全記事表示)
  を含み
  を除く
 
(設定は表示結果をブックマーク)
表示方法:
 すべて展開表示
 題名だけ表示
   まで展開表示

表示記事数:  まで

初期メニューパターン:
 [おしらせ]だけ開く
 [テーマ]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[テーマ]を開く
 全部開く 全部閉じる

 ターゲットブログリスト

~ ソーシャルリンク ~

時系列順ブログ記事(対象記事数:628)
11/1
01:30
マイロン
先の28日、行きましたよ開校記念。
告知してたとはいえ、すまさんと同じ号車に乗り合わせたり、現地では目の前にgenpaku君家族居たり。
ただ今年は89式中戦車は見れず。あら残念。アパッチも飛んでこなかったし。
多分台風の到達懸念とかの影響かな。
人出も天候を反映して少なかったかも。
その分展示物は見やすかったし、16式機動戦闘車はかなり近くで見れたのでは。
うちらといえば旧軍の3式中戦車にかかりっきりでしたが。
写真はさほど撮ってないんで、小出しするかは別にして、小物ばっかり。
広報館の銃器展示から、ブローニング・ハイパワーのフルエングレーブ仕様。
最近の樹脂フレームの安っぽさとは無縁の型鍛造切削加工の本体に唐草紋様で彫金してあります。
相当良い品なんですが、管理用の番号がグリップにべったり書き込まれていて残念。
ちなみに個人的に最も好きな形。
こちらは同じくハイパワーのカナダ生産型。
一段高くなったリアサイトとフロントサイトが嫌い。w
モーゼルC96
固定式の10発弾倉式。よく中国大陸では馬賊が使ってたらしい。
先の東莞出張の際、見まくった反日英雄番組でも大活躍。
多分これも、その時の鹵獲品なのではなかろうか。

トカレフTT-33
一時期、日本国内で中国から大量に密輸されて有名になった。
だいぶやれているけど、グリップの星にcccpとなってるのでソ連製?
ただし表面仕上げがブルーイングだったり、スライドの指掛けのセレーションが細い幅のみのものなので軍用ではなさそう。警察とかの非軍用っぽい。
この銃、つるつる滑って撃ちにくかった記憶しかない。w
ナガン・リボリバー
日本の26年式拳銃に似てるけど、こちらは相当興味深い機構。
発射するときに引き金を引く際、シリンダーを後ろから銃身後端に押さえつける機構があるので、
普通の回転式拳銃のように、その隙間から燃焼ガスが逃げない。
そんなわけで、消音機がその役目を果たす稀有なリボルバー。
それがゆえに弾の再装填が現在のものほど迅速にいかないんだっけ。
自衛隊9mm機関拳銃。
日本の左寄りの人たちが「自衛隊の海外派遣に自衛用火器の携行は憲法違反だ~!」と狂いまくったがために、
さすがに丸腰で送り出すのも可哀そうということで妥協の末に出来た不遇の銃。
大本はイスラエルの名サブマシンガンUZIを、さらにコンパクト化したUZIピストル。
折り畳み式銃床の付いたUZIならまだしも、銃本体を切り詰めて軽くなった上に、銃床付いたら拳銃じゃないといちゃもんつける左翼マスコミの扇動で、非常にコントロールしにくい銃になっちゃたはず。
今現在となっては、おおかた、MP7に切り替わるまでのリリーフなんだろうけど。
写真の試作型は、コントロールしやすくなる程度まで薬量落とした時、どの辺まで遊底が下がるかの試験のために使ったんではと思われ。目盛りもつけてあるし。




[練習用]
9/22
23:12
のらくろ軍曹
最近、年齢に逆らうべくウエイトトレーニングなんぞ始めた、のらくろです。
今週末にエイブラムスが発送ですねー。
ちょいと前にポチしましたので届く予定です。
もちろん10式の中身を移植してフルオペ化の予定で準備万端であります。
ギアボックスの可動試験で加速の悪さにビックリしますが。。
これはこの特性をカバーする戦法を編み出さねばならないですね。接近戦も増えてきたことですし。
さて楽しみです。
[1/16 M1エイブラムス]
9/11
11:18
ヒトっさん
さてさて、レオパルド2 A6のリファイン作業もいよいよ終盤です。
砲塔上部に装飾されていた不必要な部品をビシビシ外してしまいますよ~
大半は1/48のジュリカンの半割りパーツを装甲タイルに見立てて貼り付けられたモノで、ペリスコープの視界を遮る場所へも平気で取り付けられていました。
砲塔側面の装甲付き雑具箱? みたいな物は、前持ち主さんが拘って取り付けたのでしょう、
でも、スモークディスチャージャーとの取り合わせ方がイマイチさを感じてしまい、やむを得ず取り外しました。
結局、残ったのは大型のハンドルが4個と、車体前部に取り付けられるはずの予備履帯と予備履帯ラックだけとなりました。
スモークディスチャージャーも本来の位置に戻して造形的な修正は完了としました。
その後はパーツを外して現れた未塗装の生地を周辺部分に合わせてリペイントを行ってみました。
と云う事で、いよいよ動作試験です。

タミヤ16分の1 レオパルド2 A6 10式戦車用タンクコントローラーバージョン動作試験
砲身の仰角がオリジナルコントローラーの時よりも少し減っていますが、俯角側はリンケージの調整で十二分に下がる様にしましたので、砲身スタビライザーの反応速度が早まった分、違和感を感じなくなっていますね。
と云う事で、今回はここまでです。
ご意見、ご質問等、宜しくお願い致します。
では。。
[ラジコン]
9/5
23:30
ヒトっさん
さてさて、タミヤ1/16レオパルド2A6のレストア&リファインの2回目の投稿です。
前回、足回りのサスアームの交換とトーションバーの調整をした記事をアップしましたが、実際には各転輪のフルベアリング化も行っておりました。
理由はメタル履帯に交換するので、抵抗が増えると見込んでいたためでした。
さて、今回はレオ2純正のタンクコントローラーから10式戦車用のタンクコントローラーに交換しようというのがメインです。

この画像自体は以前ヒトっさんが製作したレオ2の砲塔内部です。
砲塔後部の黒い箱がタンクコントローラーで、結構デカイです。

でもって、こちらが10式戦車です。
バッテリーの大きさに対してタンクコントローラー自体は小さ目です。

タンクコントローラーを入れ替えるとこんな感じになりました。
フラッシングユニットと砲身スタビライザーを外し、フラッシングユニットをLEDに入れ替えて各種配線をマッチングさせた状態です。
当然車体側もスピーカーボックス内にも基盤を仕込む必要がありました。
シングスピーカーからツインスピーカーに変更し、基盤を取り付ける作業を行ってありますが、写真を撮り忘れていました ( ̄▽ ̄;)
さて、この時点で動作は出来たのですが砲身仰俯のコントロールが逆になってしまっています。
この状態だと、砲身を俯角に取ったまま砲塔旋回させるとレオ2や10式の売りにしている砲身の車体干渉防止機能が上手く働かない症状が出ていました。
解決するには砲身コントロールサーボの位置を変更する必要があります。
しかし、付属のサーボは大き過ぎて干渉してしまう為マイクロサーボに変更する事にしました。

一応、これで足回りと内部のリファインは終了しました。
次回は砲塔上部に取り付けられた不要な物を取り去って、リペイントしていきたいと思います。
と云う事で今回はここまでです。
では。。

[おもちゃ]
9/3
21:17
ヒトっさん
さてさて、今回は最近手に入れた中古のレオパルド2A6 サイドスカート増加装甲です。
タイトルにもある様に、バトルシステム付きにしては5万円以下は格安で購入したと思うのですが、そこは安いなりの手直しをする羽目になりました。
先ずは足回りです、写真は手直し後の姿ですが、当初はリアが極端に下がった状態でよくよく点検するとサスペンションアームが折れかけているじゃあないですか!
原因は材質、ABS樹脂製のサスペンションアームにスプレー塗料をベタ塗りした事で溶剤が樹脂に浸食してしまったみたいです。
カスタマーサービスでパーツを取り寄せてアーム交換し、更にトーションバーの調整を行って写真のような立ち姿にしました。
それにしても、このレオ2を作った前の持ち主って普通のプラモデラーなんでしょうね。
そもそもRC戦車を組むのに接着剤を間違えているのには困りましたねぇ~
結構ポロポロとパーツが剥がれて落ちるのには閉口していまいました。
因みに今回は履帯をノーマルからケニーコン製の金属履帯に替えました。
あと、10式戦車用のタンクコントローラーに交換してみました。
っと、今回はここまでです。
近々もう少し細かな所も投稿したいと考えています。
では。。

[ラジコン]
5/7
02:06
のらくろ軍曹
最近、40歳が見えてきたせいか、腰をすえてゆっくりプラモを作れるようになってきた、のらくろです。
待望のバレンタインが出ました。タミヤフェアで発表されてから、まさかの5ヶ月待ちでした。
2月だと期待してたんですがね^ ^
4月からクロムウェルの出来損ない戦車であるセントーをフルオペ化するべく作っております。
10式の旋回ユニットの台座、T34の起動輪の部分移植、シャーマンのスピーカーユニットなど既製品を流用して作っております。
T34と全く同じ幅で、なおかつ、角ばっているので内部面積的には、それなりに余裕があり意外にも改造初心者向けなのかもしれません。
ディスプレイキットの改造はJS2以来ですが、JS2よりスンナリきています。既製品が
ぴったりくる幸運に恵まれたとゆーか。
バレンタインですが、こちらは既製品が全く普通には収まりません。
車体底、車体天板いたるところが傾斜しておりクロムウェルの真逆です。車体幅もシャーマンよりはるかに狭く、ギヤボックスも並べて収めることは出来ません。
また履帯はベルト式ではなく、1/48のような接着組み立て式で、可動履帯を用意しないと試走すらできません。
唯一、可動化に関して恵まれているのは、転輪を可動化させやすく一つの転輪が表裏の二分割にパーツ割りされていること、サスペンションユニットが固定用ピンをカットするだけでシーソー式に動くようになっていることでしょうか。
簡単に丈夫に組める一方で少し手を加えれば可動サスペンションに改造しやすくなっている設計には、見事なタミヤの仕事が垣間みえます。
いづれにせよ、ギヤボックス、旋回ユニットなど既製品のギヤのみを移植したオリジナルギヤボックス、旋回ユニットをつくらねばならないでしょう。
2pd砲も細くて、ファイバー通せないでしょうし、悩みはつきません^^;
しかしバレンタイン戦車ってことで意欲が湧き出てきます。
1台目はディスプレイで組み立てたので、2台目はフルオペ化の工作に取り掛かります。
では。
[バレンタイン戦車]
4/22
14:32
鶴亀
[画像]
戦車長を塗ります。ベースホワイトを塗り、顔を肌色で塗ります。
[画像]
顔をマスキングしてカーキ色で全体を塗ります。
[画像]
エナメル塗料で迷彩を書き込み。
[画像]
[画像]
ゴーグルも塗ります。
[画像]
4/21
19:20
鶴亀
自衛隊戦車を作りました。
[画像]
履帯はオキサイドレッドのサフェーサーを吹いてから金属色塗装するとそれらしい感じになります。
[画像]
その上に泥をなしぐりつけていきます。見えない所は省略。
[画像]
[画像]
マットジェルに鋸クソを混ぜて色を付ければ泥の完成。
[画像]
所々に銀色で金属色塗るとリアルになってきます。
[画像]
ホイールにも塗っておきます。
[画像]
足回りの泥汚れが出来ました。
16 6/28
01:04
のらくろ軍曹
最近、40歳がみえてきたせいかウォーキングとジョギングを始めた、のらくろです。
いつかはあるなぁーと思っていたラングがきましたねー。
去年出た1/35同様の後期型かと思いきや、まさかの前期型。鋼製転輪なし、マフラーは横型と昔の1/35のラングを彷彿とさせます。
徹底してパーツを共用することを考えると次は
JSU122Sかなーと。
車体下部はJS2のまんま。砲身はJSU152じゃなく122SならJS2の砲身も共用できる。
これですよ。
予想が外れてE8とか出たら嬉しいんですがね。JSU122Sとかヤクトパンサーは砲身バラさないと箱に入りませんf^_^;
ちなみにラングは70口径の長砲身が品切れになると時期にかかわらず48口径が装備されたそうです。
タンクバトル的には短い48口径のほうがいいですねー。
あと、姿勢が低いことで赤外線発光の位置が低いはずです。1/35を参考に計算すると、11センチくらいになるようで、タミヤフェアで設置されている、高さ9センチの青い間仕切りを赤外線がスレスレに越えるという危うさもあります。
0距離の場合、ギガント、場合によっては、シャーマン、ブルムベアなど車高の高い戦車にヒットを与えることができないこともありえます。
さて。吉と出るか、凶とでるか。。。10式もナカナカ低かったですがね。。
私的には、JS2のゴツゴツ鋳造装甲がまたマイブームきてます。
ま、4号戦車が一番似合うらしいんですが。
次のミーティングはラング発売前の8月ですかね?
[ラングにみる次の発売予想]
16 3/18
22:39
goo_goo43
先週、天橋立にキヨブタでカニ食い旅行に行ってきました。
普通の人ならここで料理や旅館の写真をアップするのでしょうが・・・。
あえてソレはいっさい無し!
(もちろんカニはウマかったですョ)
帰りに寄った舞鶴の自衛隊桟橋の記事でございます。
残念ながら艦内見学はなかったものの初めて護衛艦を間近で見ました。
この日居たのはイージス艦の「あたご」「みょうこう」
一見イージス艦の「ふゆづき」
まるで空母な「ひゅうが」など

いや~大きなモンですね。
でも一番びっくりしたのはメッチャきれいなこと。
まるでペンキ塗りたての新造艦みたいでした。
これなら模型にしてもウェザリングの必要はまったく無いですネ。
にしても「あたご」「みょうこう」「ひゅうが」とな。
昨年は「かが」も就役したし、
そのうち「やまと」「むさし」も登場するんでしょうかネ。
なかよし?夫婦を娘に撮ってもらいました。

[その他趣味]
16 1/10
09:05
みずよん
すっかりご無沙汰。

夏の終わりから年末にかけて丸4か月、ゼネラルプロダクツ製ペーパークラフト「東宝自衛隊 メーザー殺獣光線車」を作っていました。
購入したのはなんと30年前、本棚でじっくり熟成していました。ふとしたきっかけで作り始めたのですが、完成に合わせてTwitterに投げていた製作状況をTogetterで纏めてみました。
「完成品は日本に10台」「製作不可能」「死屍累々」などと言われていましたが、いや~、やればできるもんなんですね~(^^)

ペパクラ1/48メーザー車を製作


というわけで、若干手抜きの今年最初の更新となりましたが、本年もよろしくです。

[模型]
15 11/19
23:22
のらくろ軍曹
最近、チャラ男からチャラおやじになったせいか、子供を深夜に連れまわす親にムカっとくる、のらくろ軍曹です。
去年、ディスプレーキットを購入し、ゆっくり作って中身待てばいいじゃん^o^
くらいに考え、中身が届いたのが、10月で、完熟訓練で出た解答とゆーか感想は
ビュードドドドと急発進したときに反応が遅い。→ヤベー!!撃たれる!戦車後進!!のときに超不利。
4分割されてる転輪が割れまくる。→ABS接着剤でつけるんだよーん、と教えてもらい、やってみたところ、おーいい感じだなーありがたや、ありがたや。と一件落着かと思いきや、猛訓練のあと、出撃前検査で、3つ危ういのが発見。
オプションでゴムつき欲しいですね。履帯には、二つ小さな穴が空いていて、なにかゴム付き履帯の発売が匂いますが‥。
あと、音はいいです。今回はちょっとボリューム控えめな機能となっていて、爆音とはいかないですが、サイレンが鳴ったり、発電エンジンだけモードなど、コリに凝っております。←ただし、バトルには使えない。車体は動かず、砲塔だけ動くんです。
そして、砲塔の後ろの籠がデカイ。砲塔を横にして走るのに邪魔でしょうがない。
ただし、墨入れしてきづいたのですが、いたるところに、溶接のモールドがちゃんとしてあって、プラモデルとしての完成度はかなりのものです。
最初は、厄介モノ扱いしていたんですが、自衛隊の戦車とあっては邪険にもできず、ちょっと腰を据えてモノにしようと、操縦方法を変更して、1/35の操縦法にしたり、戦術を見直したり、泥沼化しております。
ではでは。
10式迷走日記]
15 10/11
19:20
なでぃりん
タミヤのイージーエイトのレビューを書いた時に、「CFM製砲塔は国内に現存してない模様」などとろくに調べもせずに書いたら大間違いだったという顛末…w


今日の昼間にリツイートされてきたこのツイートに写っている個体がどうもCFM製砲塔を載せているように見えたのが発端。


「え、玖珠の駐屯地にイージーエイトが残ってるの? 全然知らなかった…」というわけでググってみたら、こちらのブログが引っかかりました↓
玖珠駐屯地に展示される陸上自衛隊M4シャーマン戦車
これはどう見てもCFM製砲塔、しかも同軸機銃がM2機銃っぽくなってるところも興味深い。もしや現役当時もこんな改造を施して運用されていたのでは?と想像するのもまた楽しい。
しかもこの個体、よく見るとスプロケットも初期によく見られた肉抜きのあるタイプで、イージーエイトとしてはかなり珍しい仕様になってる。HVSSの取り付け基部を見てみたい気がする、場合によってはM4A3(76)wからの改造だったりするかもしれないし。タミヤとタスカ(ASUKA)のイージーエイトが全く同じ仕様になったのは、同じ個体を取材したせいだと思われけど、多分それは富士学校に保存されてる車体だと思うのね。で、他の施設にも現存するのではないかと思っていたところにブリキヲさんのこんなツイートが流れてきました。


これを頼りにググッて見た画像検索の結果がこちら
玖珠シャーマン
富士学校 シャーマン
土浦 シャーマン
防衛大学 シャーマン
こうして比較してみるとASF製砲塔が2個体、CFM製砲塔が2個体とちょうど半々になってるのね。で、どうもタミヤとタスカ(ASUKA)が取材したのは「地元静岡、富士学校に現存する個体」だった模様。そりゃ仕様が全く同じになるのは当然だよねw でも、なにも九州は大分の玖珠まで飛ばなくてもお隣の神奈川県の防衛大学にCFM製砲塔を載せた個体が現存してるんだから、タミヤにはこっちを取材して模型化して欲しかったなーと「事実を知った」後知恵で思うなどw
今後自衛隊仕様なども模型化される可能性ががあるが、その時にCFM製砲塔を新規金型で起こしてもらえるようにするには、まずは今回のイージーエイトがバカ売れせねばならないと思うので、これはお布施するしか無いよね?w
[シャーマン戦車]
15 9/22
23:59
のらくろ軍曹
10式の余韻も醒めぬまま、操縦基板も届かぬまま、タミヤフェアの季節が近ずいてまいりましたm(_ _)m
そろそろ、1/16の新作がチラッと漏れてもいい頃ですが‥。
本命がシャーマンE8
大穴でスターリン3
空前の大穴で、マーク4かな、と。
[フルオペ次回作予想。]
15 8/31
08:51
謎だ!Ohara
あいにくの空模様でしたが、無事開催
ここ数年は、水ものオフの使い回しで
クラウンの伊勢 大和 新作なのはニチモ30cmの武蔵
成績は、S-1速い方3位 フルハル遅い方3位だったかな?

ヒロさんの3回目くらいの改装後

スプリンガータグが今年の流行?

Morizouさんのスケール感たっぷりのボート群

ワンフェスで見た 97式戦車も水上走行?!

ではまた来年お会いしましょう!
15 5/31
07:34
謎だ!Ohara
約半年ぶり?のRCタンクオーナーズミーティング
タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店
2階 モデラーズスクエア
http://www.tamiya-plamodelfactory.co.jp/shimbashi/
今回は、最新の10式が、何台集まる?!

90や74も

25分の一 デラックス戦車シリーズとか なんか短いのとか・・


10式VS10式で 転落事故が!!!
次回は30回記念です!
14 7/26
09:53
ヒロ。
タミヤ 1/35 Mk.Ⅳ シングル・モーターライズドモデルです♪

これをフルオペ化します!
ドナー?はフルオペ・シャーマン・・・

ギヤボックスは
アナ1個開けるだけで
ピッタリ!!

転輪を組んで

メカを移植
電池ボックスだけ、10式用だったりします!
でもって
走りは

こんなかんぢ( ̄▽ ̄)b
[その他趣味]
13 12/25
23:40
のらくろ軍曹
最近、チャラオヤジになったせいか、映画、永遠のゼロを永遠のエロとか言っちゃった、軍曹です(^^;;
いゃあぁー寒いですね(~_~;)
また塩麹鍋が恋しくなります(((o(*゚▽゚*
10式はとりあえず速いけど、土手登らない、砲塔デカすぎて狭い場所が苦手ってわかったんで、またシャーマンでも作りこもうかと^^;
短砲身の105ミリ砲が4ミリの透明丸棒が入るのがわかったんで、それを始めました。
ボールペンのバネでサスペンション動かしたりと、今回こだわってます(*^^*)
1/16のシャーマンもいいなぁ(((o(*゚▽゚*
トカ。
妄想しております(((o(*゚▽゚*)o)))
永遠のゼロを公開日に見に行きましたが^^;
うーん
うーん
泣けなかったッス^^;
ゼロ戦は無茶苦茶カッコ良かったですが(((o(*゚▽゚*)o)))
来月は1/32のゼロ戦作ってみようかなぁ( ^ω^ )
とか
さて、来年は何が出るやら(^.^)
ではm(__)m
[永遠のエロ]
13 11/23
09:58
ヒロ。
タミヤ1/35フルオペ 10式 です♪

早速組み立てますが
意外と中が小さい!

そのため
ギアボックスはシャーシー組み込みになっています!!

コレ組むの
結構大変でした!?
で、
とりあえず
動くところまで組んで

走行テスト♪

今までとは
段違いの動きです!!
せっかくなので
スピードを、完成品のパンターと比較

速い!
速いぞ!!
かなりイイかんぢです!!!
・・・・( ̄▽ ̄)♪
[その他趣味]
13 7/31
23:40
くじさん
じゃあさんと師匠のRCタンクや、JUNKEIさんのおかげで見ることのできた例のビデオで、すっかり自衛隊車両の虜になっている私!
コンビニで見つけ、ついつい買ってしまいました!
UCCの缶コーヒーについていたおまけ! 残っていたのはこの2両。モールドもしっかりしていて超かっけええ!
でも、よく見ると61式の特徴的なマズルブレーキがタテに!
made in 〇〇・・・。
わざとか! わざとなのか!?・・・(笑)
[衝動買い♪]
09 2/15
21:17
かのー
冬の間に作りました、F-15Jイーグルです。
ハセガワの古いキットですが、最近空対空ミサイルのパーツがついて再販されてます。これはデカールも美しくてよいです。アイリスカバー無しのエンジンノズルのパーツもついてたらもっと良いのですが・・・。その部分は以前買ったもののエンジンノズルを流用してます。
こちらにも画像を載せてます。よろしかったらどうぞ。
[模型]

(該当記事21件)


 [ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード