[ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード
旧twinstars参加者のブログや模型関連ブログの最新記事です。
現在は20分間隔で自動巡回していますが、負荷調整のため不定期に巡回を停止することがあります。

ツイッター配布

【新】→スマホ版(α版)はこちら
キーワード: 水ものオフ 水オフ もの  モノ ひょうたん池 三茶 S-1 動く模型愛好会 を含む
 テーマ検索


~ コミュニケーション ~

~ 模型通販ショップ ~
 おしらせ
 検索&セッティング
キーワード: (空欄で全記事表示)
  を含み
  を除く
 
(設定は表示結果をブックマーク)
表示方法:
 すべて展開表示
 題名だけ表示
   まで展開表示

表示記事数:  まで

初期メニューパターン:
 [おしらせ]だけ開く
 [テーマ]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[テーマ]を開く
 全部開く 全部閉じる

 ターゲットブログリスト

~ ソーシャルリンク ~

時系列順ブログ記事(対象記事数:597)
4/5
19:57
アラーキー


いよいよ4月10日に発売になる新刊『駄菓子屋の[超リアル]ジオラマ』の発売記念として、その前日の4月9日に、東京・荻窪のブックカフェ「6次元」さんで、この本のプロデューサーである石黒謙吾さんと発売記念トークショーを開催いたします。
元、有名なジャズ喫茶だった6次元さんは、「本当にここでいいの??」と不安になるような店の入り口で、隠れ家感満載の場所!
その店の雰囲気を楽しむだけでも、その価値はあります!


JR中央線の荻窪駅・西口改札を右に出て、階段を下り、商店街を左に。
ラーメン屋「菊池」さんのすぐ横の小さな、小さな階段を、勇気を出して(笑)登ると・・・
まるで映画のセットのような素敵な空間が広がります!


小さな店内故に、事前の申し込みが必要です。
こちらにて受付中です!
http://rokujigen.blogspot.com/
よろしくお願いいたします!



<定期PR>
※2019年4月10日発売予定
失われつつある昭和の駄菓子屋を1/24スケールで徹底的に作り込み、その作り方を図面、写真で超解説した新刊!
その情報量に呆れてください!


※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!


                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!

                
                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。


[駄菓子屋の[超リアル]ジオラマ]
09:46
アラーキー

2019年3月30日から、鳥取県倉吉市にあります『円形劇場くらよしフィギュアミュージアム』さんにて
私のジオラマ作品の過去最大数の展示会が無事にオープンいたしました!


3月30日のオープンに向けて、2日前の夜に飛行機で鳥取へ。
鳥取は2年前に島根の城攻め(いや、普通の城めぐりですが)に行った際に、米子で乗り換えした時にちょっと足を着けたのみなので、今回が正式な鳥取初上陸になります!!!
よろしく、初鳥取!!


鳥取空港からバスで移動し、倉吉駅へ。
東京→鳥取の最終便でしたので、夜の20時頃の到着で、倉吉駅前のビジネスホテルにチェックイン。
駅から円形劇場までは約5Km。少し離れておりますが、歩けなくはない距離です。とかく歩く機会が多い東京人にとってはさほど無茶な距離ではありません。
翌朝の迎えは断り、1時間かけて駅から円形劇場まで徒歩で向かいました。やはりその街に招かれたならば、その街を知ることから始めるのが私の主義。
鳥取県倉吉市は、そのなのごとく「倉」で知られる観光地。
私もうすーーい認識しかありませんでしたが、江戸時代から醤油作りが盛んで、造り醤油屋の倉庫が数多く残ります。
この写真は観光ガイドでもよくみられる写真。『白壁土蔵群』とよばれる場所。
白壁の横に、澄んだ水が流れる「小京都」という佇まい。素敵な場所です。


しかし、主な道よりも魅力的なのが、一歩路地を進んだ街並み!
江戸の街並みを思わせる、旅籠風ファサードを持つ奥行きがある町家造り!


残念ながら地方の街特有の人口現象による結果、閉めてしまっている店が多いのですが、建て替わってコンクリート製の味気ない建物が並ぶような街並みにはなっておらずに、映画のロケなどに最適な明治から、戦前、昭和30年代の街並みが魅力的な場所でした。
そんな建物の間から・・・・おおおお!!!!


円形校舎を残した「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」が現れました!!!


当たり前ですが、本当に円形です!
ベージュ色の基本塗装に、薄いピンク色のアクセントが効いた、なんともキュートな建物!!
なんと昭和30(1955)年築!現存する円形校舎最古の建物。
戦後たった10年、しかもalways 三丁目の夕日のあの時代にこんなモダンで先進的な建物が設計されて、この江戸時代の特徴を残した街並みに、突如宇宙から舞い降りたUFOのようなインパクトがあったでしょうね。
建築界の奇跡のような建物です。
しかし、手狭になり、小学校が移転。
その後、転用されながらも、晩年には痛みが激しくなり、半ば廃墟のような状態になり、2年前にはなんと取り壊しが決定!
地元の有志による保護活動で、逆転結果でミュージアムとして生き残ることができた奇跡の建物なのです。
補修工事が行われる前の状態と、当時がどれだけモダンな雰囲気だったのかがわかる記事はこちら↓
http://totto-ri.net/column_noda004/
日本最古の円形校舎が見れる、建物の価値も高い見所がある施設です。


施設の中には当時の教室を再現した場所もあります!なんと明るい教室なんでしょう!
黒板を起点として扇型に広がる教室は、先生が生徒一人一人を均等に見ることができる理想的な教室でした。


もちろん、フィギュアミュージアムなので、最近の海洋堂のフィギュアを中心にした常設展示もあります!
そんな建物に気を取られて気がつくのが遅れましたが、入り口に私の作品展の案内タペストリーがかかっておりました♬
1/24スケールで作った駄菓子屋がこんなに引き伸ばされて成長いたしました。


元教室を改良した白を基調にしたシンプルモダンな展示室に、施設の備品である大小様々な汎用性のあるケース。
とても上品な展示を作ることができました。
普段、私の自宅アトリエに全ての作品は保管してありますが、残念ながら展示されずに箱に入っただけですので、これだけ一同に並んだ姿は、自分でも見れません。もっとも自分が喜んで感動している、そんな素敵な展示になりました。
ジオラマは基本的に、1作品1ケースで、そのジオラマを撮影した写真とともに展示されております。
撮影自由の展示会なので、背景になるべく余計なものが写り込まないように配置しております。




さて、3月30日のジオラマ展のオープン初日は、円形劇場くらよしフィギュアミュージアムさんの開館1周年記念。
テープカットがありますよ!とは事前に聞いてはおりましたが・・・・






え?????
・・・・こんなに大規模な式典だったの....
倉吉市長、教育委員会教育長、観光復興の方々とか。。。


一人だけスーツを着ていない、心地悪さの中、人生初のテープカットを経験して、華々しくジオラマ展がスタートいたしました。
5月12日まで開催しております!
GWの初日である、4月27日、28日にも再び円形劇場さまを訪れて、キャラリートークショーや新刊の『駄菓子屋の[超リアル]ジオラマ』へのサイン会も実施いたしますので、是非ともGWの予定に組み込んでいただければ幸いです!
私のジオラマを見にくるついでに、円形校舎も、素敵な街並みも堪能することができる超お得な旅になるはずです。
もちろん、私が訪れない日も、期間中は「休館日なし」で開催しております。
来場者が少なければ、スタッフに声かけしていただければ、特別にアクリルケースを外してくれるチャンスもあり!
詳しい情報は円形劇場くらよしフィギュアミュージアムさまのHPをチェックしてお越しくださいませ。
https://enkei-museum.com/

<定期PR>
※2019年4月10日発売予定
失われつつある昭和の駄菓子屋を1/24スケールで徹底的に作り込み、その作り方を図面、写真で超解説した新刊!
その情報量に呆れてください!


※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!


                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!

                
                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。


[鳥取円形劇場作品展]
3/22
12:11
みずよん
ココログがリニューアルしたのでお試し投稿。
新しい管理画面のリッチテキストエディタを使って書いてます。

2018年から更新が止まってましたが、工作諸々は主にツイッターでつぶやいておりまして、Togetterやモーメントでまとめておりました。
以下、ココログ未掲載だったものを含めて時系列で。
2016年
 9月「変態水中モーターのまとめ
10月「エポック社の『ニュースーパーヘリコプター』
2018年
 3月「試作アクロバットタンクの覚え書き
 4月「歩行パンサーのまとめ
 5月「マブチS-1復刻品の検証
 9月「なつやすみのこうさく2018
 9月「自由なポーズ人形
2019年
 3月「昔のプラモデル!1/500宇宙戦艦ヤマトを波動砲搭載ラジコンに
さて、ちゃんと改行などが反映されてるかな?

【追記】改行で行を空けるときはshift+enterで。

[日記・コラム・つぶやき模型]
3/10
18:27
アラーキー
いよいよ私のジオラマのHOW TO 本の新刊の発売が決定しました!
タイトル
『駄菓子屋の[超リアル]ジオラマ』


4月10日に発売が決定しました。
長かった。。。着手から1年半、じっくりと時間をかけて作り上げた本です。
今まで3冊の本を出版しましたが、どれもが今までの作りためた作品を「再掲載」での構成でしたので、比較的楽な編集でしたが、今回の本は、この本の為に新作の駄菓子屋を作り起こして、その作り方を解説した本になります。
プロになって3年、いろいろなジオラマを仕事で作ってきましたが、どれもが仕事で「納品」してしまう為に、自分の作品として残らないのが残念でした。それがまぁプロとしての当たり前の別れなのかもしれません。しかし、心を込めて作った作品を、じっくりと堪能することなく、引き渡してしまうのは、なんとも心残りがあるもの。
しかも私は、「ジオラマ展示会」を開いているのも大切な作家活動の一つなので、新作が加わらないと、やはりマンネリ化してしまいますので、新作は加えたいところ。しかし、多忙で新作を作る余裕はまったくなく、大きな悩みの一つでした。
しかし、それを一気に解決する方法が、「新作を作って、それをネタにして本を作ること!」
これは一石二鳥♬
いろいろな題材があったなかで、駄菓子屋を選んだのは、このブログでもかつて紹介していた、漫画「だがしかし」の主人公の店「シカダ駄菓子」がきっかけでした。


この作品も大変思い入れがあるジオラマでしたが、制作したものは、少年サンデーさんを通じて、作者のコトヤマさんに渡されたようです。
この時に、撮りためていた制作途中の写真が大量にありましたので、せめてその写真をまとめた本を出して、手元に置いていきたい!!と考えたのです。
しかし、いろいろなハードルがあって、書籍化は断念。
ならば、新作を作ってそれを本にしよう!という企画が、「作る!超リアルなジオラマ」を出してくれた誠文堂新光社さんで通り、制作を開始したのが・・・1年まえということでした。
その後の苦労話は、まぁ書籍が発売した後にじっくりと行うとして、まずは肩の荷がおりて・・・・
(実はこのブログを書いている3月10日はまだ編集作業中なので、本当の安堵はまだですが)
すでにAmazonでは予約が始まっておりますので、よろしれければ!

そして、この新作ジオラマのお披露目のイベントとして、3月30日から、鳥取で作品展を開いていただけることになりました!


昭和50年代に、全国でいくつか作られた円形の校舎の貴重な一つ、倉吉の小学校を改装して、博物館にした円形劇場。グットスマイルカンパニーさんが、ここ倉吉にフィギュアの工場を持っている関係から、この円形校舎は「フィギュアの博物館」となっております。開館して1周年の記念事業として、私の作品展を開いてもらうことになったのです!
https://enkei-museum.com/information/event_group/467/
みなさまにこの駄菓子屋のジオラマの初お披露目の場が鳥取の円形劇場フィギュアミュージアムさま、そして会期中に新刊「駄菓子屋の[超リアル]ジオラマ」の発売!とは、私にとっては盆と正月が一緒に来た感じ♬
今年のGWは10連休!なので、この機会に是非とも新作ジオラマを見に来ていただければと思います。
ジオラマ展も過去最大の作品展示数になります!

<定期PR>
※2019年4月10日発売予定
失われつつある昭和の駄菓子屋を1/24スケールで徹底的に作り込み、その作り方を図面、写真で超解説した新刊!
その情報量に呆れてください!

※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!


                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!

                
                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。


[●ごあいさつ]
2/12
14:05
ひのき
2月10日 千葉の幕張メッセで行われたワンダーフェスティバル2019冬に参加してきました。 予定通り....とはいきませんでしたがw 前日 飛行機で羽田に飛ぶ予定でしたが、都内の雪の影響で当日急遽 新幹線に変更しました。まぁ、今回は、3連休だったので、帰りも新幹線でのんびり帰ってくることができたので助かりました(笑) 会場は、いつものような....こんな感じで展示販売してました。そそ、今回、発送前に荷物を整理してたら、以前のワンフェスで売ってて売れ残ってた雑誌「1/35可動戦車模型の作り方」の本が3冊だけ出てきたので、会場でそれも売りました。 デモ走行車両は、M3スチュアートが新・旧2台とM3LEEの計3車両、机に張り付けてあるオレンジの板は、新スチュアートのサスの動きを見せるためのモノです。 隣のどてさんの販売は、今回もムシシリーズで、こんな感じ今回は、2モーターで左右の足(の列)が独立して動くので、そのままうちの基板に接続すれば、旋回可能なラジコンメカになりそう!!ただ、価格が高くなってしまって、5000円でしたw ちなみに、わたしも1セット購入しました♪ さらに、フギュアのブースは、こんな感じで...
相変わらず、見事な出来です!これぞ、ワンフェス! て感じですww で、今回は、雪も降ってて寒いし、どうせわたしのメカなんて売れないだろうし、久しぶりにゆっくり会場を見て回ろうかと思ってたんですが... ぃぁ、 売れました... フルセットもギヤボックスも基板も本も、すべて完売ww結局、大忙しでしたw 一部、会場でお渡しできずに、後日送るという商品もありまして.... その ご連絡を1.フルセットご購入で、プロポと細かなパーツを後日発送するとお約束した方へ  こちらからの発送は明日の水曜日になると思います。(そちらに着くのは木曜日になります) 2.M3ELLの完成ギヤボックスと砲塔旋回改造サーボをご注文いただきました方へ  ギヤボックスはDMMでの造形が仕上がってこちらに届いてから組み立てますので、だいたい2週間くらい納期がかかります。  しばらくお待ちくださいw よろしくお願いいたしますm(_ _)m あと、会場でバタバタして説明できなかった事も書いておきます。 プロポの使い方は、こちらにありますので、参照してください。 特に、砲塔旋回用の永久回転改造サーボを使用するときには、車両基板に接続して、センター位置の微調整をしなければ左右均等に旋回しません!(上記プロポの説明書の「8」を参照) DMMで履帯やギヤボックスを造形するときは、こちらから注文してください。 以上です。 不明な点や興味を持たれた方は、今度、5月2日に三茶で東京オフ会をやりますので、ぜひ遊びに来てください。 今回も、お越しいただき、ご覧いただきました方、ホントにありがとうございましたm(_ _)m  <<  2月13日追記 >>ワンフェス会場から送った荷物がいまだに届かないので、クロネコに問い合わせたところ、発送処理に時間がかかっていて、千葉からの発送が本日の夕方になるとのことでした>< 会場で販売したフルセットのプロポはこっちにあるのですが、その他の細かなパーツは会場に持っていってたので、会場からの荷物が届かないと発送できません。申し訳ございませんが、発送は明日以降になりそうです。 しかし、驚きました...10日に送った荷物が14日でないと届かないなんて....うちは田舎だけどそんな離島ではないですから...てか、会場で受け付けた荷物ってとんでもなく多くて、処理が追い付いてないって ことでしょうかwぃぇ、まさか当日フルセットが2セットとも売れるなんて思ってもみなかったので、荷物に入りきらなかったプロポ一個だけ持って行かなかったのです。それが  裏目にww
2/4
13:43
ひのき
昨日、わたしの町内の同級生主催の還暦の厄払いに行ってきました。ついに今年でわたしも60歳になります。 わたしの田舎では、「還暦」も厄年なので、神社に厄払いに行くのです。お祝い的な意味もありますが、赤いモノを身に着けたりするってことはないみたいです(笑) 神社に参拝した後、食事や2次会などもあって、さらには、日を改めて伊勢神宮への参拝まで予定されています。もっとも、信心深くない(お酒も飲めない)わたしは、地元の神社の厄払いだけの参加でしたが(笑) 田舎の小学生の同級生は、100人ほどいましたが、昨日の参加はそのうちの44名でした。思ったより多くて、ちょっとびっくり。 「ひのき君、面がげある!!」と、数名の女性の方から言われましたが....わたしは、お会いした女性の顔と名前が一切一致しませんでしたww男性も、半分近く誰だかわからなくなってましたww さて、そんなわたしの今年の予定ですが、まずは、模型関係では、==========================2月10日(日) ワンダーフェスティバル2019冬   幕張メッセ 7ホール 卓番7-14-09 4月14日(日) 可動戦車模型愛好会 米原オフ会   滋賀県立文化産業交流会館 第2会議室 10:00~17:00 5月2日 可動戦車模型愛好会 東京オフ会   世田谷区太子堂2-16-7 三茶しゃれなあどホール スワンの間12:00~16:30 5月11日・12日 静岡ホビーショウ モデラーズクラブ合同作品展   ツインメッセ静岡==========================前半の予定は、こんなところですが... 実は、以前にも書きましたが、今年は5月に行われる地元の祭礼で、10年に一度の通り筋にあたり、個人的にいろんな役員も回ってきていて、打ち合わせ会議・準備に大忙し>< 実は、今週末の3連休も祭礼の打ち合わせが入っていて、ワンフェスと被るのですが....昨晩、他の役員宅を回って、なんとか今週末の会合は抜けれそうになりましたので、ワンフェスには行けそうですが....祭礼本番に近づくとそうそう抜けられなくなりそう... 問題は、5月のホビーショウだな.....祭礼の準備と ホビーショウ参加..   考えただけで胃が痛くなりそうTT正直、今年の5月は、早く終わってほしいです><  そんななか、 待ちに待った 新しい3Dプリンターが届きました!!買ったのは、これ決めた理由は、2ヘッドで、ABSとPLAのフィラメントを2個付けておけば、わざわざ交換しなくてもよさそうだから!それと、アマゾンで特価品59,800円で一台売ってたので、価格で飛びつきますたw 性能的には.....よくわかりませんww Webで調べても、使用例をアップしてるのは ほとんど英語サイトだし...読めないしwまぁ、ダビンチみたい酷いレビューも無い様だし....まぁ、今までひどい状態のヘッドで無理やり使っていた状態よりは マシに出力できれば良いんじゃない....とただ、印刷範囲が今までの機種より狭くなって、200×150×150と... ジオラマ用の道路のタイルパターンは、150×150mmサイズですが、実際には、0.5mmサイズを広げて出力して、実際に張り付けるときにサイドを削って調整しながら隙間が出ないように板に並べていきます。ABSの場合、若干縮まってりするからなんですが、なので、データ上の出力サイズは、150.5mm×150.5mmで作ってるので、それらはこのプリンターでは出力できません。そのあたりは、150.5×150mmサイズに修正して、あとは張り付けるときに何とかすればwwまぁ、これが使いこなせて、十分な精度が出せれば、同シリーズでさらに印刷範囲の広いタイプを購入しても良いかも...前回のマシンも、そんな感じでサイズ違いを2台買ったしw で、とりあえず、付属の簡単なスライサーソフトを使って、何点か出力してみました。てか、予想通り、ソフトも説明書も説明ビデオも操作パネルもすべて英語で、ほとんど無理解できませんでしたが..そこは、勘と経験でww基板のケースと、1/35M3スチュアート用の輸送ケースです。ぃぁ、びっくり!!きれいですw以前の3Dプリンターで新品ヘッドに変えた時より、一段きれいです!現在付属の0.4mm穴のヘッドを使ってますが、0.3mmが使えたら細部の表現も正確になって、工夫次第でギヤボックスのケースぐらいは作れそう!スライサーの設定もいろいろ触ってテストしたい! と、 新しいおもちゃを与えられた子供のように喜んでおりますw 
08:38
アラーキー
ご無沙汰しております。
2018年の11月以来のブログ更新になりました。ここまで空けたことはありませんでしたが、「Blogを書くことに飽きてしまった」訳ではありませんので!しっかりと私の活動の中心はこちらのブログである事は断言させていただきます。
2018年の年末近くに、父親が急に旅立ちまして、忙しくしておりましたので、ブログ更新を休止しておりました。
四十九日も終えて、喪が明けましたので、また元気に活動開始です。
父親は85歳で旅立ちましたが、随分前から今はやりの「終活」を進めておりました。
自分が眠る墓の準備から初め(実は私がデザインしてあげたオリジナルのもの)、葬式の為のセレモニーホールのプランの予約、そしてすこしづつ私物の整理まで。。。
この清さは、「きっともっと長生きするに違いない」と誰もが(本人でさえ)そう思っておりました。なにか不治の病にかかっていたとかそういう訳ではありませんでしたが、年齢的にもいつ亡くなってもいいようにとの事でした。
しかし急に2018年の夏におこなった手術を切っ掛けに、病気が発覚し、あっというまに・・・。
父親は生命保険会社に勤めていただけあって、自分のライフプランはパーフェクトでした!
意識のあるうちに病院で家族に見守られながら、まるでドラマの1シーンのような旅立ち。
もちろん哀しさはありましたが、私は拍手で見送ってあげました。
1人の人生の終わりに立ち会ったことで、今の自分をみつめてみたときに、膨大なプラモデルのコレクションや、今まで作ってきたジオラマ作品など、私はなんと物が多いことか!!
将来急死してしまった時には、これらの処分をしなければならない妻には、大変な仕事をまかせる事になります。
これは趣味、とくにコレクションをしている人にとっては大変な問題。とはいえ、どれも思入れが大きく、断捨離として処分する訳にはいかず・・・やはり棚上げ。これは本当にコロリといってしまった後は、本当に大変だ。
しかし妻曰く
「あなたが死んだらすべて私のものや!」
と問題の大きさを解っているのか、強欲なのか、ありがいのやら・・・
まぁコレクション問題はさておき、銀行に預けてあるお金の話、家などの財産、そして・・・穴!と言われている、毎年自動的に更新される様々な「会費」問題などは、家族には明確化しておいた方がいいですね。亡くなったあとに気がつかずにず~と引き落とされる結果になりますからね)
(メモ:現時点の私の自動引き落とし→Amazonプライム会員、ドロップボックスビジネス、自動車保険、火災保険)
私は常に「これで人生あがりや」と思っており、自分の趣味を仕事にした今は、子供の頃の夢をしっかり叶えていて、しかも自分の作品集を出せたり、作品展を開けたり、もうやりたいことは達成しております!
それがゴールというわけではなく安堵している訳でもありませんが、人生の1つの節目、節目で心残りがないように生きていきたいと願っております。
さて、そんな話をした後なんですが
「もしもこれを作り上げる前に亡くなったたら、悔いが残る!」
というのが、ジオラマHow to本の新書「駄菓子屋ジオラマを作る(仮称)」です。
なんとなんと、様々な苦難を乗り越えて、つい先日2月2日に原稿を完全アップしたのです!!!!!!
ちょうど2018年の2月に具体的にジオラマ制作を開始して丸1年が経過してしまいました。
いままで、3冊(うち1冊は・・・こちらのブログでも詳細を書いておりますが、「凄い!ジオラマ」の改訂版も含む)のジオラマ本を執筆しておりますが、それらは今まで制作してきたジオラマの写真を再編集したものでしたので、それほどハードルが高い本作りではありませんでした。
しかし、今回のように「その本の為に1つの新作を作り起こす!」というのは自分で考えていた以上に大変な話でした。。。



駄菓子屋のジオラマを作るというのは、実はこれは2度目の話であり、こちらのブログでも紹介しておりますが、少年サンデーさんに掲載されていた駄菓子屋漫画「だがしかし」の主人公の家「シカダ駄菓子」のジオラマを2017年に制作しております。


この時のノウハウを活かしながら、次は何か具体的な題材がある訳ではない自分のオリジナルの建物でのジオラマを作れば良い!


2作目の駄菓子屋なので、前回のデータを応用して、ちょちょいと作れば良いと思っていた駄菓子屋は、そんな簡単な話ではなかったのです。。。
しっかりとした日本家屋の構造から理解して、それをちゃんと伝えるということがこれほど大変なものなのか!!
ジオラマを作って、完成させて、途中の制作写真を適度に構成して、ハイ!本の出来上がり♬
ではありません。


結論としては、ジオラマ制作しながら、同時に「どんな伝え方をしなければならないか」のページ作りや、写真の撮り方をシミュレーションしながらの作業になりました。
ジオラマ作りは途中で止めながら、写真を撮り、いちど誌面として写真を配置して、文章を入れて・・・
俯瞰した時に、途中写真もこれでは伝わらない!と解った後には、すでにその部分は完成していて、途中写真が撮れないことも。。。
そんな時には、しかたがないので、「途中写真用に、もう一度作る」という作業が発生しました。


それを繰り返していると、まったくページ作りが進まなくて、また何を伝える為の本なのか迷走してしまう事も多々。
最終的には「駄菓子屋」の名前を借りた、「和風住宅の作り方How to本」になっていました♬


まぁこれは当初から狙っていた題材でしたが、屋根の構造解説から、瓦制作、雨樋、商店のビニールひさし、室外機・・・・
もちろん主役の駄菓子の制作もあるのですが、意外な解説が山盛りである、1冊の本としての起承転結もしっかりと描かれた本であることは、大宣言させていただきます。
ああ、早く皆様にみてもらいたい!!
もしも私に何か起こったとしても、必要な写真や文章のデータは、届けられておりますので、確実に本は出るでしょう!
近々な話では「これで人生の上がり!」といっても過言ではない、新書の話でした。
発売は今のところ4月10日を予定しております。
また3月になりましたら、私のジオラマ作品を全展示した作品展も予定されておりますのでお楽しみに!

<定期PR>
※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!


                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!

                
                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。


[●ジオラマあれこれ雑記]
1/30
21:56
かば◎
●盛大に仕事が行き詰まり中。
●先週土曜日(1月26日)、逗子マリーナからの海越しの光景。

小坪漁港に出る手前、小坪寺手前の坂上からちらりと見えた海に、伊豆大島がいつもよりやけに大きくくっきりしていると思ったのだが、よくよく見ると、島の左右端で、海と陸の合間に空が少し入り込んでいた。
程度としては小規模ではあるものの、「浮島」と呼ばれる蜃気楼(逃げ水などと同様の「下位蜃気楼」)で、気温に比べ海面のほうが温度が高い場合に起きる現象だそうな。その右手、伊豆半島の突端も若干浮いていた。
3枚目は江の島越しの富士山。なんだか大噴火を起こしているかのような雲。しばらくすると雲はつぶれて、割とどうということもない景色になっていた。
4枚目は、日本の特攻戦術の中でも恐らく最も愚劣な「伏龍」出撃用の稲村ケ崎の洞窟陣地。国道に面した内陸側の入り口はだいぶ以前に塞がれていてよく確認できない。
●京浜急行が、来年3月、(他のいくつかの駅と同時に)京急新逗子駅の駅名を「逗子・葉山駅」に変更するのだそうだ。
駅は逗子にあるのに、無理やり葉山をくっつけなくても……みたいに(逗子市民としては)一瞬思うが、葉山に最も近い鉄道のアクセスポイントであることを明らかにしたい的な理由が挙げられており、言われてみれば尤もだという気もする。
しかしそれよりも、一般に京急の駅のプラットフォームの方面案内は「**・**・** 方面」とナカグロで列記されており、その中に「逗子・葉山 方面」と書かれると、逗子と葉山という別々の駅があるように思われてしまうのでは……と、facebookでコメントされている方がいて、なるほどと思った。
なお、「新逗子(しんずし)駅」は一つ手前の「神武寺(じんむじ)駅」とまったく母音の並びが一緒なので、車内放送で聞いているとちょっと紛らわしい。その点からいえば、聞き分けやすくなっていい、とも言えるかもしれない。
●このところの日産のCM。「すべての答えは、技術で出す」「技術の日産」と、とにかく技術の一言だけを執拗に押し出しているのを見ると、「うちは技術だけなんです、その他(経営とか組織とか)はダメダメなんです、だから技術以外のことでツッコむのはやめてください」と泣きを入れているように思えてしまう。
●hn-nhさんのブログ「ミカンセーキ」で、miniartから最近発売されたケーブルドラムを出発点に、ワルシャワ蜂起のネタを不定期掲載中。「ケーブルドラム→ワルシャワ蜂起」という連想ゲームは、ワルシャワ蜂起のAFVにある程度の興味のある人ならお馴染みの鹵獲ヘッツァー「Chwat」号の写真から。
ネタ自体は昨夏以来のものだが、ここ最近の一連の記事の出発点はこちら
そんなこんなで、じわじわと「ワルシャワ蜂起熱」が掘り起こされてしまい、そろそろMirage HOBBYのクブシュ(Kubuś)をいじり始めようか、などを思い始めた。Mirageのクブシュについての、私自身のレビュー記事はこちら。もう4年以上前か……。
実を言えば、このキットに関しては「いつかSUMICONのネタにしよう」などを思っていて、SUMICONは基本、お手付き禁止なのでそのままストックしていたもの。しかし昨年でSUMICONが(ひとまず)終了になってしまったので、後生大事にストックしている理由が減じたためでもある。
●クブシュのディテール、塗装等に関しての私自身の考証は上記記事の時点からまったく進んでいないのだが、hn-nhさんにこんな資料も紹介してもらった。
Jan Tarczyński, "KUBUŚ Pancerka Powstańczej Warszawy"
私も何冊か持っているタルチンスキ氏著の、クブシュの1冊本。「比較的最近(2000年代以降)出たクブシュの1冊本がある」ということは知っていたのだが、私が知っていたのはMirage HOBBYがキットと一緒に出しているこの本(Antoni Ekner, "Samochód pancerny Kubuś 1944"で、上記、hn-nhさん紹介とは別物。こんな(ワンオフの)車輛の1冊本が複数あるなんて、ポーランド人のクブシュ愛はスゴイな、と思う。ちなみにタルチンスキ氏の著書のほうは、2008年刊行のようだ(つまりキット発売前に出ていたことになる)。
欲しいなあ! と思う一方で、ちょっと躊躇してしまうのは、(1).エクネル版の中身紹介を見ると、当時の写真はweb上で見覚えのあるものが主、中身の結構な割合を占めていると思しき現存実車のwlkaroundもそれなりにwebで閲覧できてしまうため、(2).タルチンスキ版もページ数はそれほど多くなく、写真的にはあまり変わりない可能性があるため。
解説自体はいろいろ興味深いことが書かれていそうではあるが、たぶん両方とも全編ポーランド語。
●もう一冊、hn-nhさんに紹介してもらったのが、
Jan Tarczyński, "Pojazdy Powstańców Warszawskich 1944"
やはりヤン・タルチンスキ著で、書名は「ワルシャワ蜂起軍の車輛、1944」くらいの意味。こちらはクブシュを含め、蜂起軍が使った車輛全般を扱っているらしい。
ちなみに私はこれをよく似た本を持っていて、書名は"Pojazdy ARMII KRAJOWEJ w Powstaniu Warszawskim"(ワルシャワ蜂起における国内軍の車輛)、1994年刊。書名もよく似ているうえに、著者も同じタルチンスキ氏。ついでに出版社も同じWKŁ。もしかしたら上記は私の持っている本の改訂版だったりするんじゃなかろうか……。
●というわけで、私の、ワルシャワ蜂起におけるポーランド側車輛の知識のベースとなっている、後者の本の紹介。
確かその昔、ポーランドの模型屋(模型問屋?)であるPELTAから通販で買ったのだと思う。もうPELTAの名を聞かなくなって久しいので、なくなってしまったか、別の社名になったか、どこかに吸収されたかなのだと思う(ちなみに先日紹介したレミのバキュームフォーム・キットもPELTAから仕入れたもの)。
ハードカバーの立派な装丁……とはいっても中身は120ページしかないので、だいぶ薄い。しかも本文テキストはポーランド語。ようやく、写真キャプションだけは英訳併記なのが有り難かった。とにかくこれ以前に時は、ワルシャワ蜂起のポーランド軍車輛に触れている資料は(私の手近にあるものでは)スコードロンの「THE EASTERN FRONT」くらいしかなく、Chwatや鹵獲パンターの写真が複数枚出ていたり、その他ソフトスキンも出ていたりと、この資料は、結構感動ものだった。
とはいえ、特に模型製作のための資料としてみると、だいぶ不足があるものだったのも確か(特に今の目で見ると)。以下、中身の数カットと問題点。

・基本、写真主体の資料ではないので、「もっとコレの写真ないの?」と思わされるネタも多い。
・写真の質が悪い。現在、webで漁れる写真と同一のカットも多いが、本来、もっと鮮明なものが、ここではボケでいたりする。
・「あの夏のメモリアル」的雰囲気の演出なのか、中身は全て(本文も写真も)セピア色のモノクローム。おかげで、質の悪い写真がますます見づらい(いや、そもそもセピア色印刷のおかげで写真の質が悪く見えるのか?)。
しかし、4枚目写真のChwatの写真の英語キャプションには、「テスト走行中の「Chwat」。装甲板に添えられた木の枝はカムフラージュ目的のものではなく、単に走行中に林に突っ込んだため」などという、「えー、そうなの?(笑)」的な話が書かれていたりして、本文が読めないのが残念。
……とりあえずそんな具合なので、hn-nhさん紹介の新資料が、もしもこれの増補改訂版だったとしても、ちょっと中身は覗いてみたい気がする。
[かば◎の迂闊な日々資料・考証クブシュ]
18 11/7
22:08
アラーキー

11月7日(水曜)に新刊『凄い!ジオラマ[改]』が発売されました!



この本は、2015年に発売された「凄い!ジオラマ」の改訂版になります。
以前の日記に書きました、出版元(アスペクト)の経営不振による執筆者である私への印税未払い問題により、残念ながら絶版にしてしまった本を、「作る!超リアルなジオラマ」を出版していただいた誠文堂新光社から、再販していただきました!
↓印税未払い問題の経緯のブログ
http://arakichi.blog.fc2.com/blog-entry-245.html
出版社を替えて、再販する事は出版界でも多々ある話。
しかし、そのまま出版しても面白くない!
まずは、本の大きさを、誠文堂新光社での私のジオラマ本のシリーズとする為に「作る!超リアルなジオラマ」と同じ大きさB4サイズへ大きくサイズアップ。


そして、前回の本では「写真(カラー)+文章(白黒)の繰り返しであった為に、本の半分はモノクロでしたが、今回はオールカラーにして、前回白黒だった写真もカラー化して、写真も選び直しました!


「作る!超リアルなジオラマ」で好評だったイラスト解説も、今回の本用に数枚描き起こしました!


そして、そして・・・
なんとジオラマ作品「西瓜の夏」の主役である、熊本に現存する大窪橋のペーパークラフトがついているのです!


実際のジオラマ作品の写真から作り起こした特製のペーパークラフト♬
実はイベントで販売しようかと思って準備していた展開図を今回のこの本の為におまけとして作り直して掲載。
他のページと異なる厚紙印刷での仕様になっています。石橋のサイズは、トミカの標準スケール「1/64」にピッタリなサイズ。ミニカーなどを飾ったり、複数コピーして連結させて「大石橋」を作るのも可能。
すでに「凄い!ジオラマ」をお持ちの方でも、十分に楽しめる内容に改定されております(チャッカリ営業)。
是非ともご購入お願いいたします!

             

<定期PR>
※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在6刷突入で2万冊突破で好評発売中です!


                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」をカラー写真2倍に増量+本の多さアップで生まれ変えた「凄い!ジオラマ[改]2018年11月発売です!

                
                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。


[凄い!ジオラマ]
18 7/2
18:36
ミチシルベ
戦艦プラモデルや小物キットをRC化を目指している「未確認艦隊」です。
初心者の方に見てもらいたいメカ講座の動画
初歩の初歩、基礎知識編です。

https://youtu.be/NsVjSlj4YMs
動画の最後に、独り言のグチが入ってます・・・


12年前、このブログを開設しました。
当初、ラジコンの知識は、ほとんど無く、手探り状態で作ってました。
ラジコンショップに数件、相談したのですが・・・
そんなの無理とか・・・とんでもないスペックのメカを薦めたり・・・
ひどい態度でした。

はっきり言って、小物水物RCを作りたい人には、冷たい業界です・・・

狭間の領域なのかもしれませんが・・・
お手本となるRC商品が販売されていないのが、現状です。

その狭間領域に特化した記事をこちら「未確認艦隊」で公開したいと思ってます
皆さんの みちしるべ  になれるようなブログを目指して頑張ります。

これからも、見てやって下さい。


[ラジコン]
18 6/27
19:30
ミチシルベ
プラモデルに搭載する、小型モーターのお話です。
ラジコンに搭載する、小型モーターと・・
モーターライズや、ミニ四駆に使う小型モーターの違いとは・・
モーターにかけれる電圧が違うのです。
ラジコン用モーターは、6V~7.4V (ノイズ対策にコンデンサー装備)
ミニ四駆モーターは、3V
ちなみに、3V用小型モーターは、普通にどこでも買えますが
ラジコン用小型モーターは、ほぼ壊滅状態で、売ってません・・・
水ものラジコンを作っている、お仲間も、モーター探しで苦労されている様です。


[ラジコン]
16 7/18
11:28
みずよん
タミヤの工作シリーズ「はずみ車動力ユニット」。

昨年出た「はずみ車動力車工作セット」の動力部分単体売りです。
1月に発売されてすぐ買いました。前回6WDを作ってみたので、この時はサクッと4WDをワイルドミニ四駆ふうに作成。
 
手回しハンドルでチャージするのでスピードも航続距離も6WDよりUP。


ただイベントでジオラマコースを完走できなかったので、もうちょっと何とかしたいな~と思いつつ放置されておりました。

★☆動く模型愛好会のイベントでのジオラマコース
その後(静岡ホビーショーに行ったついでに寄ったタミヤ本社で)もう一個購入し、「今度は船に乗せてみるかな」と試してみたのが今回のお題。
ふ~、前置きが長いよ(^^;
船体は手持ちの中から大昔に買ったアオシマのボートプラモを再利用。R/C化されて「栄光丸」として本家HPこのブログにも時々出ていたアレです。最近はメカをとられてドンガラになっていたので引っ張り出してきました(最後のご奉公?)。



仕様としては、「はずみ車動力ユニット」の出力軸に取り付けた36Tクラウンギヤと、スクリュー軸の8Tピニオンギヤを組み合わせてペラを回しています(手持ちで一番大きかった「パイプスクリューL」を使用)。ユニット自体もチャージ用のホイールを取り外して抵抗を減らしました。
問題はギヤで4.5倍速しても回転数があまり上がらないこと。トルクはけっこうあるんですけどね。
ユニットを搭載できたところで早速お風呂テスト。「ま、スクリューも大きいしそこそこ走るだろう」の予想に反して遅~い。やはり回転数の低さが影響している模様。ただこれ以上大きいと船底に当たるしなー、、、。
下の動画はAMMのミーティング時にプールで試した時のもの。ハンドルを思い切りぶん回して「ナントカ」といった走り。すぐに回転がマイルドな範囲に落ちてしまうのも問題。
キャラクター頼みでジバニャン船長に乗ってもらいましたが、重くなった分余計にスピードダウン。ダメだこりゃ(^^;
そんなわけで今回の船は進水即引退です。「ゴム動力用」などのもっと大きなプロペラと軽い船体に変更して再挑戦ですね。夏の間に完成するのかしらん(^^;

[工作]
16 5/17
20:06
みずよん

1/600のアリイ版武蔵です。
昨年、水ものオフが大和級祭りだというので「たまにはスケールモデルを作ろうかなぁ」と買い込んだものの方針が定まらず、一時は放置状態に。
購入から1年近く経ってようやくラジコンとして仕上げることができました。
ラジコンで走るだけなら特に珍しくないので、リンクを駆使して舵と砲塔が連動して旋回するようにしております。
詳細は相変わらず手抜きですが、Twitterのまとめをご覧ください(^^;

アリイの1/600武蔵をラジコンに。2chだけど砲塔も旋回



ひとつよろしく。

追記:6月19日にプールで撮影した動画です。ちょっと見にはプラモの戦艦が走っているだけですが、砲塔が動いているのも確認してね(^^)


[模型]
15 8/31
08:51
謎だ!Ohara
あいにくの空模様でしたが、無事開催
ここ数年は、水ものオフの使い回しで
クラウンの伊勢 大和 新作なのはニチモ30cmの武蔵
成績は、S-1速い方3位 フルハル遅い方3位だったかな?

ヒロさんの3回目くらいの改装後

スプリンガータグが今年の流行?

Morizouさんのスケール感たっぷりのボート群

ワンフェスで見た 97式戦車も水上走行?!

ではまた来年お会いしましょう!
15 7/19
08:57
謎だ!Ohara
今回は、会場が変わって お寺の境内?
長岡秀星氏 追悼展示

素晴らしい S-1専用コース!

俺銀河コンテスト

連合艦隊!

水中ニーソ?(謎)

おやぢ博士にジャンケンで勝って!

ではまた来年お会いしましょう。

(該当記事15件)


 [ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード