[ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード
旧twinstars参加者のブログや模型関連ブログの最新記事です。
現在は20分間隔で自動巡回していますが、負荷調整のため不定期に巡回を停止することがあります。

ツイッター配布

【新】→スマホ版(α版)はこちら
キーワード: コミケ WF ワンフェス ワンダーフェスティバル ビッグサイト 船の科学館 静岡 フリマ 日版権 ディーラー   を含む
 テーマ検索


~ コミュニケーション ~

~ 模型通販ショップ ~
 おしらせ
 検索&セッティング
キーワード: (空欄で全記事表示)
  を含み
  を除く
 
(設定は表示結果をブックマーク)
表示方法:
 すべて展開表示
 題名だけ表示
   まで展開表示

表示記事数:  まで

初期メニューパターン:
 [おしらせ]だけ開く
 [テーマ]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[テーマ]を開く
 全部開く 全部閉じる

 ターゲットブログリスト

~ ソーシャルリンク ~

時系列順ブログ記事(対象記事数:597)
6/11
01:27
かば◎
●ここ最近の三浦アルプス(集中)山歩きに関しては、前回の記事でひとまとめで書いてしまうつもりだったのだが、だらだら長くなって砲台話だけで終わってしまったので、残りのあれやこれや。
先月からの三浦アルプス行は以下の5回。梅雨が来てしまうと足元がグズグズになるし、藪も深くなるのでこのルートはまたしばらくおあずけかな……。
●1回目:三浦アルプス南尾根ルート初挑戦。葉山・風早橋からスタート。葉山教会の横から山道に入り、仙元山を皮切りに東京湾側まで歩く……つもりが、2、3ピークを過ぎたあたりで転機が急変、雷雨に見舞われる(この日、5月4日は天気が変わりやすく雷雨の怖れありの予報が出ていたのに甘く見ていた)早々に断念して実教寺-葉山消防署方面に下山。

上左は仙元山山頂近く。他の多くのアザミが秋に咲くのに対して、初夏に咲くノアザミとコアオハナムグリ。上右は仙元山山頂からの眺望で正面がたぶん森戸海岸。遠景に江の島。

「葉12」標識ピーク手前のキツイ階段。京浜急行の「三浦アルプストレッキングガイド」によれば約250段で、この頃にはざっと一雨来た後で足元がすでに濡れている。写真は途中で一息ついて「来し方行く末」を撮ったもの。もちろん、階段があるだけまだマシ。三浦アルプスの山道は、ロープ頼りの急斜面もかなり多い。
●2回目:逗子、沼間の山の上の住宅地「グリーンヒル」までバスに乗り、その奥から山に登って北尾根へ。馬頭観音、「二子山山系自然保護協議会/二子山山系主要分岐図」の標識FK3を経由して、乳頭山手前から田浦梅林に降りる。

このルートを歩いたのは、昨年、クサイチゴをつまみ食いして味を占めていたため。今年は家まで持ち帰った(上左写真)。上右写真は田浦梅林から降りたあと、京浜急行をくぐる小ガード。スケルトンでなんとなくスリリング。
●3回目:三浦アルプス南尾根ルートにリベンジ。初回同様、葉山・風早橋からスタート。仙元山、観音塚、大桜、茅塚下を経由して乳頭山へ。その少し先から田浦小学校裏手方面に降りる。1時過ぎスタートで、人里に降りたのが6時半くらいだったので時間的にはだいぶキツキツ。本来なら昼食を山の上で食べるスケジュールで行くべきルートかも。

上写真左は「観音塚」の名の元である石仏。向かって右・三面八臂の馬頭観音像の横には寛政年間の建立年が彫られている。右は観音塚と乳頭山のちょうど中間にあるD14ポイント「大桜」。

途中で見かけた植物あれこれ。1枚目はナルコユリ。鎌倉周辺の山だと、生え方も花の形も似たホウチャクソウはたくさん見るが、ナルコユリはめったに見かけない。大きめの緑色がかった花を2つ(時に1つ、3つのことも)付けるホウチャクソウと違って、小さめの白い花を列状に咲かせる。これまでてっきり近縁の植物なのかと思っていたのだが、改めて調べたら科からして違っていた。
2枚目は以前にも書いたことがある、万葉集にも登場するキモンヒヨドリバナ。3枚目はサイハイラン。4枚目は山菜のミズ。いつも採っている場所のほかに生えているのを初めて見た。

上写真左はキアシドクガ。ドクガ科ではあっても幼虫~成虫一貫して無毒だとか。半透明に近い白い翅が美しく、ついじっくり撮影。この数回の山歩きで、木の梢に白い蝶/蛾が群れているのを何度か見たが、正体はこれだと思う。右は渡りをするチョウ、アサギマダラ。急斜面の梢にいて、これ以上近寄って撮れなかった。美しい後翅のえんじ色もこの写真ではほとんどわからず残念。なお、このあとしばらく歩いた先の山道で、肉食昆虫にやられたか、アサギマダラの前翅・後翅1枚ずつが落ちているのを見つけた。

山道で立ち止まってポケモンgo仲間とLINEしていて、そのまま流れでARスナップを撮っていたら、山道の脇でガサゴソ音がして、いきなり目の前にハクビシン(たぶん)が現れた。こちらもしばらく立ち止まっていてほとんど物音を立てずにいたから、相手もかなり油断していたものとみえて、距離はおそらく2メートルほど。お互い驚いて数秒見合ってしまった。上写真はその時のポケモンgoのARスナップ。とっさに普通のカメラに切り替える頭が働かなかったのが大いにマヌケ。「ゴローニャ」の向こう側にハクビシン(?)がちょっとだけ見える。

そして2回目の山歩きでも通ったクサイチゴ収穫ポイントでまたいくつか。ほんのちょっと工夫でビターチョコ味の「クリーム玄米ブラン」に載せて食べてみた。「チョコレート+ベリー」「あんこ+ベリー」の組み合わせは鉄板。ちなみに先月半ば、近所のM家でBBQをやった折、近くで採ったカジイチゴを持って行って、つぶあんの最中に挟んで食べた。これも美味かった。
●4回目:1回目で下山した葉山消防署から逆にスタート。南尾根に上り、観音塚経由でしばらく歩いた後に北側に下山。森戸川林道終点に出て、林道を歩いて葉山町長柄・川久保に出る。森戸川源流あたりは、20年くらい前以来。その頃は網で小さな川エビを採って、素揚げにして食べたことがあった。今でも小エビが生息しているかどうかは未確認。

上左写真が森戸林道終点。右は、長柄・川久保からそのまま歩いて越えた葉桜団地入口の坂に生えていた野生のビワ。ちょうどいい感じのものがやっと一つ、手の届くところにあったので採ってその場で食べた。割と甘くてアタリ。
●5回目:二子山1回目。南郷中学校バス停から、南郷上ノ山公園野球場奥の山道を登って砲台道の途中に出て、二子山上ノ山山頂へ。そのまま二子山下ノ山、阿部倉山と縦走し葉山町長柄・川久保に降りる。上ノ山までは楽だが、その後は結構起伏がある。

砲台道でハンミョウに出会えた。出会えると嬉しく、しかしなかなか接近しては写させてもらえない昆虫。左はそろーりそろりと近付き、逃げられてはまた近付きを繰り返して、ようやく撮った接写。右はアサヒナカワトンボ。これは鎌倉浄明寺の華頂宮邸の谷戸でも頻繁に見かけるもの。
●6回目:二子山2回目。南郷中学校バス停から、今回は南郷上ノ山公園トイレ横から素直に広い砲台道を歩いて二子山上ノ山山頂へ。砲台道を少し戻り、葉山-逗子境の尾根道を通って北尾根ルートへ。沼間の山の上の住宅地「アーデンヒル」へ降りる。

この写真も砲台道にて。足元に飛んできて、また飛び立とうとしているセンチコガネ。
[かば◎の迂闊な日々いきもの]
6/8
02:20
かば◎
●6月6日はD-dayだが、個人的には別にどうということもなし。
●ここ1か月ほど、いわゆる「三浦アルプス」を集中的に歩く。
三浦アルプスは葉山の海に注ぐ森戸川の上流域を囲む山々だが、最高地点でもせいぜい標高200m少々(もうちょっと南にある三浦半島“最高峰”である大楠山でも241.3mしかない)。「なんちゃってアルプス」ぶりも甚だしく、本家アルプスどころか日本アルプスと比べてみても、本物の銀座と逗子銀座商店街以上の差がある気がする。
もっとも、逗子・鎌倉のハイキングコースの多くが、一度上ってしまうと尾根筋はあまりアップダウンが激しくなく歩きやすいのに比べ、三浦アルプスは(特にメインのルートとなる南尾根などは)ロープを掴んで上り下りする場所などもあり、「登山」とはいかないまでも、それなりにがっつり「山歩き」する覚悟で行く必要がある。一方で標高が低いのでそれなりに藪も濃いし(さすがにメインのルートで、道が消えるほどのことはないににしても、両側から迫っているような場所はある)、この季節だとヤブカも寄ってくるし蜘蛛の巣に引っかかることもある。
ルート概観はこんな感じ(「二子山山系自然保護協議会/二子山山系主要分岐図」)
昨春、東京湾要塞地帯標を目当てに、逗子の沼間から上がって北側尾根を歩くルートは二度ほど歩いたが(「東京湾要塞第一区地帯標(2018年5月23日)」「東京湾要塞第一区地帯標(2)(2018年5月27日)」)、今回は、5,6回に分けて、がっつりと南尾根を縦走(地図的に言えば西→東“横走”だが)したり、一度南尾根に上って森戸川林道終点に降りたり、再び北尾根を少し歩いたり。主要なルートはほぼ歩いたかも。
●そのなかで、葉山町長柄と逗子市桜山大山の境にある二子山(上ノ山)に二度ほど登った。「二子山」の名の通り、山が二つ隣り合っていて、東側の上ノ山は標高207.81m(頂上の三角点)。三浦アルプス一帯の山のなかでは高い方なのだが、中腹の「南郷上ノ山公園」から、山頂のすぐ脇まで車が通れる幅と傾斜の道があり(ただし、公園側の入り口にはチェーンが張ってあって一般の自動車は入れない)、周囲の山と違って、散歩感覚で登ることができる(実際、その道で犬の散歩をさせている人にも出会った)。
山歩きの案内などを見ると、この道を「砲台道」と呼称しているものを散見する(たとえば京浜急行の「三浦アルプストレッキングガイド」でも「砲台道」と記されている。地図の中心やや左)。ということは、頂上に砲台があって、この道は資材やら弾薬やらの搬入用?――と思ったら、毎度お世話になっているサイト「東京湾要塞」に、しっかり記載されていた(二子山高角砲台のページ)。
二子山は前述のように逗子市と葉山町の境にあり、「逗子市に存在した高角砲台」は、披露山の「小坪高角砲台」と、この「二子山高角砲台」の2か所。また、「三浦アルプス」一帯で考えると、ここのほかに「畠山高角砲台」「田浦高角砲台」がある。畠山山頂には昨年行っているが、この時は砲台があったことを知らなかったので、遺構の類は探していない(もっとも、そもそも目立つ遺構は特にないようだ)。
●そんなわけで、二子山砲台探訪録。
まずは国土地理院の地理空間情報ライブラリー、「地図・空中写真閲覧サービス」から、終戦直後の米軍撮影航空写真(1946年2月撮影、USA-M46-A-7-2-107)と、最近のもの(2007年4月26日撮影、CKT20072-C20-61k)との比較。

おおよそ同じくらいの範囲をトリミングしてあるが、方位は少しずれている。写真の右下が高角砲台のある二子山上ノ山山頂で、終戦直後の写真だと4つの砲台がほぼ直列に並んでいるのが確認できる。現況写真の中央が南郷上ノ山公園、その左側にあるのが南郷中学校。上縁を東西に走る道路は葉山の長柄と逗子の沼間(横横逗子IC)を結ぶ逗葉新道。「砲台道」は現況写真では植生に隠れてしまってかなり見づらい。
同じ現況写真だが、探訪写真との対応用に番号を振ったものを以下に。

二子山に登る場合、逗子駅からは、京急バスの「南郷中学校」行き(逗28系統)に乗るのが最も楽。南郷中学校は山の中腹、南郷上ノ山公園と隣り合っている。

写真1枚目。バス停を降りるとすぐ横が南郷中学校のグラウンド(上写真の(1))。道の先にはすぐに南郷上ノ山公園の入り口がある。戦時中の兵舎跡が中学校の元になっていたりしないのだろうか……などと思ったのだが、それは考え過ぎ。南郷中学校は1981年と比較的最近の開校で、終戦直後の空中写真ではこのあたりは田んぼのある細い谷戸に過ぎないようだ。

左写真は、南郷公園のトイレ脇からの上り口(上写真の(2))。車の通れる道幅だが、ご覧のようにチェーンが張ってあって進入禁止。それからしばらくは、右写真のようにコンクリート舗装の道が続く。

道が大きく右に曲がるあたりで、左に下る分岐がある(上写真の(3)のあたり)。終戦直後の空撮を見ると、もともとはこちらが「砲台道」の本道だったのではないかと思われる。一応、この道は今でも南郷トンネル入り口辺りに繋がっているらしい。この分岐の隣には、コンクリートのテーブルと椅子が据えられた平場がある。

同一か所、分岐側から現在の「砲台道」本道を見る。コックリート舗装はこの地点で切れ、この先は砂利道(ところによって砂利のない土道)になる。ただし、轍の部分をよく見ると、荒れたコンクリート舗装がところどころ残っていて、元は舗装がだいぶ上まで続いていたことが伺える。もっとも、その舗装が戦時中のものかどうかは怪しい。

途中、道の脇に数カ所開けた平場があり(上写真の(4)、(5)、(6))、東屋やベンチが作られている。もっともこれらも(終戦直後の空撮を見る限りでは)戦時中に何かの施設があった跡というわけではなく、公園整備の一環で整地されたもののようだ。

道が東北角で大きく曲がるあたり(上写真(7)近辺)に、コンクリートの構造物あり。もっとも、その中に作られた鉄板のフタの感じからすると、戦時中の何かではなく、後になって作られたもののような感じ。

明らかに“近年物”の擁壁や雨水用マンホールのフタもある。

一方で、戦時中のままらしい、素掘りの崖面もある。右写真はおおよそ(8)の地点で、左側に沼間方面および森戸川林道終点方面に行く分岐がある。前者は葉山・逗子境界の尾根を通って北尾根ルートへ。後者はこの先で右に折れて谷を下る。

「砲台道」は、上写真(9)のKDDIの中継施設に突き当たる。掲げられた看板は20年以上前の旧社名のまま。左側の(整備不良でガタガタになった)階段を上ると頂上広場に出る。もともとの砲台道は現在の中継施設を突っ切る形で、頂上広場の北側を通って緩やかに上り、4基並んだ砲台の中間あたりで頂上に接続していたようだ。なお、終戦直後の空撮で確認できる兵舎らしき大きな建物は、この写真のちょっと手前の左側一帯にあったと思われる。

頂上広場に小さな展望台と一等三角点があり、展望台の脇に、ミスドの「ポン・デ・リング」状の砲台跡がある(上写真(10))。写真は下ノ山方向から振り返ったかたちで、一等三角点越しに展望台と砲台跡を撮ったもの。左の木立の向こうに、先の写真にあった階段の登り口がある。前掲の終戦直後の空撮写真と比較検討すると、4つあった砲座のうちの東端のものであると考えられる。残りの3つは(この写真の位置からすると)撮影地点の背後の林の中に埋もれてしまって、とりあえずパッと見た程度では確認できない。

一等三角点と、展望台から北方向(横浜方面)の眺望(かすんで見づらいが、左端にランドマークタワー、右端近くに八景島シーパラダイスが見える)。現在は木に覆われてしまって視界が遮られているが、戦時中はほぼ360度眺望が開けていて、西側に相模湾が見渡せたはず。ちなみにここは東西方向で相模湾、東京湾のほぼ中間にある。一等三角点は神奈川県内に8か所あり、三浦半島ではここが唯一。

砲座のクローズアップ。披露山のようなベトン(コンクリート)製のきっちりしたものではなく、少なくとも現状は土塁のみ。周囲の土塁の高さは一様ではなく、前述のように「ポン・デ・リング」状に波打っている。窪んだ部分には砲側の弾薬置き場があった(例えばコンクリートの箱状のものがあって、それを取り除いた痕跡?)などとも考えられるかもしれない。
また、特にほぼ真北の窪みは特に低く(写真3枚目)、砲座への出入り口があったのかもしれない。ちょっと曲線が胸の谷間みたいで艶めかしい。
写真4枚目は脇に立っている展望台上から見下ろしたもの。小さな頭が赤い杭が立っているのがほぼ中心。コンクリート製のプラットフォーム等はとりあえずこの状態では存在が確認できない。
国立公文書館・アジア歴史資料センターで検索・閲覧できる「横須賀海軍警備隊 砲術科兵器目録」(終戦後の引渡目録。直リンで開けない場合には、資料センター表紙の検索窓に資料名を入れれば出てくる))によれば、ここ二子山高角砲台に据えられていたのは、「十二糎高角砲」(単装)4門。少なくとも同資料には年式等は記されていない。コンクリート製の台座などが確認できないことから、例えばドイツの8.8cmFlaKのような移動用の砲架を持った対空砲が考えられるが、日本海軍にその手の砲(砲架)があったのかどうか、日本軍の兵器に疎い私にはよくわからない。とりあえず、同資料で確認できるこの砲台の配備は、
  • 十二糎高角砲 4門
  • 二式陸用高射器 1基
  • 九七式二米測距儀 1基
  • 弾薬数 632発
  • 九六式一五〇糎探照灯 1基
  • 二十五粍二連装機銃 1基
  • 十三粍二連装機銃 3基

草刈りされた砲座の東側は緩斜面になっており、そちらからはかなり土塁が高く見える。木立の向こうは、先述の砲台道突き当りにあったKDDIの中継所の通信塔。
サイト「東京湾要塞」によれば、二子山下ノ山方面に少し行った脇の藪の中にコンクリートの構造物(柱が二本)が残されているというのだが、藪の中を覗きこみながら、何度か行ったり来たりしてみたが、発見できなかった。もうちょっと藪の奥まで見通せる冬季に改めて来て確認したい。なお、このコンクリートの構造物は、「東京湾要塞」では探照灯の台座としているが、形状的には武山の砲台山にあった、計算所(の中にあった計算装置?)の台座とされているものと似ている。

なお、米軍空撮写真を見ると、上ノ山から西(写真で左方向)に細い道を辿った先、二子山下ノ山の頂上にも何やら小さな設備が置いてあるように見えるが、現状、下ノ山の頂上は森に覆われていて、何があったか等は確認できない。左写真のように、立ち木に小さな表示板が取り付けてあるので「ああ、ここが頂上なのか」と判るだけ。頂上西南側にちょうど砲台くらいのすり鉢状の窪みがあるが(藪に覆われて見づらいが右写真)、大きさはどうあれ、かなり深いので銃座とかの跡ではないような気がする。ただし、この窪みから西方向には、窪みへの出入り口のような掘割があるようで、何らかの人工のものである可能性はありそう。
ちなみに、上ノ山までは先述のように「お散歩感覚」で砲台道を歩くだけだが、上ノ山から下ノ山、さらにその先の阿部倉山へは、かなりアップダウンのある細い山道を歩くことになる。歩く人も少なそうなので、夏は藪漕ぎの覚悟も必要かも。
[かば◎の迂闊な日々軍事遺構]
5/21
13:10
ひのき
先週の金曜日から日曜日(月曜の朝)にかけて行われた祭礼行事も無事に終了し、大きなヤマを越えて、ようやく一段落した感じです。 祭礼自体は、毎年行われているのですが、今年は10年に一度、わたしの実家の町内(通り)がメインになり、その準備を1年前から行っていたわけで、そのためのいろんなお役目も頂いておりました。 祭礼の一週間前、5月11日12日は静岡ホビーショウの合同作品展に参加しておりましたが、実はその週末は祭礼準備もピークで、しょっちゅう電話が鳴ってバタバタ状態でした(笑) 金曜日の夜の実家の前の通りの提灯点灯テストの写真です。通り沿いに、600個の提灯が並び、祭りの最終日の夜には、13台の山車と神輿と神事参加者がずらりと並び、で、参加者全員が通り沿いの家に入って宴会します.....その宴会のため、通り沿いの家は、宴会場を提供しなければなりません.... で、ひのき家も急遽宴会場を設営しました。写真は「ひのき商店」の入り口ですが、店内の商品と棚はすべて撤去し、畳を敷いて机を置いて宴会場にしました。それでも、店内だけでは40人しか入れず、家の中の居間にも設営してなんとか乗り切った感じですwホントは、家紋の入った祭礼用の暖簾を入り口に吊るさないとかっこ悪いのですが....昔使った暖簾がどうしても見つからず、あきらめました>< このような宴会場を提供してくれる家が通り沿いに30件ほど必要なんですが....町内の人口は減ってるし、高齢化してるし、そんな家は年々減る一方で.....ホント大変でした。ちなみにひのき家の宴会費用は約30万円ですたwもちろん、家族の作業費・労働費含まれておりません。 あ、余談ですが、今年から提灯の電灯は乾電池式のLEDライトにしたのですが、ちゃんと「電球色」LEDを使ってます。なので、雰囲気のある色合いになってます....ただ、ひのき商店の前の二つの提灯だけは、普通のLEDライトを使ったので、青白っぽく光ってますwwいえ、安いLEDライトを使って、事前にLEDバーツだけはんだごてで外して、電球色に交換しようと思ってたのですが.....時間がなくて、それどころではありませんでしたww 祭り当日のにぎやかな写真はありません....なにせ、家の準備もそうですが、いろいろ役があって走り回ってたので写真なんか撮ってる暇がありませんでした... 神輿から神写しの儀式が終わって、祭礼が終了したのは、月曜日の朝の4時ごろでした。ただ、わたしは月曜日も仕事で休めなかったので、3時ごろに抜け出してきました(笑) それでも、寝不足と疲れが酷い状態ですその前のホビーショウも寝不足でしたし......2週連続はきつい... とりあえず....死ぬほど寝たい!! まだ、後片付けは残ってますが....とりあえずは、ホッと一息...   そんなわけで、昨年からバタバタしていて、ほとんど模型を作ってる時間がなかったのですが、唯一、
ホビーショウ前にお完成させた新M3スチュアートの写真でも
走行性能もアップして、ギミックも追加されましたが、メインは何といっても連結履帯と可動サスでしょうか(笑)
可動サスのアップですが...
このサスちゃんと動くんです(笑)
そそ、
タミヤニュースの6月1日号の1ページ目に大きな写真付きで「ひのき」が紹介されています。
 
5/14
16:16
あおこ/くま
多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。 日曜日にはサイバ-フォ-ミュラの河森氏が来場していただきました。もちろん、マクロスメインですが、ちょっこり、テクに四駆キットのBOX箱と色紙にサインをいただきました。河森氏、福田氏、重田氏、声優の金丸氏とサインが揃いました。青島さんの家宝にしていただかないと。 そして、いよいよアスラ-ダはエアロモ-ドに向かいます。と゛うなりますか、、、乞うご期待!!
09:38
あおこ/くま
  皆様、静岡ホビーショーでは大変お世話になりました。大変多くのお客様にお越しいただき、とても素晴らしいイベントとなりましたこと、重ね重ねお礼申し上げます。青島文化教材社の展示・新製品発表はいかがでしたでしょうか?まだまだご予約間に合います。お気に入りの商品見つかりましたら是非よろしくお願いいたします。 また、キャラクター系商材ACKSシリーズやティタノマキア等、新しい試みも数多く展開してまいりますので、今後の動向にご期待ください!! 今後とも、青島文化教材社を何卒よろしくお願いいたします。 青島文化教材社 ホームページhttp://www.aoshima-bk.co.jp/ 静岡ホビーショー弊社商品特設ページhttp://www.aoshima-bk.co.jp/special/event/hobby_show/201905/ 弊社ツイッターアカウント『あおこ』@aoshimabunka
5/5
15:26
あおこ/くま
令和1発目のくまぶろぐ!皆様GWラストスパート如何お過ごしでしょうか? 前回から連続の新人Bでございます。 3回に渡りご紹介してきた16式機動戦闘車最終回はオマケアイテムのご紹介です! 
↓↓特設ページはこちら↓↓
http://www.aoshima-bk.co.jp/special/article/4905083056844/
↓↓前回記事はこちら↓↓
https://ameblo.jp/aoshima-kumablog/entry-12457034445.html
(※以下の画像は全てテストショットの物となります)
 今回ご紹介するのは偵察隊や情報隊の頼れる相棒!現行の偵察用オートバイです!   こちら現行の偵察用オートバイを再現しております!(1/35含めプラモデルでの立体化は恐らく初かと…) 正直1/72でバイクを作るとかなり大味になるのでは?なんて思われてるかもしれませんが侮るなかれ!きっちり他アイテムと釣り合いの取れる精密さですよ! まずはランナー状態をご紹介しましょう。  初見では度肝を抜かれるパーツ分割かもしれません。しかしコレが思った以上にサクサクと組めてしまうのです。  フィギュアのランナーもキッチリ付属!このランナーで走行姿勢/待機姿勢、そして立ち撃ち姿勢の計2体が作れます。  組み立てた状態のバイクがこちら、ご覧の通り一見スケール感覚が狂う精密さ!  見ての通りタイヤのパターンまでキッチリ再現しております!ツルツルタイヤだと興醒めですもんね…  後ろの無線機は装着された状態を再現しています。因みにスタンドはご自由に位置決めができる仕様ですよ~!  リアの佇まいも的確に印象を捉えております。  側面もパシャリ!エンジン部も細かく彫刻を施してますよ!   そして今回の偵察用オートバイ最大の売りがこれ!走行中の立ち射撃の再現です!!!!!(腕の穴はテストショットのヒケですのでご容赦を…)  ご覧の通り89式には薬莢受けが付いています!実はこの仕様は本シリーズ初立体化となります。複数買いして演習シーンの再現なんて如何ですか?  以上、3回にわたってご紹介して参りました『16式機動戦闘車 即応機動連隊』ですが確実にご入手頂くには事前予約をおススメします! 『プラモデルだし出てから買えばいいや… 』なんて思わずに今すぐ小売店様へGO!! また本製品、5/11.12の静岡ホビーショーで展示予定!私もブースにおりますので是非ご意見お聞かせ下さい♪ もしかしたら会場発表新製品なんかも?  それでは皆様、残りのGWも楽しくお過ごし下さいませ!        
5/3
19:18
どろぼうひげ
今年もDORO☆OFFは、静岡ホビーショーに参加します!

場所は恒例となった感のある、L列の一番奥です^^
実はボクは、仕事の都合で今年は参加出来ないことになっていたのですが、12日だけ参加出来る事になりました。
ポッポでの移動なので、そんなに多くの作品は持ち込めないのですが、とりあえず、以下の作品を持参してみるつもりです。

最近は小さい作品ばかり作っていたので、助かったかな^^
ボリューム的に、持参できない作品があるのが残念です。
なお、急に参加することになったので、レイアウト的に全部は展示できないかも知れませんので、ご了承下さい。
このほか、宮崎メカ模型クラブさんへは、ルパン三世「屋根」を展示させて頂く予定です。

すごい作品ばかりなのに、こんなポンコツ作品で申し訳ないです^^
今年は1日しか参加出来ませんけど、楽しみたいと思います。
よろしくお願いします!

静岡ホビーショー]
4/20
16:48
いでら

またまたしばらくのご無沙汰でした(汗
うちの愛車、ヴィヴィオも今年で製造から26年目に突入。
今までは家族でも使うことがあるってんで維持費は家計から支出されてたんだが、
今年度から我が家的に完全趣味車の扱いとなり、ワタシのお小遣いのみで維持していくことに(泣)
そうなると車検も今までみたいにディーラーに丸投げってわけにも(金銭的に)いかず、
今までも何くれとなく世話を焼いてくれた友人のジャイロ君の助力で初ユーザー車検に挑戦してきましたん。
 
●必要なもの
車検証
納税証明書
自賠責保険証
オンライン予約番号
24カ月点検票(あれば)
認め印
(A4クリアファイルか書類ばさみがあると便利)
●事前予約
まずは<a href="https://www.keikenkyo.or.jp/" target=_blank>「軽自動車検査協会」</a>のサイトから車検の予約。うちは軽自動車だからね。最初にユーザー登録しなきゃイカンのが面倒だが、仕方がないか。最寄りの検査協会で都合の良い時間で予約するけど、これは全国どこの検査協会でも可。
東京で登録したクルマだけど、出張で九州に持ってきていて、なんて場合でも、九州で受けられる。あたりまえだが、ウチは地元の熊谷で受けましたん。
●まずはテスター屋へ
新しくて整備の行き届いたクルマなら、そりゃ直接ラインに持ち込んでもいいんだけど、うちのみたいにボロボロなやつは、事前に車検の検査項目をチェックしてくれる「テスター屋」さんというのがあるので、そこにまず持っていった方が安全。
熊谷支所の場合、熊谷方面から行くと検査協会の手前に2軒、テスター屋さんが並んでるんだけど、手前の大きいところは認証工場専用なので、一般人はやってくれません。
んで、そこのとなりにある、ちょっと間口の狭いテスター屋さん(タジマキコーさん048-598-7118というところでした)が、一般人OKなのでそこでチェック。
やることは排ガス、サイドスリップ、ブレーキ、光軸とか。サイドスリップは調整までしてくれて、4200円(2019年現在) 。不合格で二度手間になること考えたら妥当な金額でしょう。
●検査協会で
籠原駅からクルマで10分ほど、熊谷市新堀にある軽自動車検査協会熊谷支所。駐車スペースにクルマを停め、窓口へ。最初に0番の窓口で書類をもらうが、入ってなければ自賠責の申し込み(25000円くらい)をしておくこと。車検費用でこれがいちばん高いけど、保険だもの、仕方がないよね。
書類は後ろのカウンターで書ける。継続車検の場合、チェックシート、支払い用の印紙を貼る紙、あと申請書(だったかな?)で計3枚。認め印必要。車体番号とか原動機形式とかは車検証を見て。書き方ガイドがあるんだけど、ひとつしかないので誰か使ってると終わるまで待ってなきゃならない。
書類がOKなら「ユーザー車検の方」、と張り紙のある窓口に行って見てもらう。OKなら重量税(古いクルマは8800円)と検査手数料(1400円・2019年現在)を印紙で納付(向こうで貼り付けてくれる)。ユーザー車検の場合、ガイドは必要ですか?と聞かれるのでお願いすると、初心者マークがでっかく印刷されたファイルをくれるので、これをダッシュボードに掲示しておく。係員さんが現場でいろいろ教えてくれるのだ。そうそう、24カ月点検の点検票は?と聞かれるので、持ってない人は「後整備です」と答えればOK。ただし、ちゃんとあとでチェックしないとダメですよん。
●見学は大事
納付がすんだら書類を持ってクルマで車検のレーンへ行くことになるけど、時間に余裕があったら車検ライン見学コースへ。ここで一連の流れが見られるので、どういう検査を受けるのかがわかり、大いに参考になる。
●いよいよ車検ラインへ
熊谷検査所の場合、いちばん内側の第3レーンがユーザー車検優先ライン。午前午後と2つすつ、計4ラウンドに別れており、各ラウンドの間に休憩時間がある。自分の予約ラウンドに合わせて並ぶ。ウチは10:30-12:00の午前第二ラウンドに予約だったが、混んでるときは早めにレーンに並んでた方がいいみたい。今回は5月の10連休をひかえてすでにやや混雑気味で、10:00くらいから並んでた。
●まずは灯火類の点灯テスト
車検ライン入り口で係員に書類を渡し、指示に従って灯火類とホーンのチェック。運転席から降りて、係員がレバー類の動作具合をチェック。ボンネットを開けて車体番号とエンジン形式等の確認。あ、ワイパーとウインドウオッシャーもチェックされる。
●排ガス検査
続いて、指示ラインまで移動して排ガスチェック。指示に従って計測器のプローブを60センチほどマフラーに突っ込み、測定結果が出るのを待つ。OKが出たらチェックシートを指示された向きで印字機に入れ、検印する。テスター屋さんで問題ないのはわかってたので、余裕。触媒は暖まってないとうまく働かないので、エンジンを充分暖気してから計るのがコツだそうです(^^;)
●サイドスリップ
次はサイドスリップテスト。直進性の検査ですな。ウチのヴィヴィオは、タイロッドエンドがガタガタだったためにタイヤが片減りしたりしてたのを修理した後、自分でテキトーに調整しただけの状態だったのだが、こちらもテスター屋さんで直してもらってたので無問題。 指定されたところをゆっくりと直進するのだが、早すぎるとやり直し(やり直しになった)。
●スピードメーター誤差計測
次はスピードメーターの誤差テスト。テストローラーにクルマを移動し、ゆっくり40キロまで加速。40キロでライトをパッシングする。ローラーの負荷って独特で、けっこう加減が難しい。web上などの体験記を見ると、恐る恐る踏みすぎてなかなか40キロまで上がらない、なんてのが多かったもんだから、思い切って踏み込んだら今度はオーバーしちゃうんですな(汗
●光量・光軸
次はヘッドライトの光量と光軸測定。パーキングブレーキ、ニュートラルで表示に合わせてライト点灯する。これもすでに事前チェック済だから大丈夫。樹脂ヘッドライトの表面が劣化して曇ってたのを、クレンザーで磨いたりした苦労が実ってよかったよかった(^o^)
●ブレーキテスト
おつぎはブレーキテスト。まずはギヤをニュートラルにしてパーキングブレーキも解除しておき、電光掲示板の表示に合わせてブレーキを踏む。これ、親の仇くらいに思いっきり踏まないとイケマセン。やりなおしになります。続いてパーキングブレーキ。表示に合わせて思いっきり引く。でも、力入れすぎてレバーを折れないように(^^;)
●下回り検査
最大の緊張が最後の下回り検査。オイルや冷却水漏れなどがあるとNG。乗車したままリフトで持ち上げられ、指示に従ってハンドルを左右に切る。係員が各部を叩いてゆるみやガタを、また目視で漏れやその他問題点をチェックする。ウチのはちょっと冷却水がにじみ気味だったんで、直前に拭き取ったりしてガクブル。幸いにして特に何もいわれることはなかった。
ここでなにもなければ、リフトが下ろされて書類を返却されておしまい。車検ラインを出てクルマを止め、同棟にある交付窓口に行って証票を受け取れば、晴れて車検終了であります。
●気をつけることメモ
意外と忘れがちなのがワイパー。ウオッシャー腋芽入ってるのはもちろんだけど、あまりひどい拭き残しとかがあってもNGなので、フロントガラスとブレード表面はよく拭いておく。
フツーはまず滅多に使わない発煙筒もわりとひっかかりがち。有効期限が残っているか見ておく。今はLED式のも出てるから、それに取り替えておくのもいいかも。
つーわけで、なんとかあと2年乗れるようになりました。
クルマと人間、どっちがダメになるのが早いかなー?(^^;)
[車]
3/17
19:01
どろぼうひげ
DORO☆OFFの公式ブログが設立されました(^^)/

https://dorooff.blogspot.com/
以前から公式サイトは存在していましたが、このたび、より活用できるブログとしてリニューアル致します。
こちらでは、
☆ DORO☆OFF EXHIBITION のお知らせや申し込み
☆ 静岡ホビーショーや、各種の展示会など、サークル活動内容の発信
☆ メンバー各自のブログへのハブ的な存在、活動内容の発信
といった、DORO☆OFFサークルとしての活用拠点を目指しております。
まだとりあえずスタートした状態で、どの様に運営していけるのか、メンバーにとっても手探りの状態です。
みなさんにご不便をかけることになるかも知れませんが、より充実した内容にしたいと思います。
今後ともDORO☆OFFをよろしくお願いいたします。

[DORO☆OFF EXHIBITION]
3/13
21:41
どろぼうひげ
毎年開催されている、静岡ホビーショーですが、ボクは「宮崎メカ模型クラブ」のメンバーでもあります。
ここ数年、何も展示しておりませんので、今年は何か展示したい!
でも、製作時間が無い!
と、言うわけで、すぐに作れそうなキットを引っ張り出してきました^^
グンゼ産業(現在のGSIクレオス)さんの、カリオストロの城シリーズから、「屋根」です。

だいぶ古いキットですけど、ルパンのフィギュアはレジン製だったり、コンパクトながら劇中のシーンを忠実に再現されていて、良いキットです。
ルパンは離型剤をクレンザーで磨いて落とし、屋根を接着しましたが、合いが悪くてスキマが開いてしまうので、クリップで挟んで強制的に接着しました。

ルパンのフィギュアは、ロケットのヒモを咥えるポーズと、ロケットの狙いをつけるポーズが選択できますが、今回は導火線にナカナカ火が着かないシーンを再現したいので、ポーズを変えます。

A 右腕は二の腕から先をエポパテで作り直しました。
  手は、キットより大きいのがイメージにあったので、大きめに造型
  しています。
B 手には、アニメと同様に100円ライターを持たせています。
  フィギュアの手は、顔と同じくらい表情が表れる部位だと思っていま
  すので、造型には多くの時間を掛けました(そのワリにはですが)
C 左手も、ほぼ全部を作り直しています。
  こんな大きな手は、ジャケットの袖を通りませんけどね^^
D 仮組みしてみました。
  首も大きく前に倒し、コンチクショー!な感じを出しています。
塗装します

A ジャケットは、ルマングリーンにスカイブルーで、アニメの色に
  合わせて調色しました。
  シャツはブラック、ネクタイはイエロー+ホワイトで筆塗りです。
B ズボンはミッドナイトブルー、靴はレッドブラウンです。
C 左手は塗装がやりにくくなるので、塗装が終わってから接着して、
  合わせ目を消し、また塗装する手間を掛けています。
D 眼は、デカールが付いていましたが、あんまり出来が良くありませ
  んし、経年劣化でボロボロになりそうです。
  表情を険しくしたい思いもあったので、筆で書いてみました。

スミ入れはエナメルで、肌色部分にはクリアーオレンジ、他は薄いブラックを薄く流しました。
発色を薄く抑える事で、アニメっぽさを残した仕上がりにしています。
ルパンは、各パーツを金属線の軸で繋いでいます。

瞬間接着剤だけでは、どうしても壊れやすくなりますが、ちょっと金属線を1本入れるだけで、強度が段違いにアップします。
ロケットは、キットのパーツは手と一緒に造型されてしまっているので、スクラッチしました。

A 0.8mmの真鍮パイプに、ポリウレタン線を2本通しました。
  1608サイズの電球色LEDをハンダ付けして配線をよじり、導火線
  らしく見せています。
  ルパンの腕に配線を通さず、ロケットの支柱を通す事で、工作がか
  なり楽になります^^
B ロケット本体はプラ棒からの削り出しです。
  電動ドリルに取り付けて、ナイフの刃を当てて形を出しました。
  底に大きめの穴を開けて、真鍮パイプと導火線を固定しています。
C 羽根を付け、ルパンのポーズに角度を調整しました。
  導火線の先にライターがくる位置関係になります。
D 塗装しました。
  本体は黄橙色、羽根はブラウン、支柱と導火線はブラックです。
屋根は、歴史あるお城のイメージに仕上げました。

A 電源は、マイクロUSBコネクタで供給します。
  ACアダプタ・パソコンやテレビ・モバイルバッテリーなど、電源に
  困りません^^
  開口後、下地としてブラックから立ち上げました。
B 屋根瓦は、2色のブルーで表情に変化を付け、重みを出しました。
  ナナメ上から吹いて、段差にブラックを残し、立体感を付けています。
C エナメルのブラックとフラットアースでスミ入れして汚れを加えました
  最後につや消しでコートして完成です。
D ルパンを取り付けました。
  ボタン電池で光らせ、LEDの位置を調整します。
  明るくなる部分と影になる部分が、最も自然になる位置を探します。
ベースに取り付けて、マイコンを設置します。

そのまま置いても構いませんが、持ち運ぶ際の梱包がメンドクセーですね^^
100均のコレクションケースへ、ネジで固定しました。
透明なカバーを被せれば、かばんの中にポイ入れしても安心です。
中にマイコンを仕込むので、後からプログラムを書き換えたくなった時にアクセス出来るように、ネジで取り外せる様にしておきます。
まぁ、そんなことはマズ無いのですが^^
完成しました

実際の発光の様子を、動画で作成してみました。

※音声無し 20s

動きのある作品は、動画でみて頂くのが一番ですね^^
製作期間は3日くらいの、超お手軽製作でしたが、楽しかった~^^
宮崎メカ模型クラブには、物凄いクオリティーの作品が集まりますので、ジブリ好きの方は要チェックです!
ついでに、こちらも見てあげてください^^
さて、今回はPICマイコンを使って、ランダムな着火光を再現しています。
以前タイファイターの整備中ジオラマを製作した際、ランダムな溶接光を再現したのですが、かなり大掛かりな回路を製作する必要がありました。

NE555タイマーICを3個使って、点滅周期をずらしておき、3個の出力のANDを取って全部が揃った時だけ高速点滅回路が発光する回路を製作しました。
たった1個のLEDを、ランダムに点滅させるには、こんなに大きな回路が必要になります。
これと同じ(いや、もっと高機能)動作をPICマイコンで作ると、

たったコレだけ^^
しかも、点滅の周期やタイミングなど、プログラムでどうにでもなります。
「電飾しましょっ!2 PIC編」でも紹介している、rand()関数を使うので、プログラムもシンプルです。
参考までに、ソースリストを掲載しますね^^
「電飾しましょっ!2 PIC編」で説明している、テンプレート部分は割愛しています。
#include                               //基本的な設定#include "stdlib.h"                           //rand関数を使う場合必要#define _XTAL_FREQ 8000000     //動作周波数を8Mhzに設定void main(void) {    OSCCON = 0b01110010;           //内部クロック8MHz    ANSELA = 0b00000000;            // アナログは使用しない    TRISA = 0b00001000;                // RA3だけ入力その他のピンは出力    PORTA=0;                                  // 出力ピンの初期化    int x;                            //ランダムの変数 宣言はintで    while(1){                                      //永久ループの始まり        x=(rand() % 10)+1;                 // 1~10までのランダムな数字        while(x){                                 // 300ms×x回のループ            __delay_ms(300);            x--;        }        RA0=1;                                   // 100msLEDを点灯        __delay_ms(100);        RA0=0;    }                                                 //永久ループの終わり}      //End of main

1行目 #include <xc.h> 表示が上手く出ません小文字に変えて下さい
2行目~12行目   設定や初期化を行っています
13行目       rand()で使う変数は、int(整数)であること
15行目~25行目 プログラムの本体です。永久ループ
16行目      rand()の乱数を10で割った余り(0~9)に1を+
17行目~20行目 300msを乱数回ループさせ、待ち時間を作る
21行目~23行目 一瞬だけLEDを光らせる
30行も無いプログラムで、タイマーICを使った回路以上の働きをしてくれます。
少しいじれば、溶接している様子を再現することも可能ですね。
この記事から、PICに興味を持ってくれたら嬉しいです^^

[模型の事]
2/27
11:30
どろぼうひげ
今月のModelGraphix誌2019.04 No.413 へ、バンダイ HGジプシーアヴェンジャー を掲載して頂きました^^

パシフィック・リム「アップライジング」は、2018年の4月に劇場公開されていますので、もう一年近く前の映画になりますけど、面白い映画は何度観ても面白いです^^
今回は胸のリアクターを発光・回転させてみました。

キットは、元々別売の電飾ユニットを使用して発光させる事ができるのですが、今回はその空間を利用してPICや電池を内蔵させ、リアクターを回転している様に発光させました。
透明パーツであるリアクターへ、裏の断面から8個のチップLEDを円形に配置して、対角線のLEDを順送りで発光させています。
実際の回転発光の様子です。

今月のModelGraphix誌は「この世界の片隅に」の特集ですが、この特集がものすごく濃いです^^
このままムック本になっても良いくらい、充実した内容になっていますよ
サポートしているライター諸氏の博識の高さや、ハイセンスなモデラー層の厚さもあって、模型に興味が無い方でも、きっとご満足頂ける内容だと思います。
ジプシーなんて、ついでに見てくれれば良いので、ぜひお手に取ってお確かめ下さい!
よろしくお願い致します!

[模型の事]
2/12
14:05
ひのき
2月10日 千葉の幕張メッセで行われたワンダーフェスティバル2019冬に参加してきました。 予定通り....とはいきませんでしたがw 前日 飛行機で羽田に飛ぶ予定でしたが、都内の雪の影響で当日急遽 新幹線に変更しました。まぁ、今回は、3連休だったので、帰りも新幹線でのんびり帰ってくることができたので助かりました(笑) 会場は、いつものような....こんな感じで展示販売してました。そそ、今回、発送前に荷物を整理してたら、以前のワンフェスで売ってて売れ残ってた雑誌「1/35可動戦車模型の作り方」の本が3冊だけ出てきたので、会場でそれも売りました。 デモ走行車両は、M3スチュアートが新・旧2台とM3LEEの計3車両、机に張り付けてあるオレンジの板は、新スチュアートのサスの動きを見せるためのモノです。 隣のどてさんの販売は、今回もムシシリーズで、こんな感じ今回は、2モーターで左右の足(の列)が独立して動くので、そのままうちの基板に接続すれば、旋回可能なラジコンメカになりそう!!ただ、価格が高くなってしまって、5000円でしたw ちなみに、わたしも1セット購入しました♪ さらに、フギュアのブースは、こんな感じで...
相変わらず、見事な出来です!これぞ、ワンフェス! て感じですww で、今回は、雪も降ってて寒いし、どうせわたしのメカなんて売れないだろうし、久しぶりにゆっくり会場を見て回ろうかと思ってたんですが... ぃぁ、 売れました... フルセットもギヤボックスも基板も本も、すべて完売ww結局、大忙しでしたw 一部、会場でお渡しできずに、後日送るという商品もありまして.... その ご連絡を1.フルセットご購入で、プロポと細かなパーツを後日発送するとお約束した方へ  こちらからの発送は明日の水曜日になると思います。(そちらに着くのは木曜日になります) 2.M3ELLの完成ギヤボックスと砲塔旋回改造サーボをご注文いただきました方へ  ギヤボックスはDMMでの造形が仕上がってこちらに届いてから組み立てますので、だいたい2週間くらい納期がかかります。  しばらくお待ちくださいw よろしくお願いいたしますm(_ _)m あと、会場でバタバタして説明できなかった事も書いておきます。 プロポの使い方は、こちらにありますので、参照してください。 特に、砲塔旋回用の永久回転改造サーボを使用するときには、車両基板に接続して、センター位置の微調整をしなければ左右均等に旋回しません!(上記プロポの説明書の「8」を参照) DMMで履帯やギヤボックスを造形するときは、こちらから注文してください。 以上です。 不明な点や興味を持たれた方は、今度、5月2日に三茶で東京オフ会をやりますので、ぜひ遊びに来てください。 今回も、お越しいただき、ご覧いただきました方、ホントにありがとうございましたm(_ _)m  <<  2月13日追記 >>ワンフェス会場から送った荷物がいまだに届かないので、クロネコに問い合わせたところ、発送処理に時間がかかっていて、千葉からの発送が本日の夕方になるとのことでした>< 会場で販売したフルセットのプロポはこっちにあるのですが、その他の細かなパーツは会場に持っていってたので、会場からの荷物が届かないと発送できません。申し訳ございませんが、発送は明日以降になりそうです。 しかし、驚きました...10日に送った荷物が14日でないと届かないなんて....うちは田舎だけどそんな離島ではないですから...てか、会場で受け付けた荷物ってとんでもなく多くて、処理が追い付いてないって ことでしょうかwぃぇ、まさか当日フルセットが2セットとも売れるなんて思ってもみなかったので、荷物に入りきらなかったプロポ一個だけ持って行かなかったのです。それが  裏目にww
2/8
11:22
ひのき
今週の日曜日(2月10日) 千葉の幕張メッセでおこなわれる「ワンダーフェスティバル2019(冬)」に出展してきます!! ぃぁ、参加できてよかったw 幕張メッセ 7ホール7-14-09です! で、今回の商品ですが、まずは、ワンフェス恒例のフルセット!!完成品のプロポと基板に砲塔旋回用の改造サーボとベルト・電源スイッチ付きのバッテリーコネクタ、コネクタ付きのスピーカーとLED・充電器付きリポバッテリー付きの改造フルセットです! 今回は、超小型1.7Gサーボ(わたしがスチュアートの砲身リコイルに使ったやつ)も1個付けます!(自作の変換コネクタゲーブルも付けます) ワンフェス会場限定のセット販売です!! 32000円です!これまで一度も売れたことがないですw まぁ、売れなかったら、オフ会でばら売りしますがw残念ながら、通販はしておりません、悪しからず。 そのほか、こんなものも売ります。 これも売れたことがない、T34の連結可動履帯の完成品! さらに、M3LEEのギヤボックスとM3スチュアートの新ギヤボックスの完成品です!! M3LEEのギヤボックスは、6mmモーター用に作り直したやつです。7mmモーターだとオーバーパワー気味で、音と同時に使うとバッテリー2個使わないと供給不足で安定しなかったので、モーターをワンサイズ小さくしたものです。起動輪もついてます、コネクタ付きのモーターもついてますので、そのまま基板に刺せばすぐに使えます。 そして、スチュアートの新作ギヤボックスです。これも完成品で、コネクタ付きモーターもついてます。起動輪はキットのモノがそのまま使えます。 まぁ、だいたいこんなところかな....今年のお正月休みに頑張って作ったものですw もっとも、今回は、「1/35可動戦車模型の作り方」の本は無いので、売れそうなものは何一つございません>< とりあえず、会場でデモして遊んでますので、お暇な方は遊びに来てください!! で、いつもなら、金曜日の夜に幕張に行って、土曜日はホテルでのんびりしているのですが、今年は、バタバタしていて、土曜日の午後に移動し、土曜日の夕方に幕張に着きます。まぁ、その代わり、日曜日も海浜幕張のホテルに泊まって月曜日に帰ってくる予定です。 あ雪、大丈夫かなぁこっちは今日も、朝から 断続的に雪ですが.... 
2/7
18:26
どろぼうひげ
最終回は、完成画像と動画です。
完成画像と言っても、既にほとんど公開してしまったので、簡単にご紹介します。
全体です。

ガンダムヘッド自体は、ガンダムマーカーでスミ入れした程度。
光沢は残しています。
電源は後部のマイクロUSB端子から。
電源スイッチはありません。
USBなので、コンセントからUSB端子にするアダプタ、PCやテレビのUSB端子、モバイルバッテリーなど、自由度の高い選択が可能です。
100均のコレクションケースにネジ止めして、バルカンの発射ボタンを付けました。
PIC基盤、MP3プレーヤー、アンプ、スピーカーなど、追加した機器を薄いベースの中に収めています。

おかげで、カバーを被せてゴムバンドで留めるだけで梱包終了という手軽さです。

バルカン砲が光るだけでは満足できず、サウンドまで付けてしまいましたが、目が光るだけでも充分にカッコイイです。
分解の方法もご紹介しましたので、ぜひ挑戦してみて下さい^^
ちょっと短くて恐縮ですが、ツイッターで公開した動画を、こちらにも貼り付けておきます。

500円のがチャですが、とても楽しく工作する事が出来ました。
またネタになりそうながチャがあれば、改造してみたいと思います^^

[ガンダムヘッド 製作記]
2/4
13:43
ひのき
昨日、わたしの町内の同級生主催の還暦の厄払いに行ってきました。ついに今年でわたしも60歳になります。 わたしの田舎では、「還暦」も厄年なので、神社に厄払いに行くのです。お祝い的な意味もありますが、赤いモノを身に着けたりするってことはないみたいです(笑) 神社に参拝した後、食事や2次会などもあって、さらには、日を改めて伊勢神宮への参拝まで予定されています。もっとも、信心深くない(お酒も飲めない)わたしは、地元の神社の厄払いだけの参加でしたが(笑) 田舎の小学生の同級生は、100人ほどいましたが、昨日の参加はそのうちの44名でした。思ったより多くて、ちょっとびっくり。 「ひのき君、面がげある!!」と、数名の女性の方から言われましたが....わたしは、お会いした女性の顔と名前が一切一致しませんでしたww男性も、半分近く誰だかわからなくなってましたww さて、そんなわたしの今年の予定ですが、まずは、模型関係では、==========================2月10日(日) ワンダーフェスティバル2019冬   幕張メッセ 7ホール 卓番7-14-09 4月14日(日) 可動戦車模型愛好会 米原オフ会   滋賀県立文化産業交流会館 第2会議室 10:00~17:00 5月2日 可動戦車模型愛好会 東京オフ会   世田谷区太子堂2-16-7 三茶しゃれなあどホール スワンの間12:00~16:30 5月11日・12日 静岡ホビーショウ モデラーズクラブ合同作品展   ツインメッセ静岡==========================前半の予定は、こんなところですが... 実は、以前にも書きましたが、今年は5月に行われる地元の祭礼で、10年に一度の通り筋にあたり、個人的にいろんな役員も回ってきていて、打ち合わせ会議・準備に大忙し>< 実は、今週末の3連休も祭礼の打ち合わせが入っていて、ワンフェスと被るのですが....昨晩、他の役員宅を回って、なんとか今週末の会合は抜けれそうになりましたので、ワンフェスには行けそうですが....祭礼本番に近づくとそうそう抜けられなくなりそう... 問題は、5月のホビーショウだな.....祭礼の準備と ホビーショウ参加..   考えただけで胃が痛くなりそうTT正直、今年の5月は、早く終わってほしいです><  そんななか、 待ちに待った 新しい3Dプリンターが届きました!!買ったのは、これ決めた理由は、2ヘッドで、ABSとPLAのフィラメントを2個付けておけば、わざわざ交換しなくてもよさそうだから!それと、アマゾンで特価品59,800円で一台売ってたので、価格で飛びつきますたw 性能的には.....よくわかりませんww Webで調べても、使用例をアップしてるのは ほとんど英語サイトだし...読めないしwまぁ、ダビンチみたい酷いレビューも無い様だし....まぁ、今までひどい状態のヘッドで無理やり使っていた状態よりは マシに出力できれば良いんじゃない....とただ、印刷範囲が今までの機種より狭くなって、200×150×150と... ジオラマ用の道路のタイルパターンは、150×150mmサイズですが、実際には、0.5mmサイズを広げて出力して、実際に張り付けるときにサイドを削って調整しながら隙間が出ないように板に並べていきます。ABSの場合、若干縮まってりするからなんですが、なので、データ上の出力サイズは、150.5mm×150.5mmで作ってるので、それらはこのプリンターでは出力できません。そのあたりは、150.5×150mmサイズに修正して、あとは張り付けるときに何とかすればwwまぁ、これが使いこなせて、十分な精度が出せれば、同シリーズでさらに印刷範囲の広いタイプを購入しても良いかも...前回のマシンも、そんな感じでサイズ違いを2台買ったしw で、とりあえず、付属の簡単なスライサーソフトを使って、何点か出力してみました。てか、予想通り、ソフトも説明書も説明ビデオも操作パネルもすべて英語で、ほとんど無理解できませんでしたが..そこは、勘と経験でww基板のケースと、1/35M3スチュアート用の輸送ケースです。ぃぁ、びっくり!!きれいですw以前の3Dプリンターで新品ヘッドに変えた時より、一段きれいです!現在付属の0.4mm穴のヘッドを使ってますが、0.3mmが使えたら細部の表現も正確になって、工夫次第でギヤボックスのケースぐらいは作れそう!スライサーの設定もいろいろ触ってテストしたい! と、 新しいおもちゃを与えられた子供のように喜んでおりますw 
18 8/7
22:30
飲食店経営者
先日はワンフェスでした 自分は仕事で行けなかったのでありますが友人がブレードランナー研究の大家マキノさんのブースにてデッカードとガフのフィギアセットを買ってきてくれました これがもうすごい出来で早速塗ってみました フジミのスピナーと一緒に飾るのに最高です
 
スピナーとの動画です

欲しい方は下記をご覧ください
https://macky2019.exblog.jp/i0/

[練習用]
18 8/4
10:48
HOTARU
7月29日に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバル2018夏に参加してきました。
ディーラーはいつもの『空想科学温泉街』
お買い上げいただいた皆様,ご来卓いただいた皆様,お相手していただいた皆様に感謝申し上げます。


2卓使ってフィギュアとラジコン戦車を展示販売しましたが,今回ラジコン戦車側の写真を撮るのを忘れました。
参加メンバーはフィギュア班が品場諸友,ゲイトリバー,Choro,と私。
ラジコン戦車班はひのき,どてです。(敬称略)
今回は不手際と猛暑のおかげで新作は用意できず再販品のみとなりました。
持ち込み数は少量だったりちょっとトラブルで開場直後からの販売ができなかったりしたのですが,おかげさまでかなり早い時間で完売となりました。
今までだと再販品なんて全く売れないか,売れてもせいぜい2~3個程度だったので少々戸惑っております(^_^;;
次回も無事参加できればきっちり新作を用意していきたいです。
[イベント]
18 5/31
00:50
飲食店経営者


遅くなりましたがホビージャパンビンテージに掲載されたフジミ1/24スピナーの製作を紹介させていただきます
映画「ブレードランナー」は版権がややこしいらしく そのためスピナーはじめ商品の発売が難しいとのことですがフジミがいろいろ苦労してこのキットを発売してくれただけでも大いに感謝するべきでありましょう
今回スピナーを作るにあたって偉大な大先輩モデラーたちが素晴らしいスピナーをいくつも作られておりますが なかでも moonbusのブログのmanaさんやどろぼうひげさんの作品には もうすごすぎて ただひれ伏すしかありません
とくに どろぼうひげさんは製作のすべてをご自身のブログで紹介されていて こちらと
しては しめしめ どろぼうひげさんのやってることをパクッてあとはワンフェスで買っ
てきたブロークンヒーローズのパーツ床やシート フィギアを使ってでっち上げれば楽勝
だろうなどと 甘い考えでスタートしました・・・・・・・・・・・・甘かった!!
結果的にはどろぼうひげさんの作品の工作の半分もパクれなかったことを白状しておきま

フジミのスピナーのキットは実物大の走行用のスピナーをトレースされているようで
SFXの撮影に使用されたヒーロースピナー と言われるミニチュアとはいささか細部の
ディティールが異なるとのことです
今回目指すのは特撮に使用されたヒーロースピナーといわれているタイプ
キットと比べると特に目立つ違いは前部のタイヤハウスのディティールでしょう
今回飛行タイプとするのでタイヤハウスのディティールは削り取り タイヤの穴はエポキ
シパテでふさぎヒーロースピナーのディティールを追加してやります 
達人どろぼうひげさんはなんと飛行タイプから走行タイプへの変形を可能にしてますが
通常人である自分は飛行タイプオンリーです
球状のタイヤハウスに入れる筋彫りですが このような曲面のアールがきつい場所はまず
筋を彫る場所をペンシルなどでラインを記しておき (写真はお酒のアルミのふたを加工
して使っています) そしてそのラインに沿って細切りプラ板等 (自分はエバーグリー
ンのストライプをつかってます)を接着しちゃいます そのプラ板をガイドにゆっくりと
筋彫り用タガネなどで筋を入れていきます 筋がはいったら接着したプラ板などをはがし
てきれいに成型してやります この方法ですと曲面のアールのきつい場所の筋彫りもきれ
いに筋を入れることができます 
室内のコンソールやパネル類はクリヤー樹脂で作り直し内部にLEDを仕込んで発光出来る
ようにしておきます 



キットのパトランプは赤と青しかないので黄色も含めて透明樹脂で複製しておきます
サイドのスラスター部分も切り取って透明樹脂で作り直して内部には白色チップLEDを仕込んでおきます
デッカードとガフのフィギアはブロークンヒーローズのものを改造して使いました
室内 床パーツもブロークンヒーローズのパーツをつかっております
サイド タイヤハウスのすぐ後方のくぼみの段差についてはパーツを切り離して左右入れ
替えて使う という灯台下暗しな方法をネットで見かけまして数人のかたがやっておられ
たので自分も真似させていただきました ただしくぼみの段差はなくなりますが ところ
てん式にドア部分のインテークとのラインに段差ができてしまう という落とし穴があり
ました きりがないので気にしないことにします
本体とタイヤハウスをつなぐアームのような部分はヒーロースピナーにするには厚みが足
りないのでエポキシパテでボリュームアップしてやります
今回の工作でメインとなるのはやはりパトランプの点滅でしょう
ルーフの上のパトランプと下面の点滅箇所 合わせて26箇所くらいあります 色は白 赤
青 黄色が交互に点滅しますね パトランプのパーツにはそれぞれにチップタイプのLED
を仕込みます 配線は多くなるので極細のポリウレタンコートのニクロム線を使用します
点滅パターンですが どろぼうひげさんはPICライターでご自分でICチップをプログラムするという
達人ですが 自分は一般人なのでとてもそんなスキルは持ち合わせておりません
そこでなんとか市販のICで間に合わせます
使用するICはCDT-3143です ネットで探せば5個セットで500円くらいで買えます これは
フェーディング点滅ICで点滅がプログラムされていてLEDが徐々に点いたり消えたりしま
す 抵抗を選ぶだけでお手軽点滅操作ができます
以前はこのICを使用した点滅キットがエレ工房さくらいから発売されていたのですが今は
発売されてないようです そこで回路図をコピーしておきます
この回路図にはCdsも組み込まれていますが これは暗くなるとLEDが点滅開始するセン
サーなので今回は不要ですね
この回路図は電圧3ボルト 各LEDは高輝度赤LEDの使用を前提に書かれていますが
各自LEDには使用する電圧に合わせて抵抗を変更して使用してください
半固定抵抗で点滅スピードが変化します 以下の動画がこのICの点滅パターンです

このパターンでLEDを丸い基盤などに例えば8個設置して対角線の組み合わせて点滅させる
とエンタープライズのバサードコレクターの回転発光を再現することが出来たり 白色
LED4個でメーサー車の砲身の内部の発光なんかにも使えますね 安いものなのでいくつも
買っておいてトライアンドエラーを繰り返して使いこなせるようになると かなり強い電
飾の味方になってくれます 自分は電源はいつも12Vのアダプターを使用するのでこの回
路には直前にレギュレーターを入れて電圧を5Vにステップダウンしてあります

この回路に1個ずつではなくチップLEDを6個くらいずつつないで点滅させます それ以外にも点滅しない通常の発光部分が多数ありますので1/24と小さなスピナーの内部で当然配線はもうとんでもない事に
なってしまいます 覚悟めされよ
こちらが配線が済んだ塗装前のパトランプの発光動画です



塗装です スピナーの色は悩むところですね
自分のイメージはブレードランナーのコレクターズボックスの特典映像に出てくる
「ショーシャンクの空に」の監督フランク・ダラボンが手にしているスピナーのミニチュアで これがすっごくいい出来で実際に撮影に使用されたものではないようですが ガレージキットがベースなのかワンオフ作品なのか・・・

とにかくこの色 と思っていたところにホビージャパンの編集部から紹介されたのが
ブレードランナー研究の大家mackyさんのMAGONOTE PRODUCTSから発売されたジーン・ウィ
ンフィールドが指示した色見本から調色したというスピナー専用塗料 これがもうバッチ
リなんです 一緒に入手したデカールにいたってはリサーチがすごすぎて ながめている
だけでご飯三杯いけます これらはもう絶対におすすめなのだ 
これらはこちらからお求めいただけます
https://macky2019.exblog.jp/i0/
完成動画です


[練習用]
18 5/24
09:45
HOTARU
1/7 星河ひかゆ
『Re:CREATORS(レクリエイターズ)』より
戦闘モードの「エクストリームファイナルレジェンドマーシャルアーティストひかゆ」を原型から制作しました。
ころころと変わる表情がかわいいキャラクターです。
レジンキットをワンダーフェスティバル2018冬にて販売しました。



服の塗装レシピ
赤:キャラクターレッド(下地1)→GXメタルレッド(下地2)→クランベリーレッドパール→フラットクリアー
金:ガンダムマーカーゴールド筆塗り
右足ソックス:MSシャアレッド+マルーン+レッドブラウン少量+白少量


チェーンはアクセサリー用の金属製のものを使用

アイペイントはアクリル絵の具で描いています。
[フィギュア]
17 10/28
09:18
Rfive
さて、お待たせしました( ^ω^ )
全日本模型ホビーショー2017に軽いノリで行ってきました~
イベントは、その時代など顕著に反映された -絵- を観ているようですね。
ワクワクあり、や、寂しい…なんてことも
今回で、3回目だったけな?
会場は、ビックサイトで、増築エリアの
一番~奥で凄く遠く彼方でした
大人な事情か?( ゚д゚)
ブースはなんか、小さな感じ…
あ、静岡ホビーショーと比べてるからかも
そのなかでも、一番奥のエリアで
遊んできました。( ^ω^ )
久しぶりのラジコンカー
待ち時間あまりなく体験できそう
ドリフトカー⁉
ツーリングレースばっかりやってた
ころから20年ぶりかあ?
待ってる間、ちびっ子たちやお父さんの
操作を、ぼーとみつつ。。。
お兄さんが、時間カウントして
はい!お時間です
数台のドリフトカーを操作して
集めたり、ぶっ飛んだコーン配置したりと

ん??どこかで?
まぁ、いいや、スタート!
紫カーを選択し、ドリフト…
う…なかなかカウンターあてられず
バッテリーも少し垂れてきたのかぁなぁ
はい!終わりです❗
の合図。
はい、プロポお返しします。
ありがとうございます(^^)
その時、お兄さんの顔を
正面から拝見…ぬぬぬ⁉

ナント! 広坂正美氏やん❗❗
嬉しい!会えた!
握手もしてもらったよ
今は、いろいろな立場で
ご活躍されているようですね!
そうそう、散らかったラジコン
定位置に戻す時の
眼差し
ハンターなプロの眼だったことは
忘れない。
[練習用]
17 5/16
23:56
MACK
ども、静岡に行けなくて、
スマホでホビーショーの画像見ながら
地団駄踏みまくってたMACKです、
来年は何がなんでも行く!!!!
つもり(^o^;
ではさっそく
宮崎メカ模型クラブのメンバーの方などが撮ってくれた写真を

と言ってもこれくらいしかありません、、、(・。・;
なので製作中の写真もちょびっとご紹介
いつものようにフィルムコミックを真似て描き描き、
なんと映画の中ではルイーゼは2カットしか出ません、、、

今回も石粉粘土を芯にして、
スカルピーで造形、足かけ二週間ぐらい、
あーでもない。こうでもないとコネコネ



シリコンで型取り、レジンで中空複製して眼にビー玉を仕込みました
バロンは緑、ルイーゼは青です
小物の花束は

コピー紙を切り抜いて花びらを
葉っぱはお弁当に入ってるから緑色の仕切り、バランです
コピー紙は田宮接着剤でコーティングしたので薄いプラバンみたいになります
以上です!
ジブリの公式グッズのオルゴールのほうが小顔で可愛くて、、、
それは置いときましょう(ーー;)
宮崎メカ模型クラブには
会長の特大バラクーダ号の輪切り、
その中にはノウミソアキラさん製作のコナンやジムシィ
ソラキオさんの地球屋
小宮さんの羽ばたくウシアブ
腰痛さんの巨神兵
などなど、盛りだくさんだった模様
私もあんまり見られてない(主にツィッター)のです
気になるかたは検索ケンサク〜!!
ルイーゼのあと、じつはもう一つ締め切りがありました
姪っ子の結婚式のためのウェルカムボードを描いてまして、
そちらも無事完成しましたので、
ミッションコンプリート、次はプラモ再開したいです
ではでは!
[その他趣味]
17 5/10
03:34
MACK
ほんっとにご無沙汰です
一応生きてます
MACKです
模型もほとんど作ってないし
たいして書くこともないしな〜
と放置してました
タイトル通り5/13,14のホビーショーには残念ながら行けませんが
合同作品展の宮崎メカ模型クラブのほうにバロン&ルイーゼを展示します
昨年はバロンのみでしたが今年は連れを作りました、頭部と花束のみですが(^.^;

衣装は毎度お世話になってる人口精霊さんの作、私もまだ合体した姿を見てませんが
ホビーショーに行くかたはぜひお寄りください、SOLさんやどろぼうひげサン、メンバーのかたの力作新作がズラリと並びます!
ホビーショー当日の様子はまたこちらでご報告しますね
速報のほうはツィッターで載せますね、アカウントはmacktouです
では!
[その他趣味]
17 2/23
11:11
HOTARU
2月19日のワンダーフェスティバル2017冬に参加してきました。

今回はディーラー「御機嫌如何」での参加です。
メンバーはフィギュア組が下村かづは、ゲイトリバー、choro、品場諸友。
ラジコン戦車組がひのき、どて。
ま、いつもの空想科学温泉街のメンバーですけど。
私の新作は艦これのリットリオ。
完成見本が間に合わなくて、雑で中途半端な状態での展示でしたが、有り難いことに開始から40分程で完売してしまいました。
開場と同時に買いに来てくださった方もいて嬉しい限りでした。
ちゃんとした完成見本はこれから作ります。



フィギュア組のほうは午前中に商品を用意できていたのが私だけで寂しい卓になってましたw
午後からやっと他のメンバーの商品も揃いはじめ、

全て揃ったのは終了30分前くらいw
品場さんの海兵さん。プラモデルの飛行機と組み合わせて使います。

choroさんのハクメイとイワシ

ゲイトリバーさんの大潮改二と朝潮改二丁

戦車組

次回夏も参加予定です。
ワンダーフェスティバル
17 2/1
22:12
AGGRESSOR
さて、随分と更新しないで放置していましたけど、九州に帰って1年が経って、自宅での完成機も2機となり、最近色々と思うところも有って、再起動してみようかと思います。
取り敢えず、現在制作中のものはこれ。

ハセガワ 1/72のF-16A plus です。キット付属のデカールか、あるいはマイクロを使用してオランダ空軍かベルギー空軍か、その辺りのごく初期の機体で作るつもり。

キットは発売されてから優にに20年は過ぎているものですが、外形の掴み方は後から出たアカデミーやレベルに決して劣らないもので、出来上がった時の雰囲気が何とも好ましいもの。
安価な定番キットでどこでも買えるのも美点ですね。 今回は実機写真を見ながらポチポチとアクセスパネルのスクリュー等を打刻しています。 九州方面の飛行機モデラーの間ではこの作業を「写経」と呼んでいます。
[1/72F-16]
16 11/2
19:10
MACK
さ、さぶくなってきましたね
冬キライ
どんなに暑くても夏がスキ
春と秋の気持ち良い季節が
一番スキ
なMACKです
さて今さらのレポ第二弾です~
ドロオフ展示会、展示参加者が年々増えて、
会場も大きくなってます
来場者もとうとう2日間で千人超え!!!
と、ホントに素晴らしいのです、
です、ですが、、、
前のコンパクトで展示参加者さんのほとんどと交流できた頃が
懐かしくもあります、、、ね
さて、
ちょっと脇道へ
初日土曜日、お昼時の定番の「大吉」がやってないと、
ちょっとした話題に

オチは第二土曜日の定休日だったのですが、
ご主人が亡くなって閉店?
これからお昼はどうすればいいんだ!?
大吉を目指していた、我が小隊の三名は戸惑い、
途方にくれながらも、次の定番、中華屋に向かう途中に
カレー屋に遭遇、ナンが食べ放題の文字に惹かれて入店
店員さん全部が外人さんの本格的なカレーのお店
(名前も詳細も失念~~)
で、当たりでした
(´-`).。oO(カレーはもちろん、ナンも絶品、2枚食べましたが、
時間があればもう一枚いきたいぐらいでした)
来年も行きたいと思いました
他のみなさんもいろいろ探索したようで、
唐揚げ激安セール&牡蠣フライ絶品のお店は、
2日目の打ち上げ会場となりました
ヽ(´o`
では本題、今回も気になった作品をご紹介します
高橋清ニさんの週刊ミレニアムファルコンとバンダイの1/12凸凹コンビinホスの反乱軍基地
どちらも監修されてるんですよね~
展示参加されるのは静岡ホビーショーとドロオフのみかと!
2日目のキャベツ太郎さんとのトークショーも楽しかったです
呉の大和博物館の1/10大和の展示を参考にされたそうです

なおサンのダンボー
プラモではなくプラバン箱組みで内部から光らせた
おもしろ可愛い作品
大注目されていたフル電飾マクロス、
私は1/35イングラムも気になりました、同じパトライト電飾付きキットを積んでるのでヽ(´o`;

オーシャンさんのパックレーテと今回初参加の相棒松浦さんのスネーク
いつもながら筆塗りでいい味出してるパックレーテ
スネークは原型を担当した完成品フィギュアをみずからリペイントしたそうです(プロ原型師なんですよ!)
KBさんのオリジナルメカたち
BBー8風ドロイドはガチャカプセル、
スペース戦闘機?はチャッカマンを使用してますね~
リアルジェット戦闘機を使ったオリジナルメカ、
まるでキットがあるかのような完成度でした、
かっこいい!
毎回新しい参加者さんと交流したいと思っているのですが、
みなさん作品の横で待機してるわけではないし、
来場者さんもたくさんいますし、
思うほどミッションは遂行できませんでした
それでも今回初めてお話できた方が数名、やっぱりリアル模型話は楽しかったです
それぞれ好きなモノは違うし、アプローチもそれぞれ、
でも模型好き、という共通項だけで充分、展示会の醍醐味はやっぱりそこなんですよね~
なんて、ちょっと語ってしまったけど、模型製作モチベーションは低いままなのでした
ドロオフ後、何にも作ってねーーー
^_^;
さて、その2にしてレポ最終回としたいと思います
ドロオフスタッフの作品は今年も雑誌作例を中心に圧倒的でした、
特に私がレポしなくても、ですしね
ここでちょっと告知です
地元模型クラブの展示会を12月に開催します!
ミリオン ウイングス 模型作品展示会
日時 12月10日 土曜日 11時から19時
11日 日曜日 10時から17時
場所 千葉市文化センター 5階 市民サロン
交通 JR千葉駅または京成千葉中央駅より徒歩10分、千葉モノレール葭川公園駅より徒歩3分
千葉市を拠点として活動しています模型愛好会です、今年は結成10周年の節目として、いつもよりも広く快適な空間での展示会となります
今年のテーマ は飛行機が「カラフル」、 AFVが「アルデンヌ1944」です、テーマ以外にもオールジャンルの模型を多数展示します
ゲストコーナーあります、ジャンル問わず気軽に自作の模型を持ち込みいただき、展示してください
模型体験会 、プラモ製作してみたい小学生以下のお子さん対象です(保護者同伴に限らせていただきます)キット、工具などご用意してありますのでこちらもお気軽にご参加ください(作りたいキットをお持ちいただいてもかまいません)開場中、いつでも受け付けします(予約不要)
模型製作実演、メンバーがふだん作っている様子を会場で再現?!特別な技はないかもしれませんが展示してある模型がどのように作られているのか、をご覧ください
お近くのかた、お気軽にお寄りくださいませ!
ではでは!!
[その他趣味]
16 7/18
11:28
みずよん
タミヤの工作シリーズ「はずみ車動力ユニット」。

昨年出た「はずみ車動力車工作セット」の動力部分単体売りです。
1月に発売されてすぐ買いました。前回6WDを作ってみたので、この時はサクッと4WDをワイルドミニ四駆ふうに作成。
 
手回しハンドルでチャージするのでスピードも航続距離も6WDよりUP。


ただイベントでジオラマコースを完走できなかったので、もうちょっと何とかしたいな~と思いつつ放置されておりました。

★☆動く模型愛好会のイベントでのジオラマコース
その後(静岡ホビーショーに行ったついでに寄ったタミヤ本社で)もう一個購入し、「今度は船に乗せてみるかな」と試してみたのが今回のお題。
ふ~、前置きが長いよ(^^;
船体は手持ちの中から大昔に買ったアオシマのボートプラモを再利用。R/C化されて「栄光丸」として本家HPこのブログにも時々出ていたアレです。最近はメカをとられてドンガラになっていたので引っ張り出してきました(最後のご奉公?)。



仕様としては、「はずみ車動力ユニット」の出力軸に取り付けた36Tクラウンギヤと、スクリュー軸の8Tピニオンギヤを組み合わせてペラを回しています(手持ちで一番大きかった「パイプスクリューL」を使用)。ユニット自体もチャージ用のホイールを取り外して抵抗を減らしました。
問題はギヤで4.5倍速しても回転数があまり上がらないこと。トルクはけっこうあるんですけどね。
ユニットを搭載できたところで早速お風呂テスト。「ま、スクリューも大きいしそこそこ走るだろう」の予想に反して遅~い。やはり回転数の低さが影響している模様。ただこれ以上大きいと船底に当たるしなー、、、。
下の動画はAMMのミーティング時にプールで試した時のもの。ハンドルを思い切りぶん回して「ナントカ」といった走り。すぐに回転がマイルドな範囲に落ちてしまうのも問題。
キャラクター頼みでジバニャン船長に乗ってもらいましたが、重くなった分余計にスピードダウン。ダメだこりゃ(^^;
そんなわけで今回の船は進水即引退です。「ゴム動力用」などのもっと大きなプロペラと軽い船体に変更して再挑戦ですね。夏の間に完成するのかしらん(^^;

[工作]
16 5/21
10:25
HOTARU
5月14・15日、静岡ホビーショー&モデラーズクラブ合同作品展に参加してきました。

いつもはマイカーで静岡まで行くのですが、今回は新幹線で。

可動戦車模型愛好会(おやぢ組みの展示ブース。



今年からひのき会長制作の走行用ジオラマが新しくなりました。
建物はどてやすさんのフルスクラッチ作品。
コップのフチの艦これフィギュアが1/35にちょうどいいサイズ(笑)

1/16サイズの戦車。

おやぢ組ブースでは本の作例のJS-2(タミヤ改造・1/35)を展示。
写真右下に写っている作品です。

カーモデルのクラブのダックテイルズさんでミアータ(タミヤ・1/24)と、如月千早のフィギュア(イベント限定レジンキット・1/24)を展示させていただきました。

続きを読む
[イベント]
16 4/26
22:04
HOTARU
4月17日に可動戦車模型愛好会の米原オフ会が開催されました。
今回は5月の静岡ホビーショーに向けて、ひのき会長制作の走行用ジオラマが一新されました。
まだ制作中ですが。
そのジオラマの上に並ぶ今回の参加車両群。


今回の気になった作品。
というか、あまり写真を撮らなかったので、ちゃんと撮っていた作品たちです。

山田さんのセンチュリオン。
タミヤの車体+AFVクラブの足回り

ひのき会長のBT-7とM3スチュアート。
BTはもちろん履帯でも装輪でもどちらのモードでも走行可能です。
足回りや履帯などに3Dプリントを多用した作品。

せいめいさんのT-28新旧。
手前のが新作。
マイコン制御で多彩なギミック!
ゲーム用コントローラーで操作できるのも面白いです。
戦車としての基本的な走行もとてもスムーズで完成度の高い作品です。
動画もぜひみてください!



1/16クラスの戦車。
M51はヒトっさんの作品。
なにげに鋳造車体になってます。
4号戦車はマルボールさんの作品で、なんとバンダイの1/15。
Figmaあんこうチームがやっと全員揃ったとのことでしたw
フィギュアはオーバースケールですが、キャラクターモデルとしてみればこれくらいの密度感があるほうが見栄えがいいですね。
シャーマンは私の作品。京商のiReceiverというスマートフォンで操作できるRCユニットを搭載しています。
車載カメラの画像を見ながらの操作ができます。
作品の紹介は以上です。続きを読む
[ラジコン戦車]
16 2/15
10:42
HOTARU
2月7日のワンダーフェスティバル2016冬に参加してきました。
ディーラーはいつもの『空想科学温泉街』
フィギュア班とラジコン戦車班です。
2卓で参加して各1卓づつで展示してるのですが、たぶん見に来た人は同じディーラーとは思わないんじゃなないかと(笑)
まずはフィギュア班。


全体はこんな感じ。
私は「御園千綾(ローリング☆ガールズ)」と「チルノ(東方Project)」

自分の販売物だけピンボケだったよ・・・
品場諸友さん
「熟練搭乗員妖精さん3+(艦これ)」「戦闘糧食妖精さん(艦これ)」

ゲイトリバーさん
「同田貫正国胸像(刀剣乱舞)」「フィンランド娘(Yonkoman paan sisalla 2)」

ラジコン戦車班

ひのきさんは赤外線コントロールユニットや、3Dプリントを使って1/35マウスをラジコン化したものの展示とそのデータCDを販売。
どてさんは1/35戦車をお手軽に可動サスに改造するキットを販売されました。
ラジコン戦車のデモ走行展示も好評でした。
ひのきさんと私の共著「1/35可動戦車模型の作り方(新紀元社)」も販売させていただきました!
『空想科学温泉街』は次回夏のワンフェスにも出展予定です。
おまけ
幕張へ向かい途中、新東名で車内から撮った富士山。
富士山がきれいに見えるといつもつい撮ってしまいます(笑)

ワンダーフェスティバル
15 11/10
15:22
HOTARU
11月8日に神戸で開催されたトレジャーフェスタ。
「御機嫌如何」でディーラー参加してきました。
今回の販売物は東方Projectの「チルノ」


チルノは見本を作りなおして後日あらためて紹介します。
次回のトレフェス有明(12/13)でも再販予定です。
[イベント]
15:12
HOTARU
10月25日に可動戦車模型愛好会の米原オフ会が開催されました。
今回のオフ会では動画を撮影・編集してくださった参加者がおられます。
動く模型は静止画像ではなかなか伝わらないことが多いのですが、動画だととてもわかりやすいです。

当日の参加車両たち。




その他は続きでどうぞ。続きを読む
[ラジコン戦車]
15 10/11
19:20
なでぃりん
タミヤのイージーエイトのレビューを書いた時に、「CFM製砲塔は国内に現存してない模様」などとろくに調べもせずに書いたら大間違いだったという顛末…w


今日の昼間にリツイートされてきたこのツイートに写っている個体がどうもCFM製砲塔を載せているように見えたのが発端。


「え、玖珠の駐屯地にイージーエイトが残ってるの? 全然知らなかった…」というわけでググってみたら、こちらのブログが引っかかりました↓
玖珠駐屯地に展示される陸上自衛隊M4シャーマン戦車
これはどう見てもCFM製砲塔、しかも同軸機銃がM2機銃っぽくなってるところも興味深い。もしや現役当時もこんな改造を施して運用されていたのでは?と想像するのもまた楽しい。
しかもこの個体、よく見るとスプロケットも初期によく見られた肉抜きのあるタイプで、イージーエイトとしてはかなり珍しい仕様になってる。HVSSの取り付け基部を見てみたい気がする、場合によってはM4A3(76)wからの改造だったりするかもしれないし。タミヤとタスカ(ASUKA)のイージーエイトが全く同じ仕様になったのは、同じ個体を取材したせいだと思われけど、多分それは富士学校に保存されてる車体だと思うのね。で、他の施設にも現存するのではないかと思っていたところにブリキヲさんのこんなツイートが流れてきました。


これを頼りにググッて見た画像検索の結果がこちら
玖珠シャーマン
富士学校 シャーマン
土浦 シャーマン
防衛大学 シャーマン
こうして比較してみるとASF製砲塔が2個体、CFM製砲塔が2個体とちょうど半々になってるのね。で、どうもタミヤとタスカ(ASUKA)が取材したのは「地元静岡、富士学校に現存する個体」だった模様。そりゃ仕様が全く同じになるのは当然だよねw でも、なにも九州は大分の玖珠まで飛ばなくてもお隣の神奈川県の防衛大学にCFM製砲塔を載せた個体が現存してるんだから、タミヤにはこっちを取材して模型化して欲しかったなーと「事実を知った」後知恵で思うなどw
今後自衛隊仕様なども模型化される可能性ががあるが、その時にCFM製砲塔を新規金型で起こしてもらえるようにするには、まずは今回のイージーエイトがバカ売れせねばならないと思うので、これはお布施するしか無いよね?w
[シャーマン戦車]
15 8/31
08:51
謎だ!Ohara
あいにくの空模様でしたが、無事開催
ここ数年は、水ものオフの使い回しで
クラウンの伊勢 大和 新作なのはニチモ30cmの武蔵
成績は、S-1速い方3位 フルハル遅い方3位だったかな?

ヒロさんの3回目くらいの改装後

スプリンガータグが今年の流行?

Morizouさんのスケール感たっぷりのボート群

ワンフェスで見た 97式戦車も水上走行?!

ではまた来年お会いしましょう!
15 7/26
19:30
謎だ!Ohara

証拠画像

どてさんのサスペンション他 無駄遣い

3Dプリンタで製作された1/16 チハ 参考出品

メガソフビ キットバージョン?!

ウルトラホーク! かっこいいねー!

サイバーフォーミュラ

1/350 島風 多色成型 接着剤不要 いい時代になった(^^; 

それではまた冬にお会いしましょう!
15 5/17
07:35
謎だ!Ohara
毎度おなじみの 静岡ホビーショーです。
今回はタミヤのモスキート パンターDとか ハセガワのウィーゴとか島風とか
アオシマの磁力牽引車シングル サンダーバード4号・・
色々あるんですが・・ 

毎年同じ? とりあえず年号が入ってますので今年の(^^;

無駄遣いはモデラーズフリマで海洋堂の500円くじ くらい

アオシマのZ2!

今回一番見たかったのが、アオシマのDD51 OJです!!
ハセガワMODEMO的な、走る下回りの展開も期待!!!
15 1/18
18:35
人口精霊
こんばんは。(こんにちは。)
年が明けて、1月も後半に入りましたね。
5月の静岡ホビーショーまで残り4か月を切りました。(汗)
で、少しずつ作り溜めていた作品で、今年のSHSの看板娘を
決めてみました。
ブログモデラーズの看板娘は、「星巡る方舟」の
この二人にしようと思っています。
なんか、真っ青!な色合いになってます。(笑)
映画を観て、即製作だった二人です。
突然ですが、映画泥棒はNG!。
(正月、映画の始まりを待っている時にガシャポンしました。笑)
あと、お年玉?(笑)で改造素体の補充もしました。
また、しばらく改造を楽しめそうです。
次の作品製作企画を考えねば!。
では、また。

[おもちゃ]
13 12/31
13:46
平野克巳
 愛猫ジェムが逝った。まさに一年の最後たる大晦日の早朝、家内の腕に抱かれて静かに息をひきとった。1991年生まれであるから、享年22歳の大往生である。当該ブログを古くから閲覧して下さっている方、またモデルカーズを初期からご愛読下さっていた方なら、ジェムという猫の存在は多少なりともご記憶下さっているかもしれない。シャム猫のミックスで、仕事先の友人である静岡は焼津のワラシナ自動車(現ワラシナカーズ)の部品倉庫で生を受け、たまたま遊びに伺っていた時に発見されて私が貰い受けた。ジェムの名の由来はショールームのミニジェムの上でミーミー鳴いていたからである。以後、ずっと我が家で生活を共にして来た猫である。22年の間には様々な思い出が残されている。三度にわたる引っ越しや今ではそれぞれが独り立ちしていった子供たちの成長、多くの友人や仲間との出会いや別れ、そして何よりも私の仕事の栄華盛衰、それは沢山の移り変わりを共に過ごして来た。私が猫と暮らすようになる切っ掛けを作った最初の猫であり、私の最も愛した猫であった。
 街の喧騒とは無縁の大晦日の今日、私は独り静かにジェムとの日々を振り返っては噛み締めている。手のひらに乗るほどに小さかった幼少時代。一晩中炬燵で暖めて、二時間おきにオモチャの哺乳瓶でミルクを飲ませたこと。排便も排尿もどうしても巧くさせてやれず、お腹がパンパンに膨れ上がってしまい、半泣きになって動物病院に駆け込んだ夜中。獣医師の勧めで毎日野菜のお粥を煮ては食べさせた幼少期。私が出かけようとすると、玄関で「行くな」といつまでも鳴いていた若い頃。写真家の浅井慎平氏に写真を撮っていただいた壮年期。猫が居ることで泊まりの家族旅行など一度も行かれなかったが、それでも子供たち皆に愛されたジェム。あのこやキャルに先立たれても、ずっと我が家の家長猫として君臨し続けたジェム。ミックスとはいえシャムの血統ゆえに気高く、人や他の猫におもねる態度など一切見せなかったジェム。それでも私とだけはいつもアイコンタクトをしてくれて、決して目を逸らすことのなかったジェム。ペットフードよりも人の食べ物が好きで、アイスや生クリームには目のなかったジェム。完全に足腰が立たなくなり寝たきりとなってしまった死の数日前まで、私の帰宅を玄関で迎えてくれることを欠かさなかったジェム。それこそ飛ぶように階段を駆け上り駆け下りた若い頃から、這いずるように大儀そうな最後の最後までジェムのお出迎えは続いた。もう帰宅してもあの姿も声もない。
 小さな儚い命だが大きな存在であり、私にとってその喪失感は計り知れぬほどに大きい。命を見送ることは余りにも哀しく寂しいものだ。私はこれまでに多くの友人や猫を見送った。そして、いつか今度は私が見送られる番となる。この世に永遠などなく、ましてや不滅の命などない。だから人生は美しく愛おしい。
11 7/29
11:17
モリナガ・ヨウ
 先日のワンダーフェスティバルでサイン会なんぞした
『プラモ迷宮日記』第一集 「フィールドグレイの巻」が
発売になります。
みなさまよろしくご贔屓の程を・・・。
でも、戦車のプラモに特化している内容なので、書店様などで内容を確認してからお買い求めになられたほうがいいかも知れません?!
11:17
モリナガ・ヨウ
 先日のワンダーフェスティバルでサイン会なんぞした
『プラモ迷宮日記』第一集 「フィールドグレイの巻」が
発売になります。
みなさまよろしくご贔屓の程を・・・。
でも、戦車のプラモに特化している内容なので、書店様などで内容を確認してからお買い求めになられたほうがいいかも知れません?!
08 8/2
10:11
かのー

AFVクラブの1/35 M1126 ストライカーです。春に作って静岡ホビーショーにもっていったものです。 
詳しくはこちらで、よろしかったらみてやってください。

[模型]
08 7/29
23:30
Taka3
 7/27に終わった「ツールドフランス」はサイコーーー
  会社から戻って来てTVをつければ、ハイビジョンできれいな
 映像で、レースの状況やきれいな城やアルプスの背景やセーヌ川
 など1ヶ月は存分に楽しめました。
   日本にいながら、最後のパリの周回コースは、毎年見ている関係で
 このセーヌ川の左に折れて、コンコルド広場が見えて・・・
  この地域には詳しくなりました。
  この次に覚えたエリアは静岡かな???
  このレースは、自転車で、EUの数カ国を回るレースで、過酷ですが
  チーム内でエースを助ける人や引き役などチーム分担は分かれいて
  時には、チーム間をまたいで協力したり、反発したり、疲れているフリ
  して、ゴール前のスプリントでは、どうしてこんなに早いのとか
   毎年筋書きがないドラマの数々で、新鮮でおもしろいです。
   そのうち生で見たいのですが、実際は、30~40kmぐらいで
  走っていくので、じっくりは見れないかも。   
  
[終わったtour de france]
07 9/12
13:46
アオシマ
半年振りのブログです。

アオシマは今年もプラモデルラジコンショー @幕張メッセに出展します。
10月11日~14日
一般公開は13日(土)と14日(日)になります。

http://business1.plala.or.jp/plamodel/

しかし・・・・
残念なお知らせですが、今年は会場からのレポートができません。。。
(´Д⊂ヽ
最新情報や画像をお知らせできず・・ごめんなさい。

商品紹介は、これまでどおりアオシマWEBサイトで見ることができます。
アオシマニュースにも掲載されるためそちらもご覧下さい。

当日来場される方はぜひアオシマブースも見にきてくださいね。
宜しくお願いします。
[未分類]
07 5/20
15:56
アオシマ
4日間の46回静岡ホビーショーも16時で終わります。


来場していただいた方、ブログを見にきていただいた方
有難うございました。

まだまだお客さんはいらっしゃいますが、そろそろ終わりになりそうです。

次のアオシマ出展見本市は、幕張メッセで10月開催です。
来年はまた5月に静岡で開催です。

(*・∀・)ノ【また会いましょう!】
[未分類]
14:31
アオシマ
静岡のホビーショーでは、モデラーズクラブ合同展示会をいつも
やっています。今回も見てきました。

アオシマ製品を使ってどんな作品になっているのかいつも楽しみです。

色々見てきたのでちょっと紹介。

今度、プラモデル再販します。西部警察。


ジオラマの中にうまくはまっていて、上手でした。



アオシマの電気機関車!
私は自社カタログの中でしか見たことなかったので感動です。


ラッピングバス!
うまく貼れるものだと感心しました。すごいです。


サンダーバード秘密基地。
打ち寄せる波も再現してあってきれいでした。


知る人ぞ知る?!
ネトラン付録にもなった
中華キャノンです。
シルバーの感じがとってもよかったです。完成品は初めて見ました。

写真撮らせていただき、ご協力有難うございました。

[未分類]

(該当記事44件)


 [ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード