[ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード
旧twinstars参加者のブログや模型関連ブログの最新記事です。
現在は20分間隔で自動巡回していますが、負荷調整のため不定期に巡回を停止することがあります。

ツイッター配布

【新】→スマホ版(α版)はこちら
キーワード: 水ものオフ 水オフ もの  モノ ひょうたん池 三茶 S-1 動く模型愛好会 を含む
 テーマ検索


~ コミュニケーション ~

~ 模型通販ショップ ~
 おしらせ
 検索&セッティング
キーワード: (空欄で全記事表示)
  を含み
  を除く
 
(設定は表示結果をブックマーク)
表示方法:
 すべて展開表示
 題名だけ表示
   まで展開表示

表示記事数:  まで

初期メニューパターン:
 [おしらせ]だけ開く
 [テーマ]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[テーマ]を開く
 全部開く 全部閉じる

 ターゲットブログリスト

~ ソーシャルリンク ~

時系列順ブログ記事(対象記事数:658)
6/23
18:21
アラーキー

大河原邦男さん。
言わずと知れたメカデザイナーの巨匠。
なんと現在69歳!

彼が居なかったら今頃の日本のアニメ界のあり方が変わっていたかもしれません。
代表作ガンダムでは独特のタッチのイラストも多数発表していて、イラストレーターとしても人気がありますね。この独特とコントラストの効いた、陰影、むっちりしたプロポーションの絵!最高~~~。

ゴワッパー5、サンボット3、ダイターン3、ガンダム、ボトムズ、ダグラム、レイズナー‥‥あげればキリがないほどのロボットが主人公のアニメ作品は、皆彼の手によるアウトプット。
どれもが未だに色あせないデザインばかりです。
デザインといえば‥‥、
私も3年前までは、家電メーカーのプロダクトデザインを担当していたデザイナーでした。
流石に家電製品の寿命は短く、市場に出ると約1年ほどでモデルチェンジしてしまいます。家庭に入ったデザインでも10年も使われて買い替えられる運命に。
大河原さんのように、いつまでも皆に愛される様なデザインを残すことができなかったのが心の残りなのですが‥‥
実は、私と大河原邦男さんには接点があるのです!
私が勤めていた会社で23年勤めており、その期間には家電製品(掃除機、冷蔵庫、洗濯機、食器洗器、ウォータークーラー)、AV機器(TV、ビデオ、DVDプレーヤー)、PC(ノートパソコン)、などなど様々なデザインを担当しておりました。
洗濯機のデザインを担当していた2007年に、東芝が、ヤッターマンとタイアップを行なった、とても力の入れたキャンペーンを展開していたのです。
「ヤッターマン×トウシバ」

10年前の話ですので、今はすでにサイトは閉じてしまいましたが、完成度の高い、オリジナルのアニメなどを作っており、家電量販店でも映像が流れておりました。
とてもとても気合いの入ったサイトでした。
↓なんとアッキーナ(南明菜さん)ともコラボしていたCM動画がYouTubeにUPされていました。
なつかしい~

当時社員としてこのキャンペーンは知ってはいましたが、営業部門が独自に行なっていた為に、私が在籍していたデザインセンターは特に関与しておりませんでした。
ある日、サイトを見てビックリ!
なななななんと!!!
私がデザインしたヒートポンプ式ドラム洗をモチーフにしてあの大河原邦男先生によるヤッターマンのビックリドッキリメカがデザインされていたんです!!!!!

大河原タッチで、いかにも!という絵!
おおおおおぉおおおおお!!これは、いわゆる、大河原邦男氏が手がけた数々のメカデザインの1つとしてカウントされるということですよね!(かなり広い意味で)
こちらは私がデザインしたオリジナルの洗濯機。ヒートポンプ式のドラム式洗濯機。当時のCMキャラクターが阿部寛さんと天海祐希さんという贅沢な夫婦。

まぁ完全なオリジナルのデザインという訳ではありませんが、勝手に「情景師アラーキーコラボ」と思っています。
この時にはもう人生的に「上がり」だと思いました。
なんでこの時の大河原邦男さんとの打ち合せに、ドラム洗担当デザイナーの僕を呼んでくれなかったのかなぁ。。。

さて、本題のヤッターマンですがフラッシュアニメで、まるで本編なみに見応えのあるストーリーにまとめられていました。
10話まで展開されており、様々な家電を紹介しながらストーリーに上手く盛り込んだ内容になっていました。数々の大河原デザインのビックリドッキリメカ家電のなかでもドラム洗は擬人化し易くデザイン的にも完成されているかもしれません。

第10話「ヒートポンプで洗うんだコロン」
その当時に、アニメ映像をチマチマとスクリーンショットを撮っておりましたので簡単ながらストーリーを紹介いたします。

ご存知3悪人。  右からボヤッキー、ドロンジョ、トンズラー。
もちろん
ボヤッキーの名台詞「全国の女子高生の皆様~♫」もあり!

各回のストーリーは、募集したオリジナルデザインのコンペにより、ドロンジョのメカを選出するという凝った台本!
たしか、小学生の女の子の考えたメカでした。
(あれから10年、彼女は何をしているのやら、これが切っ掛けでアニメ業界のデザインとかやっていたらいいなぁ)

そのいかにも子供が書いたイラストから、結構マトモなメカにまとまりました。名称「フラワーゴー」。

さて、この「フラワーゴウ」の花粉攻撃でヤッターペリカン がエンジントラブルが起きて墜落!
もちろん、操縦者の主役の2人、ガンちゃん(ヤッターマン1号)とアイちゃん(ヤッターマン2号)も花粉まみれで、戦意喪失。。。

そして、やってきました今週のビックリドッキリメカ!!


          
合体だ!!

小さい奴らが合体して大きなヒートポンプドラムメカ2体が誕生!!
隊長はちょっとヒゲが生えていたり。

扉を開けると、その内側にも顔がある、ツーフェイスデザイン!(笑)

ガンちゃん&アイちゃんのコスチュームを瞬時に洗って、おまけにヤッタ-ペリカンも綺麗になって反撃!

これまたお約束の最期の爆発。

最期の勝利のポーズ

最期もお約束の3連自転車での逃走。
毎回思うのですが、あれだけの爆発を起こしておきながら、この逃走用自転車は無傷。ドロンジョ一家の危機管理能力の高さと、この自転車の耐久性を改めて評価したいです!

メーカーのサイトが閉じれば、この映像も、事実も解らずじまい。あの時に一生懸命スクリーンショットを撮っておいてよかった。。。
大変貴重な大河原デザインのお話でした。
こんなチャンスに恵まれるプロダクトデザイナーはめったにいない(いや、おそらく他には居ない)と思いますので、このヒートポンプドラムロボを立体化したいと企んでいます。
ちなみに、この記事を書く為に、サイトで下調べをしたのですが、なんと当時、各家電メカのペーパークラフトのダウンロードサービスまで行なっていたようです。欲しかった~~~!!!(この画像データしか見つかりませんでした)

          
<定期PR>
※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在5刷突入で好評発売中です!


                 
※私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」好評発売中!
おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました。現在6刷突入です。


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴのフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適な鞄が着いていてお得なんですよ♫

                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
[大河原ファミリー]
6/16
08:10
アラーキー

NHKの国際放送、NHK World "DESIGN TALKS plus "にて取材を受け、6月15日に放映がありました。

取材は今年のGW明けの5月18日。
動画を見て自分の顔をみてびっくり!顔が真っ黒なのは(GW中に行ったツーリング+ベランダのペンキ塗り替えの為)ちょっと新鮮。

おおよそ、マジメに仕事をしていないように見える、楽しげな私の作業場。
これが日本のジオラマ作家!!と世界配信されてしまう事に、私は責任が取れません。


世界が誇る名車「トヨタ2000GT」に錆塗装を施す。
奇妙な作家。



こちらのサイトで、1週間ほどは動画で見る事が出来ます。
国際報道なので前編英語です。
本編の大半は、デザイナーの相羽高徳さんの特集です!
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/designtalksplus/20170615/

<定期PR>
※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在5刷突入で好評発売中です!


                 
※私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」好評発売中!
おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました。現在6刷突入です。


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴのフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適な鞄が着いていてお得なんですよ♫

                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
[TV出演]
6/13
09:23
アラーキー
2017年6月7日、私が住む東京では梅雨入りしました。
この時期になりますと、モデラーにとっては、塗装が出来ない(湿気により影響があるため)、塗装が乾きにくいなどの影響があったりしますが‥‥実は雨の日は、家に籠る理由が出来るので、製作時間がタップリ獲得されて意外と最適な季節なのかもしれません。この時期ならではの「湿気があるけど高温」のジメジメは嫌ですが、今年の梅雨入りは比較的肌寒い気候がさらにいい感じです♫
さて、この梅雨時期に「よく似合うアイテム」をプライベート製作しましたので、ご紹介をさせていただきます。

なんだかリアルなカッパの写真。
これは一体なんでしょう?
実はカッパのプラモデル!

パーツ数もそれほど多くはなく、パーツ配置もいい感じです。
プラモデル愛好者は、このランナーを見つめてパーツの彫刻の感じや、パーツの分割具合をチェクしながら、どうやって作ろうかを妄想するのが最初の一歩。嗜好の一時です♫
この手練感があるプラモデルの販売先は何処かしら??
古くからのプラモファンならは、かつて日東というメーカーが「妖怪シリーズ」というプラモデルを展開していたのを思い出すでしょう。

箱絵がまるで浮世絵の写真集のよう!これがプラモデルの箱なんですよ!
スピード感あふれる車、アニメの主役ロボ、勇ましい戦艦や戦闘機、戦車などの兵器のプラモデルに混じって、このような「日本の独自文化」を再現したプラモデルはいいですね。
で、本題にもどり、そのカッパのプラモデルは、な、な、な、なんと、とある観光協会が販売しているのですよ!!!
販売先の「福崎町」は兵庫にある、民族学で有名な国木田独歩の出身地。ここでは街をPRする為に、数年前から町の伝説であるカッパ、妖怪にフォーカスした町づくりをしており、妖怪の造型コンテストなども開催して、話題を呼んでおります。
http://www.fukusaki-tabigaku.jp/kankou/kappa.html

その勢いで、なんと町のマスコットキャラクターになっているカッパのカジロウをプラモデルとして販売してしまったのです。
こんな「歴史的快挙のプラモデル」を手に入れない訳にはいかず、リサーチ目的で買ってみたのですが、最近プライベートで模型を作ることがめっきり減ってしまったので、部品数も手頃なのでさくっと作ってしまおうと考えて着手。
まずは福崎町に存在する、原寸大のガジロウをリサーチ。

・・・こ、恐すぎる。。。
ここは、プラモデルの利点「自由に作る!」を優先して、結構べたなイメージである緑色のタイプで仕上げようかと。
Googleの画像検索にて「カッパ」で調べると、カワイイ河童のイラストか、なんだか恐いグロテスクなリアルな河童の造型しか出て来なくて、ちょうどイメージにあっていたのはこのフリー素材のイラスト集に掲載されていたこちら。

ウミガメ + カエル のこのコンセプトで仕上げたい!
ガジロウプラモデルの特徴は、素材が家電製品などで使われるプラスチック素材『ABS』が使用されているんですが、そこはちょっと謎。粘りがあって傷が付きにくい素材なのですが、プラモデルに使うには高スペック過ぎるし、プラモデル用の接着剤は使えないんですよね。
ABS用の専用接着剤をおもちの方はそれを使えばいいですが、ちょっとパーツに隙間が出来る傾向にありますので、ゼリータイプの接着剤を使用することをお勧めします。
本体を製作して、隙間を埋めて、サーフェーイサーで下地を整えた後に、濃淡の2種類の塗料で、エアブラシによるグラデーション塗装を施しました。
筆で、ウミガメのような編み目を追加。

生物塗装の決め手は、やはり「目」!
今回は伝説の妖怪なので、爬虫類系の目に、白目があって視線が解るようなデザインで筆で描きました。

サクッと製作すると思いながらも、やはり改造してしまうのは、私の性格。
キットのカジロウは「尻こだま」という2つの玉を持っており、河童が川遊びをしている子供のお尻の穴からこれを引き抜いて、相手を惚けさせるという言い伝えに基づいたもの。いわば臓器(実在はしません)の一部という想定なんですよね。
臓器‥‥個人的に、ちょっと気持悪く思ってしまったので、川魚に変更!(エポキシパテ製)。手に持たせて、今から噛み付く寸前というシーンに仕立てる為に、口を大きく開くように改造しております。結果として、口の中がよく見えて、生物らしい造型に深みが出ました。ちなみに、ベロはキットそのままの成形色を活かして、クリアーレッドを溶剤で薄めた塗料を墨流しして、クリアー塗料をタップリ塗って仕上げています。いい感じのベロ具合が演出出来ました。
で、いきなりですが完成したのがこちら!

髪の毛は、キットのパーツを使用せずに、もっとリアルに見せる為に植毛したいと考えて素材探し。困った時にはやはり100円ショップダイソー!
最初は毛足の長い筆を使おうと思ったのですが、さらさらヘヤーは似合わない。イメージは水面に漂う「藻」のような感じ。
ちょっと巡って、ちょうどいい素材として羊毛フェルト発見!

これをゼリータイプの接着剤で部分的に接着。川から上がって髪の毛が湿った感じを出す為に、木工用ボンドで身体にそうように接着。仕上げにクリアー塗料を筆塗りしています。

真正面から見ると、ちょっと面白い顔。口が大きいですね。

久しぶりの生物造型。十分に楽しめました。
これにて完成ですが、やはり最終的にはジオラマにしたい所。
とりあえず、手持ちのジオラマ「西瓜の夏」にてシミュレーション撮影!

いい感じ♫
山奥の渓流沿いのシーンが似合いそうです。
さて、こちらのカジロウのプラモデルは、メーカーの様に常に在庫を抱えているような生産体制はとっていないはずです。ご興味がある方はお早めに!
<

私としてはちょっと珍しい生物表現の息抜き製作でした。
<定期PR>
※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!

                 
※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました

                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!

                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
[【作品.48】カッパのガジロウ]
6/4
16:10
ヒトっさん
さてさて、6月に入って暑くなって来ましたね~。
で、夏のラジコンといえば水モノ
ただ水上を走る船舶模型と云うのもナンなので、ここでは潜水艦を扱ってみたいと思います。
ヒトっさんにとっては、船舶模型も小学生の頃から結構作っては池で浮かべて走らせて遊んでいたカテゴリーでして、特にニチモの30センチ戦艦シリーズは相当数作っては沈没させています。
潜水艦はというと、同じくニチモのU ⅨbやU Ⅸc、イ号などを作って走らせた(当時は潜航させる技術がありませんでした)事があります。
 ん?
昔話はいいから本題に入れ?
了解です!
では、
Revell 1/72 U-Boot Ⅸcウルフパック ガス制御型WTC式RC潜水艦です。
中はこんな感じです。
透明のパイプに白い隔壁で仕切られた部分にバラスト、バッテリー、RCメカ、モーター、ガスタンク等が全てパッケージングされています。
中央の赤く見える部分がガスタンクと制御バルブになっていて、ガスガン用の代替フロンガスを注入して使用します。
コレ、ヒトっさんが製作したモノ?
イエイエ(^_^;)
これは、出来合いのモノを購入したモノですぅ
モデルショップ キャプテンさんで製作して頂いたモデルでして、今後の教材として手に入れました。
それでは早速、動作チェックです。

レベル U ?cガス制御型RC潜水艦
取り敢えずの動作確認なのでお風呂でのテストとなりました。
無事に全てのギミックが作動し、且、トラブルも起こさなかったので安心しました。
という事で今回はここまでです。
では。。
[ラジコン]
5/24
21:03
アラーキー


機動隊の鎮圧専用パワードスーツ。通称「パトーネン」
横山宏さんのデザインしたパワードスーツが活躍する架空の戦争を描いた「マシーネンクリーガー」。様々なメーカーからプラモデルやフィギュアが発売されるなか、海洋堂が出した「35ガチャーネン」というカプセルプラモは、パーツ数もすくなく、気楽に作れる良い商品!
この写真はそれを応用したビネット作品です。
パトカーをイメージしたカラーリングに、パトライトが装着された姿は、アニメ「パトレイバー」を思わせます。
実は、「警視庁」のデカール、警察の金メッキの桜の大紋は、バンダイの1/48 scaleのプラモデルのそれを利用。パトライトは、メーカー名不明のチョロQ風のパトカープルバックミニカーから拝借したパーツ。中に気泡が入っており、実際のパトランプの反射板のような雰囲気です。
現在の警察でのパトカーは、常に整備されてピカピカの状態ですがこちらのパワードスーツは、わざわざこのスーツを装着しなけばならない状況とは?と考えて、おそらく暴動鎮圧や、立てこもり事件などの使用を想定。やはりぶつかり合いなどの状況があるだろうと妄想して、擦り傷などを追加しております。基本は光沢塗装で、傷とのギャップを演出しています。
右手に装着されたのは、実際のマシーネンではレーザー兵器に成っておりますが、パトーネンでは「赤棒」♬
まぁ赤棒だけでこの腕の太さはないだろう…おそらく内部には「ナンブ」の拳銃が仕込まれているのかもしれません。
フィギュア情報雑誌「フィギュア王」のオマケとして、このプラモデルが付属したNo.232号にこの作例が掲載されています。この35ガチャーネンを使った他の著名モデラーや海洋堂社員の作品も掲載されております。
普段、1000円で売られている雑誌に、カプセルベンダーでは500円で売られているマシーネンのプラモデルが付いてなんと1296円!お得~♬
まるっこいデザインのこのマシーネンの特徴を応用して、「ダルマ」のシールが付属した「ダルーマン」という特別仕様になっております。ここでしか手に入らない特別仕様です。
最初はこの成形色を活かして、赤い機体の「消防タイプ」を想定して作り出したのですが、パトライトのマッチングが気に入ってしまい、機体色が赤、そしてパトライトが赤では馴染んでしまうと思い、後からパトカータイプに変更。パトーネンの誕生というわけです。
今回のフィギュア王の特集は「プラモデル」!
連載記事を持っている海洋堂の宮脇社長、通称「センム」さんの超貴重なコレクションの特集。プラモデルって本当に面白いと改めて認識できる記事になっています。


さて、このパトーネンの写真を見て、おや?と思った方。

最近の記事で「一般的なアスファルト道路の作り方」を紹介しておりましたが、このパトーネンの為のベースでした♬
↓制作記事
http://arakichi.blog.fc2.com/blog-entry-221.html
そういえば、久しぶりの雑誌の作例ですね。
実は、このキットは…
GW直前に海洋堂センムさんから全国の著名モデラーに極秘裏(笑)に発送されたもの。
「是非、作例に協力して、35ガチャーネンを盛り上げましょう!」
というやんわりと御願いされながらの”超圧力”に震え上がり、GWの時間をその作業に献上したのでした(笑)
いえ、もちろんお代はいただきません(By喪黒福造)
<定期PR>
※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!

                 
※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました

                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!

                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
[【作品.47】パトーネン出動!]
5/17
16:42
アラーキー
趣味を極めた人にフォーカスしたサイト『Funmee!!』の取材を受けました。ここに紹介されてる方は、みな人生を楽しんでいる人ばかり。
ほとんどがアウトドアでの趣味を満喫している方。人生にも、生活にも余裕があるという雰囲気(笑
こんな中に、果たして私が適任だったのか、今更ながらビビってみたり。。。
掲載された写真は、お気に入りのカマタくんクッションを抱えてめっちゃ笑顔(笑)
実はジオラマの話での笑顔ではなく、ライターの方へ「このクッションおすすめですよ!」という話だったのはここだけの話です。
『ジオラマは僕の生き様!』
リアルすぎるジオラマで世界が注目する情景師アラーキー
↓(前編)
https://funmee.jp/articles/3a26b06b3c40433b867392bfa39e86393b16542e

↓(後編)
https://funmee.jp/articles/5f1d9efdbf5e2a134ae93536ad0c11679d3a8669
5月はこの取材以外に、NHKさんの取材、そして他のネットメディアからの取材、取材が集中している月。
訪れてくれる取材の方は、みな、私の家にあるジオラマ、オモチャ、ガーデニング・・・などなど、脱線した話で盛り上がってしまい目的が失われることが多いです(笑)
取材という名目の元、「遊びに来たい!」というメディアの方は気楽にお声掛けくださいませ♬
←取材の申し込みは,PCモードでご覧いただいた際にこちらにメールフォームがありますので、そこからお問い合わせくださいませ。
<定期PR>
※2016年8月に発売されたジオラマHow to写真集「作る!超リアルなジオラマ」はおかげさまでとても評判もよく半年経過し、先日4刷突入しました!

                 
※私の初の作品集「凄い!ジオラマ」好評発売中!おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました

                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!

                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
[雑誌等掲載]
5/4
23:47
マイロン
ようやく、1/200ニチモUボートのRC化竣工しました。
といっても浴槽テストでモーター焼けたり、サーボ溶けたり、アンプ代わりサーボ基盤焦がしたり。
テストのたびに不具合発生で、もう止めようかと思ってたりしましたが。w
なんとか140g少しで収まりそうです。
舷側手すりはこれからです。
受信機は40Mhzの5ch。電源はCR123Aの直列6V、アンプはGWSのS35ローテーションサーボ基板を使用。
モーターは千石電子のマイクロモーターを2軸並列で各々ギア駆動。
舵サーボはTS-1002に変更しましたが、潜舵は3.7vの不明ヘリから流用したので焼けるかも。
焼けたらばらせないんだよね。爆
舵周りはこんなことに。w
舵は金剛型のようにハの字にすることでホーンの寸法を稼いだ。
潜舵は中央のシャフトに直結。前の潜舵と連動。
ただし、浮力が結構あるので潜れる気がしない。
潜ったとしても、甲板に防水してないんだけどな。爆

[練習用]
2/19
21:00
Mr.KATO
バンダイ 「機動戦士ガンダムUC」HG 1/144 AMS-129 ギラ・ズール(アンジェロ・ザウバー専用機)標準小売価格 ¥2,200(消費税別) 説明書通りのストレート組上げです。
[プラモデル]
16 7/18
11:28
みずよん
タミヤの工作シリーズ「はずみ車動力ユニット」。

昨年出た「はずみ車動力車工作セット」の動力部分単体売りです。
1月に発売されてすぐ買いました。前回6WDを作ってみたので、この時はサクッと4WDをワイルドミニ四駆ふうに作成。
 
手回しハンドルでチャージするのでスピードも航続距離も6WDよりUP。


ただイベントでジオラマコースを完走できなかったので、もうちょっと何とかしたいな~と思いつつ放置されておりました。

★☆動く模型愛好会のイベントでのジオラマコース
その後(静岡ホビーショーに行ったついでに寄ったタミヤ本社で)もう一個購入し、「今度は船に乗せてみるかな」と試してみたのが今回のお題。
ふ~、前置きが長いよ(^^;
船体は手持ちの中から大昔に買ったアオシマのボートプラモを再利用。R/C化されて「栄光丸」として本家HPこのブログにも時々出ていたアレです。最近はメカをとられてドンガラになっていたので引っ張り出してきました(最後のご奉公?)。



仕様としては、「はずみ車動力ユニット」の出力軸に取り付けた36Tクラウンギヤと、スクリュー軸の8Tピニオンギヤを組み合わせてペラを回しています(手持ちで一番大きかった「パイプスクリューL」を使用)。ユニット自体もチャージ用のホイールを取り外して抵抗を減らしました。
問題はギヤで4.5倍速しても回転数があまり上がらないこと。トルクはけっこうあるんですけどね。
ユニットを搭載できたところで早速お風呂テスト。「ま、スクリューも大きいしそこそこ走るだろう」の予想に反して遅~い。やはり回転数の低さが影響している模様。ただこれ以上大きいと船底に当たるしなー、、、。
下の動画はAMMのミーティング時にプールで試した時のもの。ハンドルを思い切りぶん回して「ナントカ」といった走り。すぐに回転がマイルドな範囲に落ちてしまうのも問題。
キャラクター頼みでジバニャン船長に乗ってもらいましたが、重くなった分余計にスピードダウン。ダメだこりゃ(^^;
そんなわけで今回の船は進水即引退です。「ゴム動力用」などのもっと大きなプロペラと軽い船体に変更して再挑戦ですね。夏の間に完成するのかしらん(^^;

[工作]
16 5/17
20:06
みずよん

1/600のアリイ版武蔵です。
昨年、水ものオフが大和級祭りだというので「たまにはスケールモデルを作ろうかなぁ」と買い込んだものの方針が定まらず、一時は放置状態に。
購入から1年近く経ってようやくラジコンとして仕上げることができました。
ラジコンで走るだけなら特に珍しくないので、リンクを駆使して舵と砲塔が連動して旋回するようにしております。
詳細は相変わらず手抜きですが、Twitterのまとめをご覧ください(^^;

アリイの1/600武蔵をラジコンに。2chだけど砲塔も旋回



ひとつよろしく。

追記:6月19日にプールで撮影した動画です。ちょっと見にはプラモの戦艦が走っているだけですが、砲塔が動いているのも確認してね(^^)

[模型]
15 8/31
08:51
謎だ!Ohara
あいにくの空模様でしたが、無事開催
ここ数年は、水ものオフの使い回しで
クラウンの伊勢 大和 新作なのはニチモ30cmの武蔵
成績は、S-1速い方3位 フルハル遅い方3位だったかな?

ヒロさんの3回目くらいの改装後

スプリンガータグが今年の流行?

Morizouさんのスケール感たっぷりのボート群

ワンフェスで見た 97式戦車も水上走行?!

ではまた来年お会いしましょう!
15 7/19
08:57
謎だ!Ohara
今回は、会場が変わって お寺の境内?
長岡秀星氏 追悼展示

素晴らしい S-1専用コース!

俺銀河コンテスト

連合艦隊!

水中ニーソ?(謎)

おやぢ博士にジャンケンで勝って!

ではまた来年お会いしましょう。

(該当記事12件)


 [ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード