[ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード
旧twinstars参加者のブログや模型関連ブログの最新記事です。
現在は20分間隔で自動巡回していますが、負荷調整のため不定期に巡回を停止することがあります。

ツイッター配布

【新】→スマホ版(α版)はこちら
キーワード: モーター ギア ギヤ 工作セット リモコン ラジコン ラジカン 電池 電源 サーボ プロポ スイッチ 充電 LED 発光 を含む
 テーマ検索


~ コミュニケーション ~

~ 模型通販ショップ ~
 おしらせ
 検索&セッティング
キーワード: (空欄で全記事表示)
  を含み
  を除く
 
(設定は表示結果をブックマーク)
表示方法:
 すべて展開表示
 題名だけ表示
   まで展開表示

表示記事数:  まで

初期メニューパターン:
 [おしらせ]だけ開く
 [テーマ]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[テーマ]を開く
 全部開く 全部閉じる

 ターゲットブログリスト

~ ソーシャルリンク ~

時系列順ブログ記事(対象記事数:597)
7/21
 
17:36
ヒトっさん
さてさて、先日出荷前状態にまで製作した製作ご依頼品パンターGの動作テストを動画にて投稿しました。

製作ご依頼品、パンターG動作テスト
如何でしょうか?
音量は携帯のカメラでの撮影ですので実際よりも小さいですが、ピックアップの利いた砲撃音はハッキリと聞き取れるレベルで録画出来たと思います。
プロポの操作は左側スティックが走行モーターのコントロールです。
右側スティックは、左右で砲塔旋回で、上下で砲身上下となります、ただ、カムの回転する抵抗の都合上、スティックは上向きに操作して任意の位置角度に調整する方が使い易いと思います。
と云う事で、今回の製作ご依頼品パンターGの製作代行はこれにて終了となります。
次回は何を製作しようかな~(^0^)/

ラジコン
7/20
 
19:32
ミチシルベ

ブラタモリ的楽しみ方 100年分楽しめる『ゼルダの伝説 』

任天堂スイッチのゲームです。。。

基本、ゲームには興味ないのですが・・・これは別格!!!

ゼルダ伝説 これ凄いョ♪ ぜひお試しを♪

オタク代表の岡田さんが、分かりやすく説明してくれてます。
めちゃ、楽しめます♪

https://youtu.be/u69tMQ0h20k

[ゲーム]
 
18:34
ミチシルベ
こちら、Yahooブログ 「未確認艦隊」動く模型を作る会です。

写真、動画、記事にて製作工程を公開しています。
お気軽に見てやってください。
水芸の出来るRC艦!!  現場ではウケます^^:
https://youtu.be/_dU0IHei-To


ラジコン
7/19
 
19:19
ヒトっさん
さてさて、ここの所猛烈な暑さでバテ気味なヒトっさんです。
で、製作ご依頼品パンターGは今回で7回目の投稿です。
今回は砲塔旋回、砲身上下機構の製作等々盛り沢山となっております。
先ずはマズルブレーキの中にLEDを仕込みました。
ダイレクトに発光しますので光ファイバーよりも迫力は格段に上がりますね~。
次は砲塔後部のハッチです。
説明書通り開閉式として組み立ててあります。
防盾内側にパイプを取り付けて、防盾の照準孔まで光が通る様に改造しました。
ここにバトル用の赤外線LEDを取り付けます。
砲塔旋回に必要なギヤを3Dプリンターで出力しました。材質はレジン製です。
メインスイッチは右側後部雑具箱下面に設置します。
取り付けるとこんな感じです。
比較的目立たないのと、車体裏側に設置するよりも楽にON OFF出来る様にしています。
インジケーターランプは左側後部ダクトの下に見える様にして接着固定しました。
スピーカーボックスを組み込み、無限回転する様に改造したマイクロサーボを接着固定しました。
スピーカー音量ですが、この個体自身の音量が結構出ている事と+-を正しくコレクターに組み込む事で十分な音量が出ました。
というか、これ以上は物理的に無理ですね。
砲塔内部はこの様にサーボ、バトルユニット及び配線等で一杯ですね。
砲身上下はカムでレバーを押す事で上下します。
照準孔奥でしっかりと赤外線LEDが光っています。
バトル用の集光レンズはキューポラに差し込んで使いますが、抜き取るとハッチを閉めたり、半身ですがフィギュアを装着する事も出来る様になっております。
これで、製作ご依頼の打ち合わせで約束した所までほぼ完成しました。
この後微調整を行い、動画を撮影したいと思います。
と云う事で今回はここまでです。
では。。

ラジコン
7/18
 
23:58
あおこ/くま
企画開発部のヌートリアです 今回は絶賛予約受付中の3式機龍のご紹介です!
まずは全体をドン!

FRONT! REAR! みなさんがイメージする3式機龍といえばコレ! という理想的なプロポーションになっています
メカメカしいフォルムと生物的なラインが織り交じったデザインは力強くも美しい!
もちろん各部は可動します!  
口、胸部が開閉!
アームユニット用のナイフは差し替えで伸縮を再現ハンドパーツも左右2種ずつ付属し、表情豊かに楽しめます   脚部のバーニアも差し替えで再現 

アイパーツも2色のクリアパーツをご用意
通常時、暴走時を再現することが可能!
 
お腹や尻尾、パイプなどの内部部品は軟質パーツを採用し、可動を妨げません
滑らかに可動し、質感もバッチリ!

サイズは圧巻の約24cm。ホビーショーなどで展示を見ていただいた方もいらっしゃるかと思いますが、すばらしい存在感!
色分け成形、スナップ方式で組み立てやすい仕様になっています。
さらにパッケージは西川伸司先生描き下ろしの超豪華仕様! お楽しみに!

さらにさらに!アオシマオンラインショップでご購入いただくと、限定特典として西川伸司先生描き下ろし複製色紙が付いてきます!
ここだけのために描き下ろしていただきました。ものすごくカッコイイです!
ファンには堪らない垂涎の内容です・・・
こちら、今月末7/31までの予約となっておりますのでお見逃し無く! ご予約はコチラから ワンフェスでも展示予定ですので、現物も是非見に来てくださいね! 3式機龍は9月の発売予定です!商品詳細ページはコチラ  TM&©TOHO CO., LTD.
7/16
 
16:19
Spitfire
 ロードレンジャーも作ってますが、アトミックアストロボートも着手しました。何だろう、方向性が古いキャラものとかSFものばかりだなあ、最近。
 テクノポリス21Cシリーズもそうですが、「昔作った物を今の技術で作ったらどうなのよ?」っていうのがちょっとしたテーマだったりします。

 キャビンが低くて扁平に見えるので、切り離してかさ上げ(3mmぐらい)作業をしてます。ペタッとした感じの期待ですが、オリジナルだとあまりにもアレですので、余計な事とは思いつつやっちまいましたよ、ええ。
 さて、最初に作ったのは小学校1年生の頃。すごくよく覚えているのですよ。
 当時、これを作って家の裏に持っていって外で遊んでいたのですが、そのうちに何を思ったのか家からマッチを持ってきて火遊びを始めてしまったのです。あ、アストロボートに火をつけようとしたわけじゃないですよ。何となく外遊びの流れでやったんですねぇ。
 ところが風が強い日で、運悪くその辺の草原に火が燃え移ってしまい、あわやガチで火事になりそうに!幸い近くに大人がいたのですぐに消してくれて事なきを得たのですが、モチロンガッツリヤキが入りました(^_^; 
 その時の騒ぎで外に持って行っていたコイツは壊れてしまい、そのままゴミになってしまいました。
 ……ということで、40数年ぶりにリベンジなわけですな。この前買ってきた水中モーターも取り付けられるので、プレイバリューの高い仕様にしようと思います。
 火遊びの反省から、水で遊べるようにしようという企画ですな。クダラナイ!
 夏のうちに作っちゃいたいモンです。
 
 

[模型・プラモデル]
7/15
 
00:24
Spitfire
 水中モーターですよねぇ。
 何年ぶりでしょう、水中モーターなんか買うのは。マブチじゃなくてタミヤのですけどね。色は真っ黄色なんですな、これが。
 私ぐらいの年代だと、最初に頭に浮かぶのはマブチの赤と白のツートンカラーの水中モーターでしょうね、やっぱり。

 隣はユニオンモデルの折りたたみ式のゴム動力用プロペラ。何となくライトプレーンを作りたくなってしまい、まずはプロペラだけ買ってきました。
 あ、水中モーターはミドリのアトミックアストロボートにつけようかなと思っています。……どこで走らせるんだろうという疑問はありますが、まあそれはそれなりに……(・∀・)

[模型・プラモデル]
7/13
 
08:51
アラーキー
iPhone8 plusを愛用しています。
買う時にはそのボディーサイズが大きすぎるのではないか?とも心配はしましたが、仕事で写真を見せたり確認する作業も多いので、スマートフォンというよりも小型のタブレットPCのような考えでの導入に踏み切りました。画面の大きさもそうですが、もっとも注目しているのではカメラ性能の良さ!模型の撮影は、いままでソニーのコンデジを使っておりましたが、今はほとんどこのiPhoneのカメラです。iPhone8 plusでは、2つのレンズが装着されており、一般的なiPhoneにはない望遠レンズが、歪みの少ない写真や背景がボケて一眼レフのような雰囲気の写真が撮れるのです。現在執筆中の次の書籍ではほとんどの写真はこのiPhoneカメラを使っています。スマホカメラのレンズは、1眼レフやコンデジよりも小さいので、ジオラマの中にも入り込みやすく、迫力ある撮影が出来る利点もあります。


さて、本題はスマホケースの話。
今までは私はスマホケースを付けない主義でした。
何故かと言えば、私も元プロダクトデザイナーであり、アップルのデザイナーが扱いやすいように本体の厚み、角の丸み、手当たりのよい質感などに試作を重ねに重ね、ようやく到達した最高のデザインなので、その本体にカバーをしてしまうのは言語道断、創業者のジョブス氏に申し訳ない!!と思っておりました。
(余談ですがカバーを付けずにスマホを使用する人達を「裸族」というらしいです)
しかし、前回持っていた機種は、購入後1週間もせずに見事破損してしまいました。。。
ツーリング中に道に迷って地図を検索していた時に、バイクのキーを地面におとしてしまったのです。ふと胸ポケットにスマホを入れて、前屈みでキーを拾う・・・というダメなピタゴラスイッチのような連動!
胸ポケットからするりと地面に吸い込まれ、アスファルト道路に強打!画面を破損してしまう結果に(泣)
スマホケースの重要性を痛感。今回の新機種を購入した際には、やたらとごっついケースを購入。
ジョブスさまに申し訳ないとか言ってられませんよ、だってiPhone8 plusって10万近くするんですよ!!
しかし、ツーリングや旅の際の「落下事故率が高まる」場合以外では、そのケースはちょっとごつすぎる。
気楽に使えるケースも欲しいなぁとは思っておりましたが、探すと自分好みのモノがありません。


100円ショップ(Can★ Do)で、シンプルな透明なケースは購入しておりましたが、これをそのまま装着するのもなぁ。。。(しかも重要なスマホを守るのにたった100円で、果たしてこれでどれだけの破損事故を回避できるのか?)
今回ちょっとした切っ掛けでそのケースをこのように改造してみました♬


錆びたトタンのiPhoneカバー!!!
表層のトタンのテクスチャーは、プラストラクト製の波板プラ板をパッチワーク調に切り出して、セメダインのスーパーXGで接着してしたもの。カバーの素材はポリカーボネート製なので、ケース表面を80番の紙ヤスリで前面をヤスって塗装と接着の食いつきをUPしておきました。

セメダインのスーパーXGは耐久性を求める異素材どうしの接着に最適です。乾くと高透明性もありがたい!

塗料は耐久性を考えてすべてラッカーを使ました。狙った通りのやれた雰囲気に仕上がりました(作業時間2時間ほど)
特に最近は、このガイヤノーツの「赤サビ」の色合いがとてもよく、愛用しています。毛を短くカットした筆で叩くようにして錆の「ボツボツ」湧いて来るようすを再現します。

2日間出張する機会があったので使用感を試めしてみたのですが、トタンの波板がちょうどいい滑り止めになって実用性も高い!!
これはいいカバーが仕上がった♬
しかし・・やはり、角の部分がすぐに擦れてハゲてきましまいました。
そりゃあ、プラモデルをポケットに入れて持ちあるているようなもの。そもそもの素材が黒かったならば、その塗装ハゲもリアルな傷としてさらに味わい深いものになるでしょうが、プラストラクトのプラ板は白。ちょっとだけですが目立ちます。
実用性を出す為には、素材を黒で成形し、そしてより耐久性のあるトップコートが必要です!
(この考え方は実際の家電製品での方針と同じ)


と、いうような真面目な考察をしながら、「持ち歩ける錆作品」としての可能性を実験したスマホカバーのお話でした♬
いくつか構想はありますので、作品を作り溜めたいなぁと思っております。


ちなみに・・・カバーの下の方に書かれたこの鳥居の意味、解る人はわかる!
立ちション防止の為に、昔は壁によく描かれておりました。
神様=鳥居のイメージが強い日本において、やはり鳥居の近くにおしっこをかける訳にはいかない!と、自制心がかかるのでしょうね。どれだけの効果があった解りません。この立ちション防止の表記は、実際の鳥居の形状とは違わせて下の棒を長めに描く暗黙のルールがあります。
<定期PR>
※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在5刷突入で好評発売中です!


                 
※2015年に発売された私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」は
残念ながら現在絶版中で、店頭在庫のみ、もしくは中古品だけの流通です。


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴ「タイニーウィーゴ」のフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適なポケットティッシュサイズの超ミニサイズ/ハンドバックが付いて、お得なんですよ♫

                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。


[【作品.54】スマホカバー]
7/10
 
13:48
ヒトっさん
製作ご依頼品パンターGの投稿第6回目です。
今回は履帯の組立てとシャーシへの取り付けです。
毎度ですが、今回もフリウル履帯ですね。
組み立てにあたって用意するのはピンバイスドリルビット0.5mmと先端の尖った釘等、良く切れるニッパーです。
付属の真鍮線は予め加熱処理を行い、焼鈍ししておきましょう。
焼鈍しをしておいた方が癖を取りやすい事と、履帯の組み上げ後アタリが直ぐに出るので非常に楽にセッティングが出せます。
履板を10枚一組として組み立てて行きます。
真鍮線は履板同士を組み合わせて繋ぎ合わせた後、少し短めにカットして釘の先端で穴の奥に押し込んでから入口を爪で潰してカシメます。
これで走行中にピンが抜け出して来るのを防ぐ事が出来ます。
片側86枚履板を繋ぎ合わせてOKですが、メンテナンスを考慮して43枚一組で切り離しポイントを設定しておきました。
真鍮線を両端まで貫通させて、画像の様に余分に突き出した状態でカットし、履板表側に折り曲げて抜け止めとします。
この状態でも塗装後に目立たないので、安心ですね。
フリウル履帯組み立て完了です。
仮に配線等を繋いで駆動させてみましたが、元気よく動く事が確認できました。
アッパーハルを被せてみました。
重量がの厚みが電池ボックス下面に干渉しますので、受信機上面の出っ張っている部分をカットしています。
あと、事前打ち合わせでアッパーハルの固定はマグネットで脱着式と云う事で合意していたのですが、色々試したのですが、強度及び耐久面で不安が残ると云う事で断念せざるを得ないと判断しました。
ですので、従来通りシャーシ側サイドスポンソン上面とアッパーハルを爪で引掛けてしっかりと固定する冶具を構築しています。
取り付け取り外しは簡単に出来る様に調整していますので、慣れればマグネット式と大差無いと思います。
と云う事で今回はここまでです。
次回はメインスイッチの取り付けと、砲塔旋回装置の構築です。
では。。

ラジコン
7/8
09:12
7/3
23:31
ミチシルベ
18:28
ヒトっさん
7/2
18:36
ミチシルベ
6/29
23:20
かば◎
6/28
19:00
ミチシルベ
6/27
19:30
ミチシルベ
6/26
22:28
どろぼうひげ
00:37
マイロン
6/25
13:26
6/16
17:59
ヒトっさん
6/4
21:00
ヒトっさん
17:37
14:58
ひのき
6/1
17:37
ひのき
5/31
00:50
飲食店経営者
5/30
12:16
ひのき
5/29
10:55
5/27
09:09
02:39
マイロン
5/26
10:42
アラーキー
07:25
アラーキー
5/23
13:07
ヒトっさん
5/22
15:56
ひのき
5/20
06:28
たれぱ
5/17
18:43
ヒトっさん
5/14
16:10
ひのき
5/11
16:54
ひのき
5/9
11:22
ひのき
5/8
19:17
どろぼうひげ
5/4
14:52
マイロン
4/29
13:34
マイロン
4/28
22:54
どろぼうひげ
4/27
20:46
どろぼうひげ
4/25
19:40
どろぼうひげ
10:31
ひのき
4/24
12:48
どろぼうひげ
4/20
21:11
どろぼうひげ
4/16
08:10
マイロン
4/15
06:05
マイロン
4/10
14:44
ひのき
01:16
マイロン
4/9
08:14
マイロン
4/6
08:07
マイロン
4/2
12:16
ひのき
3/29
23:30
マイロン
3/27
03:15
飲食店経営者
3/25
12:33
飲食店経営者
3/23
15:27
飲食店経営者
2/21
20:45
どろぼうひげ
20:26
どろぼうひげ
2/19
21:32
どろぼうひげ
2/17
21:19
どろぼうひげ
2/16
23:45
どろぼうひげ
1/23
19:28
どろぼうひげ
1/20
18:44
どろぼうひげ
1/17
08:18
どろぼうひげ
1/8
15:22
Rfive
17 12/31
15:51
みずよん
02:01
たれぱ
17 12/18
09:48
ヒトっさん
17 12/10
01:43
ヒトっさん
17 10/28
09:18
Rfive
17 9/23
17:11
いでら
17 9/22
23:12
のらくろ軍曹
17 7/20
09:02
SOL
17 5/24
16:34
HOTARU
17 5/7
02:06
のらくろ軍曹
17 2/24
20:31
のらくろ軍曹
17 2/23
11:11
HOTARU
17 2/17
22:38
goo_goo43
16 11/27
13:15
みずよん
16 11/13
14:59
HOTARU
16 9/25
00:41
YUA
16 7/25
21:59
みずよん
16 7/18
11:28
みずよん
16 6/28
01:04
のらくろ軍曹
16 6/6
23:07
goo_goo43
16 5/17
20:06
みずよん
16 4/27
22:49
goo_goo43
16 4/26
22:04
HOTARU
16 2/15
10:42
HOTARU
15 11/10
15:12
HOTARU
15 9/26
16:20
謎だ!Ohara
15 9/18
22:15
R-BEAR
15 9/11
19:22
みずよん
15 9/10
18:38
みずよん
15 5/22
19:34
HOTARU
15 2/15
01:14
くじさん
14 11/19
00:27
人口精霊
14 10/14
20:58
造形村
14 7/27
20:02
ヒロ。
14 7/26
09:53
ヒロ。
14 6/11
11:40
ヒロ。
13 11/23
09:58
ヒロ。
13 11/17
05:06
ブースカ
13 11/8
16:44
ヒロ。
13 9/29
16:55
ヒロ。
13 9/16
18:30
のんぷら
13 9/2
21:31
のんぷら
13 8/18
23:20
のんぷら
13 8/1
21:30
のんぷら
13 7/15
15:21
くじさん
13 6/24
19:25
くじさん
12 12/24
19:58
のんぷら
12 3/29
13:30
平野克巳
12 2/15
20:33
平野克巳
10 3/20
11:05
モリナガ・ヨウ
08 7/12
21:34
Taka3
07 9/12
13:46
アオシマ

(該当記事119件)


 [ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード