[ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード
旧twinstars参加者のブログや模型関連ブログの最新記事です。
現在は20分間隔で自動巡回していますが、負荷調整のため不定期に巡回を停止することがあります。

ツイッター配布

【新】→スマホ版(α版)はこちら
キーワード: コミケ WF ワンフェス ワンダーフェスティバル ビッグサイト 船の科学館 静岡 フリマ 日版権 ディーラー   を含む
 テーマ検索


~ コミュニケーション ~

~ 模型通販ショップ ~
 おしらせ
 検索&セッティング
キーワード: (空欄で全記事表示)
  を含み
  を除く
 
(設定は表示結果をブックマーク)
表示方法:
 すべて展開表示
 題名だけ表示
   まで展開表示

表示記事数:  まで

初期メニューパターン:
 [おしらせ]だけ開く
 [テーマ]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[テーマ]を開く
 全部開く 全部閉じる

 ターゲットブログリスト

~ ソーシャルリンク ~

時系列順ブログ記事(対象記事数:658)
6/26
11:34
あおこ/くま
こんばんは! 月曜の人のひとり、モリワキです。先程知った事実なのですが… 虫歯ができていました。もう歯は生えてこないので、気をつけていたのですが…ショックですね… リューターで虫歯を削ってシリコンで型とり、レジンで複製して詰め物を作らないとです。金型を掘って合金でもいいですねぇ!新世紀合金差し歯!  …歯医者にいこう。  そんなことより、只今キャラクターチームはワンフェスの限定品づくり真っ最中です。お知らせできるのはまた直前になるかと思いますが、お楽しみにしていてくださいね!  今日はちょうどお知らせできるものがなくて残念です…また次回!ごきげんよう!
6/23
18:21
アラーキー

大河原邦男さん。
言わずと知れたメカデザイナーの巨匠。
なんと現在69歳!

彼が居なかったら今頃の日本のアニメ界のあり方が変わっていたかもしれません。
代表作ガンダムでは独特のタッチのイラストも多数発表していて、イラストレーターとしても人気がありますね。この独特とコントラストの効いた、陰影、むっちりしたプロポーションの絵!最高~~~。

ゴワッパー5、サンボット3、ダイターン3、ガンダム、ボトムズ、ダグラム、レイズナー‥‥あげればキリがないほどのロボットが主人公のアニメ作品は、皆彼の手によるアウトプット。
どれもが未だに色あせないデザインばかりです。
デザインといえば‥‥、
私も3年前までは、家電メーカーのプロダクトデザインを担当していたデザイナーでした。
流石に家電製品の寿命は短く、市場に出ると約1年ほどでモデルチェンジしてしまいます。家庭に入ったデザインでも10年も使われて買い替えられる運命に。
大河原さんのように、いつまでも皆に愛される様なデザインを残すことができなかったのが心の残りなのですが‥‥
実は、私と大河原邦男さんには接点があるのです!
私が勤めていた会社で23年勤めており、その期間には家電製品(掃除機、冷蔵庫、洗濯機、食器洗器、ウォータークーラー)、AV機器(TV、ビデオ、DVDプレーヤー)、PC(ノートパソコン)、などなど様々なデザインを担当しておりました。
洗濯機のデザインを担当していた2007年に、東芝が、ヤッターマンとタイアップを行なった、とても力の入れたキャンペーンを展開していたのです。
「ヤッターマン×トウシバ」

10年前の話ですので、今はすでにサイトは閉じてしまいましたが、完成度の高い、オリジナルのアニメなどを作っており、家電量販店でも映像が流れておりました。
とてもとても気合いの入ったサイトでした。
↓なんとアッキーナ(南明菜さん)ともコラボしていたCM動画がYouTubeにUPされていました。
なつかしい~

当時社員としてこのキャンペーンは知ってはいましたが、営業部門が独自に行なっていた為に、私が在籍していたデザインセンターは特に関与しておりませんでした。
ある日、サイトを見てビックリ!
なななななんと!!!
私がデザインしたヒートポンプ式ドラム洗をモチーフにしてあの大河原邦男先生によるヤッターマンのビックリドッキリメカがデザインされていたんです!!!!!

大河原タッチで、いかにも!という絵!
おおおおおぉおおおおお!!これは、いわゆる、大河原邦男氏が手がけた数々のメカデザインの1つとしてカウントされるということですよね!(かなり広い意味で)
こちらは私がデザインしたオリジナルの洗濯機。ヒートポンプ式のドラム式洗濯機。当時のCMキャラクターが阿部寛さんと天海祐希さんという贅沢な夫婦。

まぁ完全なオリジナルのデザインという訳ではありませんが、勝手に「情景師アラーキーコラボ」と思っています。
この時にはもう人生的に「上がり」だと思いました。
なんでこの時の大河原邦男さんとの打ち合せに、ドラム洗担当デザイナーの僕を呼んでくれなかったのかなぁ。。。

さて、本題のヤッターマンですがフラッシュアニメで、まるで本編なみに見応えのあるストーリーにまとめられていました。
10話まで展開されており、様々な家電を紹介しながらストーリーに上手く盛り込んだ内容になっていました。数々の大河原デザインのビックリドッキリメカ家電のなかでもドラム洗は擬人化し易くデザイン的にも完成されているかもしれません。

第10話「ヒートポンプで洗うんだコロン」
その当時に、アニメ映像をチマチマとスクリーンショットを撮っておりましたので簡単ながらストーリーを紹介いたします。

ご存知3悪人。  右からボヤッキー、ドロンジョ、トンズラー。
もちろん
ボヤッキーの名台詞「全国の女子高生の皆様~♫」もあり!

各回のストーリーは、募集したオリジナルデザインのコンペにより、ドロンジョのメカを選出するという凝った台本!
たしか、小学生の女の子の考えたメカでした。
(あれから10年、彼女は何をしているのやら、これが切っ掛けでアニメ業界のデザインとかやっていたらいいなぁ)

そのいかにも子供が書いたイラストから、結構マトモなメカにまとまりました。名称「フラワーゴー」。

さて、この「フラワーゴウ」の花粉攻撃でヤッターペリカン がエンジントラブルが起きて墜落!
もちろん、操縦者の主役の2人、ガンちゃん(ヤッターマン1号)とアイちゃん(ヤッターマン2号)も花粉まみれで、戦意喪失。。。

そして、やってきました今週のビックリドッキリメカ!!


          
合体だ!!

小さい奴らが合体して大きなヒートポンプドラムメカ2体が誕生!!
隊長はちょっとヒゲが生えていたり。

扉を開けると、その内側にも顔がある、ツーフェイスデザイン!(笑)

ガンちゃん&アイちゃんのコスチュームを瞬時に洗って、おまけにヤッタ-ペリカンも綺麗になって反撃!

これまたお約束の最期の爆発。

最期の勝利のポーズ

最期もお約束の3連自転車での逃走。
毎回思うのですが、あれだけの爆発を起こしておきながら、この逃走用自転車は無傷。ドロンジョ一家の危機管理能力の高さと、この自転車の耐久性を改めて評価したいです!

メーカーのサイトが閉じれば、この映像も、事実も解らずじまい。あの時に一生懸命スクリーンショットを撮っておいてよかった。。。
大変貴重な大河原デザインのお話でした。
こんなチャンスに恵まれるプロダクトデザイナーはめったにいない(いや、おそらく他には居ない)と思いますので、このヒートポンプドラムロボを立体化したいと企んでいます。
ちなみに、この記事を書く為に、サイトで下調べをしたのですが、なんと当時、各家電メカのペーパークラフトのダウンロードサービスまで行なっていたようです。欲しかった~~~!!!(この画像データしか見つかりませんでした)

          
<定期PR>
※2016年8月に発売された私の初のジオラマHow to写真集
「作る!超リアルなジオラマ」
現在5刷突入で好評発売中です!


                 
※私の初の作品/エッセイ集「凄い!ジオラマ」好評発売中!
おかげさまで4/28で発売後2周年を迎えました。現在6刷突入です。


                
私が新作ジオラマを作り起こし、掲載されているメカトロウィーゴの魅力が詰まった本「みんなのメカトロウィーゴ」も好評発売中!こちらの作品集は、親指サイズのメカトロウィーゴのフィギュア+メカトロウィーゴの持ち運びに最適な鞄が着いていてお得なんですよ♫

                 
※このBlogをスマートフォンでご覧の方、スマートフォン表示ではなく、「PCモード表示」にすると、過去の記事の検索や、問い合わせの為のメール送信のフォームがご覧いただけます。
[大河原ファミリー]
12:34
あおこ/くま
こんにちは 金曜日の人です。 
今週21日の水曜日、静岡ホビーショーの代休を使わせて頂き、先日100円でゲットした「夏を乗り切るための足グルマ」を引き取りに名古屋方面へ向かいました。
朝早めに出て、午前中の内に引き取りを完了し、ランチは名古屋メシでも食べつつ、秋売り新製品の取材をして、早めのディナーは気になっていた浜松のラーメン屋さんへ寄ってみよう
 …なんて行程を思い描いていたのですが、実際は大雨に翻弄されまくり、そんな予定はぶっ飛んでしまいました。行きは最寄りの駅から掛川駅まで東海道線、掛川から名古屋まで新幹線でその先は名鉄の予定だったのですが、東海道線が掛川の手前で止まってしまい30分近く動かず。やっと掛川駅まで着いたと思ったら新幹線も大幅に遅れており、到着時間の見込みがつかないとの事。
開き直って駅構内のお店でランチを済ましたタイミングでこだま号入線
とりあえず飛び乗りました…これが失敗だったのかも知れませんが。するすると動き出したこだま号は全速運転することもなく、しばらく走るとゆっくり止まってしまいました。
聞こえてきたアナウンスは「雨が規定量に達した為、運転を見合わせる」とのこと。
ん~参った。止まってから直ぐに寝てしまったのですが、目が覚めても窓の外には同じ景色。時間は20分程進んでいました。
その後ゆっくりと浜松駅まで移動し、ここでも数十分停車。この辺りで余裕が有ったはずの待ち合わせ時間に間に合わなくなり、段々とイラダチモード
が顔を出します。こんなとこでイラついても何ともならんし、そもそも誰も悪くない。こんな荒天の日にワザワザ出かけた自分が悪いのです。
でも携帯の電池は残りわずか。乗ってる車輛は初期の700系なので近くにはコンセントも無く…

先方に新幹線が止まり遅れていることは伝えているものの、連絡が出来なくなるのは非常にツラい…
冷静を装いながらもイラダチMAXになりそうな頃「信号が変わり次第運転を再開します」のアナウンス。とりあえずホッとしてまた寝落ち…
気がついたら三河安城駅に停車していました。時計は14時過ぎ。電車に乗ってから既に3時間以上経っています。
しばらくすると「当列車は三河安城駅で14時35分頃まで停車します」とアナウンス。
すぐにこだま号を降りて待合室へ。やった
予想通り充電可能なエリアが有りました。
既に落ちていたスマホの電源を入れ、まずは先方へ連絡。この頃にはニュースでも扱われていたらしく、先方にも心配されとりあえず無問題。
続いていろいろ検索すると新幹線は止まっているが、並行する東海道線は動いているらしい。
グーグル先生に名古屋までの所要時間を聞いてみると、新幹線と在来線の時間差は20分程度。
おっと
だったらいつ動くか当てにならない新幹線を待つより、とりあえず時間の読める在来線で向かおうと方針転換し、在来線ホームへ。すると五分も待たずに普通列車岐阜行きが入線。座れると良いなぁと思いながら乗りこんだらガラガラでした。
その後は順調で、懐かしの金山駅で名鉄に乗り換え、目的地に着いたのは16時過ぎ。
本来なら2時間半弱で到着する予定が、6時間以上かかってしまいました…でも同日夜に発生した停電に巻き込まれた人達に比べればまだマシな方ですね…
アレは気の毒だ。
     さてさて今日も与太話が長くて申し訳ないです。    
今日までに仕込みの終わった6月売り新製品の御紹介~ 1/32ヘビーフレイトNo.02日野プロフィアテラヴィFRハイスター短尺バン&サーモキング はいパケパケ~ はいはいデカール~ んでから試作かんせいひ~ん ヨコヨコでおま~~ ウッシロ~
と、こんな感じでございます。
今回の新金型部品は速度灯が無くなった最終型仕様のハイルーフです。他にも地味に金型を直しているのですが、目立つ部分ではありませんので誰も気が付かないと思いつつ、一応改良です。
今回のテラヴィは、元々水郷佐原の名車を取材させて頂き商品化したものですが、今回ヘビーフレイトシリーズへ
組み込む為、細部の仕様が変わっています。又、久しぶりに22.5インチのメッキ鉄チンが入りますので、探しておられたお客様は是非チェックしてみてください。
     ハイ次ザ☆モデルカーNo.47 1/24 ニッサン GC110 スカイライン2000GT '72 
まずはパッケージ~
デカール~新規エッチング~
試作完成品~
テール~ 
こんな感じです。
今年はスカイライン生誕60周年のアニバーサリーイヤーですので、今回も記念パッケージとなっております。
来年以降は通常箱に戻りますので、今のうちにキッチリゲットしてください。
で、デカールの方は今回もザ・チューニングカーリスペクトで作ってみました。
どこにも表記していませんが、今回のヨンメリには、パッケージに描かれている新金型の純正フルキャップに加え、スピードスターのマークIIIと従来からあるケンメリ後期型用純正鉄チンが付いてきます。しかもマークIIIは何故かメッキまでしちゃってサービス満点

そして前後グリルの新造が今回の目玉です。もちろんグリル新造といってもボディは従前のモノを使いますので、完璧では無いかも知れませんが、だいぶ進化したかと思います。
そしてあふれるケンメリ愛が抑えきれず、エッチングも2000GT用を新造しました。
デカールにも同じエンブレムが入っていますので、お好きな方を選んでお使いください。余った方を手持ちのキットに流用してもイイですね
そんなわけでヨンメリGTは6月下旬の発送予定となっております。ご予約がまだのお客様は是非お近くのプラモデル屋さんへどうぞ。  で、最近のザ☆モデルカーシリーズは順次「アルミナンバープレート」の標準装備化を進めています。
デカールに入っている文字だけのナンバープレートはそのためのものです。
是非使ってみてください
            そんなこんなで今週はここまで。ではまた来週金曜です。み~ぎむいぃてひ~だりむいて ばいちゃばーいちゃ                    
6/22
17:24
あおこ/くま
今週もこんにちは、なんでも屋Umiです。
去年に引き続き、「福井プラホビーコンテスト」に参加させていただきました。
福井市のショッピングセンター内にて年1回開催されるプラモデルコンテストで、モデラーの方が製作したプラモデルの展示の他に、各模型メーカーの新製品の展示や小さいお子様も楽しめるプラモデル工作教室など、世代を問わずにプラモデルを楽しめるイベントです。
今回は22回目となり(アオシマは第20回より参加させていただいております)、展示された作品は北陸はもちろんですが大阪・奈良・兵庫と広い地域から800点を超える応募があり、とにかく規模が大きいプラモデルコンテストです。
展示の作品も、ただ作るだけでなく、いろいろとアイデアが詰め込まれており見てて飽きない作品ばかり。
ぜひ来年も参加させていただければと思います。
アオシマの展示はこんな感じ

※↑私ではございません
アオシマ賞はこの作品「クルマのプラモデルは初めて」ということでしたが、難しい白黒パンダカラーもきれいに塗り分けられておりました。
会場がとにかく広いんです。小学校の体育館くらいの広さがあります。この写真はまだ始まったばかりの時間帯で、多い時にはこの会場を埋め尽くすほどの人が来ておりました。

いろんなFC・FDを製作された方も
 かなり作りこまれたDD51も
主催の皆様、出展されたメーカー様、2日間お疲れ様でした。
もちろん福井名物の「ソースかつ丼」も食べましたよ!
ホントに美味いんです!!
福井駅前でいつも戦闘中のフクイラプトル

それではまた来週。
6/14
20:22
あおこ/くま
こんばんは! 今週末の6/18(日)は、都立産業貿易センター台東館にて、小物満載でたーのしー!イベントであります「AK-GARDEN」が開催されます。 アオシマも出展(A-13,14スペース)となりますが、せっかくなので何か面白い事ができないかということで・・・弊社取扱いのカプセルトイ「三輪車コレクション」に、当イベントに参加する各企業様より協賛いただき、各社を代表するキャラクターを三輪車のサドルシールにして販売することが決定しました!!何気に凄いです。多重版権…なかなかこんな機会は滅多にないですよー!1回税込300円、1個お買い上げにつき1枚お渡しいたします。ガチャ筐体をもっていきますので、100円玉を用意していただけますとー。※数量は少なめです。状況によっては購入制限させていただく場合もございます。この三輪車ですが、ミニフィギュア的なものにはすごくちょうど良くて、デスクトップアーミーさんは特にぴったりだったりします。強い。。。二人乗りもノリノリ(良い子はマネしないようにネ)リトルアーモリーのような可動フィギュアもいけます。とっさの防御にも使えそうですね(サドルのヤツの行く末は知らない) そしてさきほど製品のシールも到着しました~~!©AOSHIMA BUNKA KYOZAI Co,.Ltd. All rights reserved.©AZONEINTERNATIONAL/acus ©acus/しのづかあつと©MegaHouse ©Project NIPAKO illustration by 大川ぶくぶ©2013TOMYTEC illustration by ふゆの春秋© KOTOBUKIYA・RAMPAGE ©Masaki Apsy©2017 AK-GARDEN All Rights Reserved. 以上、AK-GARDEN主催のガデ子様、協賛各社様ありがとうございました!当日はドールのイベントも併設されているとのこと、見て来て楽しいイベントですのでどうぞ皆様ご来場くださいませ!!
6/12
12:08
あおこ/くま
こんにちは カプセルトイ担当をしております まりぃです。 静岡は梅雨入り宣言させたのにも関わらず連日お天気に恵まれ雨は好かない私としては嬉しいです さて、本日は過去発売されたカプセルトイの紹介をさせていただきます。 2015年に発売されました「デフォルメ連合艦隊vol.1」です。 手のひらサイズの可愛い艦隊達です   ちっちゃい戦闘機もついています。  なんと、ウォーターライン仕様にもなるのです。       ズズザザザズズズ ザッパーン  ざっぱーん  ずざざざざざ   「キャー遅刻遅刻ぅ」   今回使用させていただいた波はFunny Knights艦隊これくしょん -艦これ- 1/7 摩耶改二イベント限定エフェクト版 とてもいい感じです。  ちなみに、2年前に販売したためあまり町では見かけません。  今でもありがたいことにお問い合わせが多いので「デフォルメ連合艦隊vol.1」9月に再販決定しました   お見かけしたら是非ガチャガチャしてください  ご精読ありがとうございました。それでは、より良い日をお過ごしくださいませ。  
6/8
20:47
どろぼうひげ
ModelGraphix誌 2017.07 No.392 へ掲載して頂いた、バンダイ 1/2 BB-8の完成画像です(^^♪
大きい事はよいことですね。
1/2となると、更にBB-8が可愛く感じます。
今回はポップな塗装とフル電飾、そして頭部が旋回しておしゃべりもしちゃう、可愛らしさを引き出す仕上がりとしました。

キットでは、標準で赤いフォトレセプターが点灯し、別売の電飾ユニットを組み込む事で、頭部の4箇所を発光させる事が可能です。
頭部の電飾に加えて、身体の各所も全て点灯する電飾を加えました。
PICマイコンで、ゆっくりと明減させています。

バーナーアームは取り外し式ですが、先端に青色のチップLEDを仕込み、立てた時だけ点灯する仕組みになっています。

バーナーアームの差込口も、一段奥の部分に差し込む様に変更し、より劇中の様子に近付けています。

ルークの居場所を記録したチップが収納されるホルダーも、引き出してチップを取り出す事が可能です。

ベースのロゴは、ちょっと変わった方法で、文字のエッジが浮かび上がる電飾にしました。

外装の一部が、磁石で引き付ける事で外れます。

内部にある、電飾を明減させるPICマイコン、MP3プレーヤー、アンプのボリュームなどにアクセスする事が可能です。
頭部の旋回の様子や、おしゃべりの様子は動画で見て頂いた方が判り易いと思います。
YouTubeに、簡単な紹介動画をアップしましたので、是非ご覧下さい!

※1’35” BGMがあります。

大きくて可愛いBB-8は、見ているだけで癒されますね(^_^*)
インテリアとして、いかがでしょうか?

[1/2 BB-8 製作記]
5/29
18:18
昨日のデザインフェスタにお越しいただきました方は、いらっしゃいますでしょうか?
生憎僕は依頼品ソフビの塗装を行っていて、二日間とも行けませんでした。
自分が彩色しましたマウントゴリラのみが、商品として会場に参列しておりました。
大変盛況で楽しく盛り上がったイベントだったそうで、出展者の報告等を見て、こちらも嬉しく感じました。
さて、会場販売されましたミントグリーンのマウントゴリラ第20期ですが、この度少数ではありますが、Oneup.さんのところでネット通販される運びとなりました。
5月30日(火)の午後9時から、Oneup.さんのHP通販欄にて受付開始です。
少数限定となりますので、ご希望のお方はくれぐれもお見逃しなく願います。
(販売情報に関しましては追加を書き込み予定です。
 このブログ頁を再度ご覧になってください。)
毎回、全国のアーティスト達が参加する芸術祭デザインフェスタ、今回も沢山の参加者と来場者で賑わった様です。
この楽しいイベントが今後も存続して、多くの創造を生み出してくれる事を望んでおります。
追加情報です
Oneup.さんからの正式情報で、デザフェス販売品の通販が開始されます。
予定通り、今晩の30日午後9時からです。
Oneup.さんの通販及びデザフェスレポートのブログ紹介は、以下の通りです。
http://oneup-blog.jugem.jp/?eid=3687

[練習用]
5/28
13:40
Rfive
いやー、終わってしまいました。=(^.^)=
正式に展示会は、2012以来ですので
5年ぶりでしょうか。
第一回の宮崎メカ模型クラブの合同展示会から3度の転勤経験するとは、、(T-T)
人生いろいろですねー。
さて、復活祭としては、新作だ!
で、以下製作。
あ、あ、あ、廃材、、にしか
見えない…(-_-)zzz
これは、未来少年コナンより
RCイカダ ‼
進水式が楽しみーー多分…
第一回の展示会のこと、
思い出してましたね、静岡でわ。
斜め前のブースは、もけじょのオオゴシ嬢がいらしたので、
「あー、カラオケ屋で会ったなあー」とか
「メーカーブース元気ねーなぁ、特に
ラジコン…頑張れ」とか。
いろいろな想いの参加となりました。
ふと 考えることは、
所謂、継続は力なり。
でなく、
『断続は力なり。』
若い人たちも、環境の変化で
いろいろ経験すると想いますが
また、いつか、どこかで
のために断続でいいかと思います。
そこには、成長した自分が
いますよ、きっと…
2017.05.28 Rfive
[練習用]
5/25
20:46
どろぼうひげ
今月のModelGraphix誌 2017.07 No.392 へ、バンダイ 1/2 BB-8を掲載して頂きました(^^♪

模型にとって、大きいという事は良い事ですね。
BB-8は、とってもキュートで可愛いです(^_^*)
今回は、更に可愛らしくするために、オレンジを濃くしてポップに仕上げました。

純正の電飾ユニットは頭部だけですが、身体の各所も全て点灯させています。
もちろん、メモリーチップのホルダーや、バーナーも点灯しますが、今回は更に欲張って、首を左右に振ったり、おしゃべりする機能も追加してみました。
Youtubeに簡単な動画をアップしてみましたので、ぜひご覧下さい(^^)/

※1'35" BGMがあります。
頃合を見て、製作記も連載致しますが、まずは誌面でご確認下さい!
よろしくお願いします(^^)/

[1/2 BB-8 製作記]
14:16
日本のみならず世界規模で、個性豊かなアーティスト達が集うアートイベント「デザインフェスタ」が、今週末の5月27(土)28(日)に東京ビッグサイトで開催されます。
今回で45回目です。
http://designfesta.com/
僕も過去に数回、ソフビ仲間達と出展参加した事がございます。
今回もオリジナル怪獣ソフビの有志達が集い、ブース販売いたします。
そふび道 F505~508
様々な新作ソフビがお目見えし居並ぶ中を、マウントゴリラの新規彩色版が登場します。
マウントゴリラ第20期 デザフェスミント版
ミントグリーンの美しいソフビ素体です。
成形色を活かして塗装を施しました。
そして恒例のゴリラ集団祭りです。
デザインフェスタにミントゴリラが出現です。
当日会場でお会いしましょう。
デザフェス後に、Oneup.さんから少数通販が予定されています。
今回もよろしくお願いします。

[練習用]
5/16
23:56
MACK
ども、静岡に行けなくて、
スマホでホビーショーの画像見ながら
地団駄踏みまくってたMACKです、
来年は何がなんでも行く!!!!
つもり(^o^;
ではさっそく
宮崎メカ模型クラブのメンバーの方などが撮ってくれた写真を

と言ってもこれくらいしかありません、、、(・。・;
なので製作中の写真もちょびっとご紹介
いつものようにフィルムコミックを真似て描き描き、
なんと映画の中ではルイーゼは2カットしか出ません、、、

今回も石粉粘土を芯にして、
スカルピーで造形、足かけ二週間ぐらい、
あーでもない。こうでもないとコネコネ



シリコンで型取り、レジンで中空複製して眼にビー玉を仕込みました
バロンは緑、ルイーゼは青です
小物の花束は

コピー紙を切り抜いて花びらを
葉っぱはお弁当に入ってるから緑色の仕切り、バランです
コピー紙は田宮接着剤でコーティングしたので薄いプラバンみたいになります
以上です!
ジブリの公式グッズのオルゴールのほうが小顔で可愛くて、、、
それは置いときましょう(ーー;)
宮崎メカ模型クラブには
会長の特大バラクーダ号の輪切り、
その中にはノウミソアキラさん製作のコナンやジムシィ
ソラキオさんの地球屋
小宮さんの羽ばたくウシアブ
腰痛さんの巨神兵
などなど、盛りだくさんだった模様
私もあんまり見られてない(主にツィッター)のです
気になるかたは検索ケンサク〜!!
ルイーゼのあと、じつはもう一つ締め切りがありました
姪っ子の結婚式のためのウェルカムボードを描いてまして、
そちらも無事完成しましたので、
ミッションコンプリート、次はプラモ再開したいです
ではでは!
[その他趣味]
09:40
ひのき
今年も無事 静岡ホビーショウの合同作品展に出展してきました。
「可動戦車模型愛好会」のブースも、二日間大勢の方にご覧いただき、中にはこのブログを見てますって方もいて直接お話できたり、本当に充実した二日間でした。
ブースにお立ち寄り頂きました方、本当にありがとうございましたm(_ _)m
また、ご参加いただきました可動戦車模型愛好会の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
例によって、体力のある限りデモ走行をし続けていたので、会場の写真はぜんぜん写せてないのですが....
とりあえず、こんな感じw


で、今回は、設営時間を早めて、土曜日の搬入開始の6時30分から準備したのですが....
結局、ホビーショウ開場前にすべて準備できず、ジオラマの一部のユニットを置けずにスタートになりました><
まぁ、そうなりそうだったので、面倒な配線を簡略化する「配線ユニット」とか持っていったのですが....
やはり、電車の線路の接続に、おもいっきり時間がかかってしまいました><
とりあえず、電車は2日間よく走っていたので、個人的にはホッとしてますが....
よく脱線したけどww
で、
その苦労した電車の写真とか全然撮れなかったので、会員のマルボールさんが撮っていたムービーをアップさせていただきます。
ただ、
もっと安定して長時間走らせ続けるには、線路と電車の車輪は作り直さないと駄目だと....
来年までの宿題かな....
そのほか、
個人的にテスト走行した その結果ですが...
急遽造形した悪役一号の可動履帯ですが、
初日は履かせている時間が無くて、予め準備いただいた付属のベルト履帯で走らせていましたが、それでも十分スムーズに動いておりました。
もっとも、ベルト履帯のテンション調整には苦労したようですがw
2日目にわたしが持ち込んだ可動履帯と交換してしばらく走行させて、履帯の可動部分がなじんでからテンション調整していただいて、最終的にはスムーズに動くようになりました。
もともと、悪役一号はギヤ比が大きいので、履帯の差はあまり無いようでしたw
自分で動かしていて....
可動履帯を使えればもっとスピードコントロールの幅を持たせられるなぁと.....
ちっと欲が出てきましたがww
「ひのき455V3」の新基板の車両も、二日間動かしてみましたが、心配だったモーターコントロールICも問題なく、MP3音声再生部分も問題ありませんでした!!
走行中に3回ほど勝手に停止したので、まだプログラムにバグがあるようですw
その点は今後修正していけば、とりあえずはモノになりそうです。
ただ、
会場でしゃべらせるとそれはそれで注目されましたが、もし、ホビーショウのような展示会で、しゃべる戦車が同時に何台も走り回っていて、あっちこっちで声がすると、ちょっとウザいかもとww
走行音の代わりに再生できる音楽も、2台・3台同時に鳴ってるとうるさいだけだし....
展示会では、音楽・音声モードを使うときには、時間を決めて一台ずつ順番に切替てしゃべらせないとまずいなぁと(笑)
あと、大砲や機銃打つときに付加できる音声がワンパターンだとつまらないので、打つたびに勝手に何パターンかの違う音声を再生できるようにしたほうが面白ろそうだとか....
いろいろうかんで来ました(笑)
まぁ、新基板が量産できるのは、金銭的な理由でまだまだ先になりそうなんですがww
あと、高速2号戦車の走行テストですが、中低速は問題なく機敏に動いて、他の戦車の間をすり抜けるように走ります!
動かしていても面白かったです(笑)
ただ、最高速であのジオラマの道路を曲がるのは相当スティック操作が難しくて、ちょっと切りすぎるとすぐにスピンしますww
最高速時の左右のモーターの回転差を甘くしたほうがいいなぁと思いました。
出来れば会場でパソコン開いて、PICマイコンのプログラムを変更しながらテストしてみたかったです(笑)
なにせ、自宅にはあのサイズのジオラマを設営するだけの空きが無いので、こんなときにしか試せないことが多くて....
と、
今年もホント自分勝手に楽しんでおりました><
おやぢ組みの会員の方々からすれば、いろいろ面白くない事も多かったと思いますが....
おばかな会長だと思って、許してください><
実は...
二日目のお昼には、足の痛みがピークになってしまって、動けなくて(動きたくなくてw)食事にいけませんでした....
それを予想してか、うちの会員の方がカロリーメイトみたいな非常食wを置いててくれて、そのおかげで、のりきれますた....
そう、机の上にあった、あれ、勝手に食いました!!
   お金払って無いんですが....
そういえば、まぁちゃんからラインが着てて、
「電話しろ!!」
と、
最近忙しくて、電話もメールも無視してたので.....
昨日も疲れていて、仕事中も終わったあとも、ラインも気が付かないでほとんど死んでました....
で、そのまぁちゃんから、またまたラインが来てて、
静岡モーターショウ、テレビのニュースでやってたよ!!」
と...
で、一生懸命わたしを探したそうなんですが、映ってなかったと文句を言われましたが....
私が行ったのは、「モーターショウ」じゃなくて「ホビーショウ」ですからww
てか、戦車模型作ってるの知ってるんだから、「モーターショウ」に出てたらおかしいでしょw
まぁ、どうでもいいですが...
テレビといえば、
テレビ愛知の「おとなの秘密基地」という番組で、うちの「あっき~」さんが出演するという事になって、その取材にホビーショウに来てました。
その時、テレビ愛知の方とお話できて、「あっき~」さんが出演する番組のDVDをもらえる事になりました。
オフ会とかにもって行って上映しますね~
それでは、みなさま、お疲れ様でした(^^)
5/15
21:43
どろぼうひげ
今年も静岡ホビーショーに行って来ました(^^)/
今年も静岡ホビーショーへ行って来ました!

メンバーの一部が急遽参加出来なくなったり、作品にトラブルがあったりして、今回は告知出来ないまま出掛ける事になってしまいましたが、2日間参加して参りました。
初日はあいにくの雨でしたが、人出には影響が無かったように思います。
DORO☆OFFブースに来てくれた、たくさんの方々に感謝です!
写真は少ないのですが、いくつか掲載させて頂きますね。















2日間なんて、あっという間でした(^_^;)
来年もまた参加させて頂きたいと思います!

静岡ホビーショー]
5/12
23:18
Rfive
明日からいよいよ静岡ホビーショーです!!!
さて、例のスタイロフォームの物体(わけわからんなやつ)は完成したのか?
そもそも、あれは!!?いったい何?
会場にてご確認ください。
お待ちしております。
展示ブースは「宮崎メカ模型クラブ」です。
じゃねー

[おもちゃ]
5/11
16:09
ひのき
驚きましたね....タミヤ社長の田宮昌行氏がお亡くなりになったと...年齢も、わたしとさほど変わらないのに.... 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。  さて、今週の土・日は、いよいよ静岡ホビーショウの合同作品展です。わたしは、明日の仕事が終わってから、特急電車と新幹線を乗り継いで、夜中 静岡に入ります。ホテルは昨年同様です。展示会のジオラマ等の巨大な荷物は、先日の火曜日に発送しました。今年から宅急便の送り先が変わって、例年より早く発送しなければならず...しかも、今年は5月5日の東京オフ会から戻って、すぐに次の週末がホビーショウと、日程が詰まっていて、しかもしかも、ジオラマの電車の調整に時間がかかって、ホントばたばたしておりました。おかげで、宅急便で荷物を送るときまでに間に合わないモノもたくさんあって、結局地元から車で行く方に頼んで間に合わなかった荷物を届けてもらう事になりました>< で、今年の、うちのブースの目玉は、やはり↓これでしょうか。 いつの間にか、アスカモデルさんと協賛しておりました(笑)さらに、わたしの未完成の古い作例も引っ張り出してきて、なんとか動くようにされてしまってww 最後の仕上げとか、ギミックの調整とか塗装まで、おやぢ組みのマルボールさんにやってもらって、もう、二度と動かさないだろうと思っていた作品が日の目を見ることになりました。 ぃぁ、人の改造したギミックとかを調整するなんて、とんでもなく厄介な事だと思いますが.....よく出来たものだと、感心しました(^^;;; ホビーショウでは、メーカーのアスカモデルさんのブースで、うちのブースの可動改造デモの宣伝をしていただけるそうなので、こちらも上のポスターを貼っておこうと思ってます。 ちなみに、わたしの悪役一号は、履帯が切れて使えなくなっておりましたが、これもパーツを提供していただきました。ご尽力いただきましたマルボールさん・山田さん、そしてアスカモデルの社長様、この場をお借りしてお礼申し上げますm(_ _)m 土日はがんばってデモいたします(笑)  で、実は、こんなものも用意しました。   3DCADで設計して、造形した悪役一号の履帯下部です。履帯の爪はキットのものを使ってます。 わたしの悪役一号の起動輪の歯が、削ってあって、それが原因で新しいゴム履帯がスリップしやすいそうで、それを聞いて、大慌てで設計してすぐにDMMで造形しました。CADで設計してDMMiに発注するまでの時間が3時間切ったという最短時間作品ですww(DMMでの造形時間は1週間くらいかかりましたがw)爪を削っていたのは、走行中に履帯が起動輪の爪に乗り上げないように...だと思うんですが....なにせ、作って走らせてたのが10数年前ですから.....記憶にございません><  昨晩塗装をしたところで、当然一度も履かせていません....起動輪の爪には合わせたつもりですが、よく考えたら小さな転輪の幅と履帯の内側の爪の幅がぎりぎりすぎなのを確認....特にわたしのキットはサス可動にしたため転輪がキチンと一列に並んで無い可能性があるので、履帯の転輪の幅を広げておかないと不味いと....一コマ一コマ削って広げますたww これでまともに動くと思いますが......本体が手元に無いので、ホビーショウの会場で掃かせてみないとなんともいえません.....今は、うまく動くように祈るだけです(笑)  悪役一号以外にも、今回の展示会で2日間動かして、耐久性等をテストしてみたい車両もあって... 下半身すべてアクリル素材で造形した高速2号戦車も徹底的に走らせたいし....「ひのき455V3」の新車両基板を積んだ車両も持っていくので、それも耐久テストしたい....MP3プレイヤー搭載でモータードライバーも小型の新しいタイプなので、そのあたりを念入りに.... ジオラマ関係では、新しく作った配線ボックスを持ち込む予定で、赤外線がより安定するように投光機も新たに作ったし....もちろん電車もw 色々やりたい事、試したい事だらけだ..... 問題は... 自分の体力....2日間、もつかなぁww  それでは、土曜日・日曜日、ホビーショウ会場でお会いしましょう~  
5/10
03:34
MACK
ほんっとにご無沙汰です
一応生きてます
MACKです
模型もほとんど作ってないし
たいして書くこともないしな〜
と放置してました
タイトル通り5/13,14のホビーショーには残念ながら行けませんが
合同作品展の宮崎メカ模型クラブのほうにバロン&ルイーゼを展示します
昨年はバロンのみでしたが今年は連れを作りました、頭部と花束のみですが(^.^;

衣装は毎度お世話になってる人口精霊さんの作、私もまだ合体した姿を見てませんが
ホビーショーに行くかたはぜひお寄りください、SOLさんやどろぼうひげサン、メンバーのかたの力作新作がズラリと並びます!
ホビーショー当日の様子はまたこちらでご報告しますね
速報のほうはツィッターで載せますね、アカウントはmacktouです
では!
[その他趣味]
4/25
20:51
どろぼうひげ
今月のHobbyJapan誌 2017.06 No.576 へ、アクアマリンさんのナデシコを掲載して頂きました(^^)/

ナデシコのプラキット化は初めてという事でしたが、当時の作画スタッフを交えた考証で、スタイリッシュに造型されています。
仮組みして、ナデシコってこんなにカッコ良かったっけ?と思いましたもん(^_^*)
そしてパッケージイラストが、これまたカッコイイ!
何とか再現してみたくて、大量のLEDを投入して、出来るだけ近付けてみました。
小さいし、分割の都合もありますので、全てを再現する事は出来ませんでしたが、代わりにグラビティブラストを発射します(^_^*)

PICマイコンで、エンジンの高速明減をしていますが、約1分に一度、グラビティブラストを発射するプログラムを組みました(^^)vぶぃっ
来月の静岡ホビーショーにも展示します(たぶん)ので、ぜひ実物をご覧下さいね
よろしくお願いします(^^)/

[ナデシコ 製作記]
4/19
18:50
どろぼうひげ
今回は汚しの画像、電飾の配線、雪の表現を加えて完成です。
汚しは、エナメルと色鉛筆で表現しています。
製作途中の画像が少なくて申し訳ないのですが、汚した画像をたくさんアップしてみますので、良かったら参考にして下さい(^_^*)

A 「被弾ダメージモデル」は、上面の小さいパネルや突起がありません。
  スッキリしていて美しく、ボクはこっちが好きですね(^_^*)
B 左側面には、特徴的な「レ」のキズがあります。
  ここも色鉛筆で書き込みましたが、プロップと同じ形に、何度も書き直
  しています。
C パネルや装甲は、下に行く程トーンを落として、巨大に見せる工夫をし
  ています。
  実際のプロップでは表現されていない効果ですので、言われて気付く程
  度の効果に留めています。
D 足の汚れは、装甲と違って油汚れがメインです。
  こちらはブラウンが濃いコゲ茶を使って汚しましたが、プロップと色味
  をそろえるために、特別にジャーマングレーも使っています。
  

A おなか部分も油汚れがメインなので、ブラウンが濃い汚しを加えています
  ここも白いものが汚れた仕上がりになる様に気をつけています
B かかとは、一番汚れる部分ですので、強く汚しました。
  エナメルでエッジに汚れ溜まりを作り、色鉛筆でスジを描いています。
  このモデルはEP.VIでエンドアのシーンに転用されてしまったので、今で
  は泥汚れが加えられており、ホスの汚しは想像で汚すしかありません。
  すごく汚れている部分と、そうでもない部分のメリハリを付けるのがコツ
  でしょうか(^_^;)
CDこのモデルは、足回りがとても汚れています。
  油が垂れた様子も書き込んでみました。
  
さて、目の電飾を組み込みます。

A スイッチは内部に取り付けました。
  点灯させるには、いちいち装甲を外さなくてはなりませんが、外観にキズ
  を付けたく無かったので、この位置にしました。
B ブラックで遮光したボックスを取り付けます。
  せっかくの内装パーツは使用しませんでした。
C 電池は、このような感じで収まります。
  内部でカタカタと動かない様に、プラ板でスキマを調整しています。
D 赤い光は、あまり強く発光していない方が雰囲気が出るので、抵抗を大き
  くして暗くしました。
  CRDは15mAに固定されてしまうので、暗くしたい場合は抵抗を使いま
  す。
  暗くすれば、そのぶん電池も長持ちします。
点灯させてみたの図

暗めにしても、点灯していることは判るので、充分です(^^♪
効果としては小さいですけどね。
これで完成でも良かったのですが、やはり雪の表現は加えたいです。
最後に、積もった雪を加えてみました。
スケール的に重曹では粒が大きすぎるので、タイルの目地補修用のセメントを使いました。

紙コップにマットメディウムと水でノリを作り、タイルの補修材を加えました。
爪楊枝で、積もりそうな場所に盛り付けていきます。

水で濡らした筆で、重力方向になぞって、積もった感じに整えます。
筆を縦に使って、ボコボコの表面にすると雰囲気が出ます。
筆はもう使えなくなるので、100均の安物で充分です。
多少、細かい粒が残っても、つや消しでコートすると消えちゃいます。
この方法で、あちこちに雪の積もった場所を作りました。

雪の表現は、プロップの画像を見ても、あんまり参考になりません(^_^;)
こんな感じかなーと、自由に加えてみるのがよろしいかと思います。
完成です。

やはり、雪の表現は加えて良かったかと思います(^^♪
AT-ATと言えば、ホスのイメージが強いですからねー
ディテールが完璧なので、塗装や雪の表現で遊んでみるのが、このキットの楽しみ方かも知れません。
たくさんの方に作ってみて頂きたいキットです。
すみません。
時間が無くて、今回は完成画像は撮影しておりません。
静岡ホビーショーで展示しますので、ぜひ会場で実物をご覧頂きたいと思います。

[1/144 AT-AT 製作記]
07:30
SOL
さて、いきます
やわらかねんどにジオラマの素材を貼り付けます
そしてサツキをパテで造形するんですが、サイズ的には1/35ぐらいかな?
苦手なフィギュア造形でまたまた悪戦苦闘
なんとか出来ましたがアップにする自信はないので・・・
(((^_^;)

照明的な演出は、夕方の設定ですから左手前からネコバス達を照らす用に電球色、オレンジ、白LEDを使い光を混ぜてイメージに近づけてます
バックライトフィルムの後ろからもLEDを低めに間接照明的に照らしています

後、余ったパテで中トトロ、子トトロを作ったら、なかなかかわいいのでネコバスに座らせてみた♪
隠れキャラ的に面白いので、そのまま搭乗していただきました♪
(o^O^o)
ついでに、まっくろくろすけも♪
これで静岡ホビーショーの宮崎メカ模型倶楽部用の作品が完成しましたから一安心です♪
[練習用]
4/9
00:03
SOL
毎年、静岡ホビーショーの宮崎メカ模型倶楽部に新作を展示しますが、今年はネコバスにします

サツキ「メイの所に連れてって!」のシーンです♪
スタイロを切り取りします
パテで肉付けしていきます
目を光らせるため100均のボーリングゲームの黄色いボールから切り出してます
表面がなめらかになるようにヤスリをかけて、ざっと塗装して上に羊毛フェルトを貼り付けます
こんな感じにモフモフします♪
からだをプラ板で作ります
劇中のように90度に曲げると!
あれっ?
そうか、奥の側面を長く作らないと曲がらないわな~
ちょっと考えりゃわかることなのに気づかなかった
(((^_^;)
というわけで修正しました

パテで足を作りました
天井もプラ板で作り蓋をする準備をします
今日はここまでです♪
[練習用]
2/23
11:11
HOTARU
2月19日のワンダーフェスティバル2017冬に参加してきました。

今回はディーラー「御機嫌如何」での参加です。
メンバーはフィギュア組が下村かづは、ゲイトリバー、choro、品場諸友。
ラジコン戦車組がひのき、どて。
ま、いつもの空想科学温泉街のメンバーですけど。
私の新作は艦これのリットリオ。
完成見本が間に合わなくて、雑で中途半端な状態での展示でしたが、有り難いことに開始から40分程で完売してしまいました。
開場と同時に買いに来てくださった方もいて嬉しい限りでした。
ちゃんとした完成見本はこれから作ります。



フィギュア組のほうは午前中に商品を用意できていたのが私だけで寂しい卓になってましたw
午後からやっと他のメンバーの商品も揃いはじめ、

全て揃ったのは終了30分前くらいw
品場さんの海兵さん。プラモデルの飛行機と組み合わせて使います。

choroさんのハクメイとイワシ

ゲイトリバーさんの大潮改二と朝潮改二丁

戦車組

次回夏も参加予定です。
ワンダーフェスティバル
2/1
22:12
AGGRESSOR
さて、随分と更新しないで放置していましたけど、九州に帰って1年が経って、自宅での完成機も2機となり、最近色々と思うところも有って、再起動してみようかと思います。
取り敢えず、現在制作中のものはこれ。

ハセガワ 1/72のF-16A plus です。キット付属のデカールか、あるいはマイクロを使用してオランダ空軍かベルギー空軍か、その辺りのごく初期の機体で作るつもり。

キットは発売されてから優にに20年は過ぎているものですが、外形の掴み方は後から出たアカデミーやレベルに決して劣らないもので、出来上がった時の雰囲気が何とも好ましいもの。
安価な定番キットでどこでも買えるのも美点ですね。 今回は実機写真を見ながらポチポチとアクセスパネルのスクリュー等を打刻しています。 九州方面の飛行機モデラーの間ではこの作業を「写経」と呼んでいます。
[1/72F-16]
16 11/20
21:33
Rfive
どうも!
寒さもゆるいみ気味の気候ですが
やはり雨多いですね。すっきりブラシしたいものです。
近況!(^u^)
仕事が多忙で、くたくたで モチべだださがり。。。
ぼちぼち、静岡ホビーショー2017の新作検討しないとね。。。

[模型・プラモデル]
16 11/2
19:10
MACK
さ、さぶくなってきましたね
冬キライ
どんなに暑くても夏がスキ
春と秋の気持ち良い季節が
一番スキ
なMACKです
さて今さらのレポ第二弾です~
ドロオフ展示会、展示参加者が年々増えて、
会場も大きくなってます
来場者もとうとう2日間で千人超え!!!
と、ホントに素晴らしいのです、
です、ですが、、、
前のコンパクトで展示参加者さんのほとんどと交流できた頃が
懐かしくもあります、、、ね
さて、
ちょっと脇道へ
初日土曜日、お昼時の定番の「大吉」がやってないと、
ちょっとした話題に

オチは第二土曜日の定休日だったのですが、
ご主人が亡くなって閉店?
これからお昼はどうすればいいんだ!?
大吉を目指していた、我が小隊の三名は戸惑い、
途方にくれながらも、次の定番、中華屋に向かう途中に
カレー屋に遭遇、ナンが食べ放題の文字に惹かれて入店
店員さん全部が外人さんの本格的なカレーのお店
(名前も詳細も失念~~)
で、当たりでした
(´-`).。oO(カレーはもちろん、ナンも絶品、2枚食べましたが、
時間があればもう一枚いきたいぐらいでした)
来年も行きたいと思いました
他のみなさんもいろいろ探索したようで、
唐揚げ激安セール&牡蠣フライ絶品のお店は、
2日目の打ち上げ会場となりました
ヽ(´o`
では本題、今回も気になった作品をご紹介します
高橋清ニさんの週刊ミレニアムファルコンとバンダイの1/12凸凹コンビinホスの反乱軍基地
どちらも監修されてるんですよね~
展示参加されるのは静岡ホビーショーとドロオフのみかと!
2日目のキャベツ太郎さんとのトークショーも楽しかったです
呉の大和博物館の1/10大和の展示を参考にされたそうです

なおサンのダンボー
プラモではなくプラバン箱組みで内部から光らせた
おもしろ可愛い作品
大注目されていたフル電飾マクロス、
私は1/35イングラムも気になりました、同じパトライト電飾付きキットを積んでるのでヽ(´o`;

オーシャンさんのパックレーテと今回初参加の相棒松浦さんのスネーク
いつもながら筆塗りでいい味出してるパックレーテ
スネークは原型を担当した完成品フィギュアをみずからリペイントしたそうです(プロ原型師なんですよ!)
KBさんのオリジナルメカたち
BBー8風ドロイドはガチャカプセル、
スペース戦闘機?はチャッカマンを使用してますね~
リアルジェット戦闘機を使ったオリジナルメカ、
まるでキットがあるかのような完成度でした、
かっこいい!
毎回新しい参加者さんと交流したいと思っているのですが、
みなさん作品の横で待機してるわけではないし、
来場者さんもたくさんいますし、
思うほどミッションは遂行できませんでした
それでも今回初めてお話できた方が数名、やっぱりリアル模型話は楽しかったです
それぞれ好きなモノは違うし、アプローチもそれぞれ、
でも模型好き、という共通項だけで充分、展示会の醍醐味はやっぱりそこなんですよね~
なんて、ちょっと語ってしまったけど、模型製作モチベーションは低いままなのでした
ドロオフ後、何にも作ってねーーー
^_^;
さて、その2にしてレポ最終回としたいと思います
ドロオフスタッフの作品は今年も雑誌作例を中心に圧倒的でした、
特に私がレポしなくても、ですしね
ここでちょっと告知です
地元模型クラブの展示会を12月に開催します!
ミリオン ウイングス 模型作品展示会
日時 12月10日 土曜日 11時から19時
11日 日曜日 10時から17時
場所 千葉市文化センター 5階 市民サロン
交通 JR千葉駅または京成千葉中央駅より徒歩10分、千葉モノレール葭川公園駅より徒歩3分
千葉市を拠点として活動しています模型愛好会です、今年は結成10周年の節目として、いつもよりも広く快適な空間での展示会となります
今年のテーマ は飛行機が「カラフル」、 AFVが「アルデンヌ1944」です、テーマ以外にもオールジャンルの模型を多数展示します
ゲストコーナーあります、ジャンル問わず気軽に自作の模型を持ち込みいただき、展示してください
模型体験会 、プラモ製作してみたい小学生以下のお子さん対象です(保護者同伴に限らせていただきます)キット、工具などご用意してありますのでこちらもお気軽にご参加ください(作りたいキットをお持ちいただいてもかまいません)開場中、いつでも受け付けします(予約不要)
模型製作実演、メンバーがふだん作っている様子を会場で再現?!特別な技はないかもしれませんが展示してある模型がどのように作られているのか、をご覧ください
お近くのかた、お気軽にお寄りくださいませ!
ではでは!!
[その他趣味]
16 7/18
11:28
みずよん
タミヤの工作シリーズ「はずみ車動力ユニット」。

昨年出た「はずみ車動力車工作セット」の動力部分単体売りです。
1月に発売されてすぐ買いました。前回6WDを作ってみたので、この時はサクッと4WDをワイルドミニ四駆ふうに作成。
 
手回しハンドルでチャージするのでスピードも航続距離も6WDよりUP。


ただイベントでジオラマコースを完走できなかったので、もうちょっと何とかしたいな~と思いつつ放置されておりました。

★☆動く模型愛好会のイベントでのジオラマコース
その後(静岡ホビーショーに行ったついでに寄ったタミヤ本社で)もう一個購入し、「今度は船に乗せてみるかな」と試してみたのが今回のお題。
ふ~、前置きが長いよ(^^;
船体は手持ちの中から大昔に買ったアオシマのボートプラモを再利用。R/C化されて「栄光丸」として本家HPこのブログにも時々出ていたアレです。最近はメカをとられてドンガラになっていたので引っ張り出してきました(最後のご奉公?)。



仕様としては、「はずみ車動力ユニット」の出力軸に取り付けた36Tクラウンギヤと、スクリュー軸の8Tピニオンギヤを組み合わせてペラを回しています(手持ちで一番大きかった「パイプスクリューL」を使用)。ユニット自体もチャージ用のホイールを取り外して抵抗を減らしました。
問題はギヤで4.5倍速しても回転数があまり上がらないこと。トルクはけっこうあるんですけどね。
ユニットを搭載できたところで早速お風呂テスト。「ま、スクリューも大きいしそこそこ走るだろう」の予想に反して遅~い。やはり回転数の低さが影響している模様。ただこれ以上大きいと船底に当たるしなー、、、。
下の動画はAMMのミーティング時にプールで試した時のもの。ハンドルを思い切りぶん回して「ナントカ」といった走り。すぐに回転がマイルドな範囲に落ちてしまうのも問題。
キャラクター頼みでジバニャン船長に乗ってもらいましたが、重くなった分余計にスピードダウン。ダメだこりゃ(^^;
そんなわけで今回の船は進水即引退です。「ゴム動力用」などのもっと大きなプロペラと軽い船体に変更して再挑戦ですね。夏の間に完成するのかしらん(^^;

[工作]
16 5/21
10:25
HOTARU
5月14・15日、静岡ホビーショー&モデラーズクラブ合同作品展に参加してきました。

いつもはマイカーで静岡まで行くのですが、今回は新幹線で。

可動戦車模型愛好会(おやぢ組みの展示ブース。



今年からひのき会長制作の走行用ジオラマが新しくなりました。
建物はどてやすさんのフルスクラッチ作品。
コップのフチの艦これフィギュアが1/35にちょうどいいサイズ(笑)

1/16サイズの戦車。

おやぢ組ブースでは本の作例のJS-2(タミヤ改造・1/35)を展示。
写真右下に写っている作品です。

カーモデルのクラブのダックテイルズさんでミアータ(タミヤ・1/24)と、如月千早のフィギュア(イベント限定レジンキット・1/24)を展示させていただきました。

続きを読む
[イベント]
16 5/17
20:06
みずよん

1/600のアリイ版武蔵です。
昨年、水ものオフが大和級祭りだというので「たまにはスケールモデルを作ろうかなぁ」と買い込んだものの方針が定まらず、一時は放置状態に。
購入から1年近く経ってようやくラジコンとして仕上げることができました。
ラジコンで走るだけなら特に珍しくないので、リンクを駆使して舵と砲塔が連動して旋回するようにしております。
詳細は相変わらず手抜きですが、Twitterのまとめをご覧ください(^^;

アリイの1/600武蔵をラジコンに。2chだけど砲塔も旋回



ひとつよろしく。

追記:6月19日にプールで撮影した動画です。ちょっと見にはプラモの戦艦が走っているだけですが、砲塔が動いているのも確認してね(^^)

[模型]
16 4/26
22:04
HOTARU
4月17日に可動戦車模型愛好会の米原オフ会が開催されました。
今回は5月の静岡ホビーショーに向けて、ひのき会長制作の走行用ジオラマが一新されました。
まだ制作中ですが。
そのジオラマの上に並ぶ今回の参加車両群。


今回の気になった作品。
というか、あまり写真を撮らなかったので、ちゃんと撮っていた作品たちです。

山田さんのセンチュリオン。
タミヤの車体+AFVクラブの足回り

ひのき会長のBT-7とM3スチュアート。
BTはもちろん履帯でも装輪でもどちらのモードでも走行可能です。
足回りや履帯などに3Dプリントを多用した作品。

せいめいさんのT-28新旧。
手前のが新作。
マイコン制御で多彩なギミック!
ゲーム用コントローラーで操作できるのも面白いです。
戦車としての基本的な走行もとてもスムーズで完成度の高い作品です。
動画もぜひみてください!



1/16クラスの戦車。
M51はヒトっさんの作品。
なにげに鋳造車体になってます。
4号戦車はマルボールさんの作品で、なんとバンダイの1/15。
Figmaあんこうチームがやっと全員揃ったとのことでしたw
フィギュアはオーバースケールですが、キャラクターモデルとしてみればこれくらいの密度感があるほうが見栄えがいいですね。
シャーマンは私の作品。京商のiReceiverというスマートフォンで操作できるRCユニットを搭載しています。
車載カメラの画像を見ながらの操作ができます。
作品の紹介は以上です。続きを読む
[ラジコン戦車]
16 2/15
10:42
HOTARU
2月7日のワンダーフェスティバル2016冬に参加してきました。
ディーラーはいつもの『空想科学温泉街』
フィギュア班とラジコン戦車班です。
2卓で参加して各1卓づつで展示してるのですが、たぶん見に来た人は同じディーラーとは思わないんじゃなないかと(笑)
まずはフィギュア班。


全体はこんな感じ。
私は「御園千綾(ローリング☆ガールズ)」と「チルノ(東方Project)」

自分の販売物だけピンボケだったよ・・・
品場諸友さん
「熟練搭乗員妖精さん3+(艦これ)」「戦闘糧食妖精さん(艦これ)」

ゲイトリバーさん
「同田貫正国胸像(刀剣乱舞)」「フィンランド娘(Yonkoman paan sisalla 2)」

ラジコン戦車班

ひのきさんは赤外線コントロールユニットや、3Dプリントを使って1/35マウスをラジコン化したものの展示とそのデータCDを販売。
どてさんは1/35戦車をお手軽に可動サスに改造するキットを販売されました。
ラジコン戦車のデモ走行展示も好評でした。
ひのきさんと私の共著「1/35可動戦車模型の作り方(新紀元社)」も販売させていただきました!
『空想科学温泉街』は次回夏のワンフェスにも出展予定です。
おまけ
幕張へ向かい途中、新東名で車内から撮った富士山。
富士山がきれいに見えるといつもつい撮ってしまいます(笑)

ワンダーフェスティバル
15 11/10
15:22
HOTARU
11月8日に神戸で開催されたトレジャーフェスタ。
「御機嫌如何」でディーラー参加してきました。
今回の販売物は東方Projectの「チルノ」


チルノは見本を作りなおして後日あらためて紹介します。
次回のトレフェス有明(12/13)でも再販予定です。
[イベント]
15:12
HOTARU
10月25日に可動戦車模型愛好会の米原オフ会が開催されました。
今回のオフ会では動画を撮影・編集してくださった参加者がおられます。
動く模型は静止画像ではなかなか伝わらないことが多いのですが、動画だととてもわかりやすいです。

当日の参加車両たち。




その他は続きでどうぞ。続きを読む
[ラジコン戦車]
15 10/11
19:20
なでぃりん
タミヤのイージーエイトのレビューを書いた時に、「CFM製砲塔は国内に現存してない模様」などとろくに調べもせずに書いたら大間違いだったという顛末…w


今日の昼間にリツイートされてきたこのツイートに写っている個体がどうもCFM製砲塔を載せているように見えたのが発端。


「え、玖珠の駐屯地にイージーエイトが残ってるの? 全然知らなかった…」というわけでググってみたら、こちらのブログが引っかかりました↓
玖珠駐屯地に展示される陸上自衛隊M4シャーマン戦車
これはどう見てもCFM製砲塔、しかも同軸機銃がM2機銃っぽくなってるところも興味深い。もしや現役当時もこんな改造を施して運用されていたのでは?と想像するのもまた楽しい。
しかもこの個体、よく見るとスプロケットも初期によく見られた肉抜きのあるタイプで、イージーエイトとしてはかなり珍しい仕様になってる。HVSSの取り付け基部を見てみたい気がする、場合によってはM4A3(76)wからの改造だったりするかもしれないし。タミヤとタスカ(ASUKA)のイージーエイトが全く同じ仕様になったのは、同じ個体を取材したせいだと思われけど、多分それは富士学校に保存されてる車体だと思うのね。で、他の施設にも現存するのではないかと思っていたところにブリキヲさんのこんなツイートが流れてきました。


これを頼りにググッて見た画像検索の結果がこちら
玖珠シャーマン
富士学校 シャーマン
土浦 シャーマン
防衛大学 シャーマン
こうして比較してみるとASF製砲塔が2個体、CFM製砲塔が2個体とちょうど半々になってるのね。で、どうもタミヤとタスカ(ASUKA)が取材したのは「地元静岡、富士学校に現存する個体」だった模様。そりゃ仕様が全く同じになるのは当然だよねw でも、なにも九州は大分の玖珠まで飛ばなくてもお隣の神奈川県の防衛大学にCFM製砲塔を載せた個体が現存してるんだから、タミヤにはこっちを取材して模型化して欲しかったなーと「事実を知った」後知恵で思うなどw
今後自衛隊仕様なども模型化される可能性ががあるが、その時にCFM製砲塔を新規金型で起こしてもらえるようにするには、まずは今回のイージーエイトがバカ売れせねばならないと思うので、これはお布施するしか無いよね?w
[シャーマン戦車]
15 8/31
08:51
謎だ!Ohara
あいにくの空模様でしたが、無事開催
ここ数年は、水ものオフの使い回しで
クラウンの伊勢 大和 新作なのはニチモ30cmの武蔵
成績は、S-1速い方3位 フルハル遅い方3位だったかな?

ヒロさんの3回目くらいの改装後

スプリンガータグが今年の流行?

Morizouさんのスケール感たっぷりのボート群

ワンフェスで見た 97式戦車も水上走行?!

ではまた来年お会いしましょう!
15 7/26
19:30
謎だ!Ohara

証拠画像

どてさんのサスペンション他 無駄遣い

3Dプリンタで製作された1/16 チハ 参考出品

メガソフビ キットバージョン?!

ウルトラホーク! かっこいいねー!

サイバーフォーミュラ

1/350 島風 多色成型 接着剤不要 いい時代になった(^^; 

それではまた冬にお会いしましょう!
15 5/22
19:34
HOTARU
5月15・16日、静岡のツインメッセで開催された、静岡ホビーショー&モデラーズクラブ合同作品展に参加してきました。

出発は当日の早朝4時前。
車で会場へ向かったのですが、会場に着くまでずっと雨が降ってました。
安全運転で行ったのでいつもより30分以上時間をかけて会場に到着。
いつものように「可動戦車模型愛好会」で参加していますが、「Ducktails Auto Modeling Club」さんにも場所をお借りしていくつか展示させていただきました。
可動戦車模型愛好会のブースの様子



今年はラジコン化されたマウスが4台!
・・・私のは間に合いませんでした。
すみません、最近はパテこねてばっかりでプラモ作ってません。

マウスが動いてるところ。

可動戦車模型愛好会で一番人気?
撮影していく人が一番多く感じられたのがこの作品。
「ガールズ&パンツァー」は最初に飛びついた戦車おじさんなどマニア層の人たちには人気は一段落したかな、という感じですが、ライト層への認識が行き渡ってきたように思います。
まだ数年いけるんじゃない?

こちらは「Ducktails Auto Modeling Club」さんで展示させていただいた作品。
あと1/24の如月千早(レジンキット)とか1/35のJS-2とか展示してたんですが写真撮ってませんでした。
1日目の展示が終わったあとのクラブの飲み会にメンバーのお友達のニュージーランドのモデラーさんがゲストとして参加くださいました。
車やバイクでジオラマを作っているそうです。
自己紹介で「最近はプラモ作らずにパテこねてフィギュア作ってる」と言ったら興味を持たれました。
言葉わかんないので、写真見せた方が伝わるだろうと過去作品や制作中の作品をスマホで見せてあげたら妙に気に入られてしまいました(笑
翌日に会場に展示してあったフィギュアを見つけ、
「これを手に乗せている写真を撮らせてくれ」って写真を撮られたり(笑

今回の戦利品。
特価になってた痛車プラモと、限定のnanacoカード。
来年の静岡用のネタは決まりました!
完成するかどうかは別の話ですが(笑
帰ってきたら風邪ひきました。
ひのき会長にうつされた・・・
ごく一部ですが、合同展で気になった作品は以下で。
あ、メーカーブースでは1枚も写真撮ってません(笑続きを読む
[イベント]
15 5/17
07:35
謎だ!Ohara
毎度おなじみの 静岡ホビーショーです。
今回はタミヤのモスキート パンターDとか ハセガワのウィーゴとか島風とか
アオシマの磁力牽引車シングル サンダーバード4号・・
色々あるんですが・・ 

毎年同じ? とりあえず年号が入ってますので今年の(^^;

無駄遣いはモデラーズフリマで海洋堂の500円くじ くらい

アオシマのZ2!

今回一番見たかったのが、アオシマのDD51 OJです!!
ハセガワMODEMO的な、走る下回りの展開も期待!!!
15 5/12
15:51
HOTARU
5月5日に開催されたトレジャーフェスタ有明13に参加してきました。

久しぶりのビッグサイト
15年ぶりくらい?
前にきた時にはまだ駐車場が完成していませんでしたw
今回はゲイトリバーさんの『WhiteNoise』で参加。
私は販売物は用意できず展示のみになりました。

卓の様子。
ゲイトリバーさんは1/35のガルパンフィギュアいろいろと、軟質樹脂を使ったハルナを出品。

チルノ。
今回は展示のみになりました。
夏のワンフェスで販売予定です。
続きを読む
[トレジャーフェスタ]
15 1/18
18:35
人口精霊
こんばんは。(こんにちは。)
年が明けて、1月も後半に入りましたね。
5月の静岡ホビーショーまで残り4か月を切りました。(汗)
で、少しずつ作り溜めていた作品で、今年のSHSの看板娘を
決めてみました。
ブログモデラーズの看板娘は、「星巡る方舟」の
この二人にしようと思っています。
なんか、真っ青!な色合いになってます。(笑)
映画を観て、即製作だった二人です。
突然ですが、映画泥棒はNG!。
(正月、映画の始まりを待っている時にガシャポンしました。笑)
あと、お年玉?(笑)で改造素体の補充もしました。
また、しばらく改造を楽しめそうです。
次の作品製作企画を考えねば!。
では、また。

[おもちゃ]
13 12/31
13:46
平野克巳
 愛猫ジェムが逝った。まさに一年の最後たる大晦日の早朝、家内の腕に抱かれて静かに息をひきとった。1991年生まれであるから、享年22歳の大往生である。当該ブログを古くから閲覧して下さっている方、またモデルカーズを初期からご愛読下さっていた方なら、ジェムという猫の存在は多少なりともご記憶下さっているかもしれない。シャム猫のミックスで、仕事先の友人である静岡は焼津のワラシナ自動車(現ワラシナカーズ)の部品倉庫で生を受け、たまたま遊びに伺っていた時に発見されて私が貰い受けた。ジェムの名の由来はショールームのミニジェムの上でミーミー鳴いていたからである。以後、ずっと我が家で生活を共にして来た猫である。22年の間には様々な思い出が残されている。三度にわたる引っ越しや今ではそれぞれが独り立ちしていった子供たちの成長、多くの友人や仲間との出会いや別れ、そして何よりも私の仕事の栄華盛衰、それは沢山の移り変わりを共に過ごして来た。私が猫と暮らすようになる切っ掛けを作った最初の猫であり、私の最も愛した猫であった。
 街の喧騒とは無縁の大晦日の今日、私は独り静かにジェムとの日々を振り返っては噛み締めている。手のひらに乗るほどに小さかった幼少時代。一晩中炬燵で暖めて、二時間おきにオモチャの哺乳瓶でミルクを飲ませたこと。排便も排尿もどうしても巧くさせてやれず、お腹がパンパンに膨れ上がってしまい、半泣きになって動物病院に駆け込んだ夜中。獣医師の勧めで毎日野菜のお粥を煮ては食べさせた幼少期。私が出かけようとすると、玄関で「行くな」といつまでも鳴いていた若い頃。写真家の浅井慎平氏に写真を撮っていただいた壮年期。猫が居ることで泊まりの家族旅行など一度も行かれなかったが、それでも子供たち皆に愛されたジェム。あのこやキャルに先立たれても、ずっと我が家の家長猫として君臨し続けたジェム。ミックスとはいえシャムの血統ゆえに気高く、人や他の猫におもねる態度など一切見せなかったジェム。それでも私とだけはいつもアイコンタクトをしてくれて、決して目を逸らすことのなかったジェム。ペットフードよりも人の食べ物が好きで、アイスや生クリームには目のなかったジェム。完全に足腰が立たなくなり寝たきりとなってしまった死の数日前まで、私の帰宅を玄関で迎えてくれることを欠かさなかったジェム。それこそ飛ぶように階段を駆け上り駆け下りた若い頃から、這いずるように大儀そうな最後の最後までジェムのお出迎えは続いた。もう帰宅してもあの姿も声もない。
 小さな儚い命だが大きな存在であり、私にとってその喪失感は計り知れぬほどに大きい。命を見送ることは余りにも哀しく寂しいものだ。私はこれまでに多くの友人や猫を見送った。そして、いつか今度は私が見送られる番となる。この世に永遠などなく、ましてや不滅の命などない。だから人生は美しく愛おしい。
13 4/18
05:09
TAC@BANANAGUYs

MAX Free Scale FORD GP 1940 “Blitz Buggy”
MAX(マックス模型)は1970年代前半に精密で多彩な軍用車輌のキットを発売して好事家を喜ばせたメーカーです。
このブログでもその一端をご紹介しているので、原体験の無い若い皆さんにもこのメーカーの製品内容をご理解頂けるのではないかと思います。
ホワイトM3A1スカウトカー(偵察装甲車)
http://vintageplamo.blog.so-net.ne.jp/2010-04-12-4
ダッジ3/4トンWC56/57 コマンドカー
http://vintageplamo.blog.so-net.ne.jp/2010-04-12-3 

1970年代前半といえばタミヤが世界に誇るMM(ミリタリーミニチュア)シリーズが驚くべき充実を見せて「ミリタリーモデルは第二次大戦中のドイツ軍アイテムを1/35で作るのがイチバン!」といったトレンドが確立されてきた時期でした。
そんな風潮の中マックスは、まずタミヤと競合しないアイテムで、なおかつ世界的に有名でありながらも当時まだ模型化されていなかった車輌たちを意欲的に発売していきました。
今ではその独自のセンスや先進性が誤解されて、
「マックスのキットはマニアック過ぎてまったく売れず倒産した」
……とか、
「車輌マニアが監修に入ったため、一般受けする売れ筋商品が開発できずに倒産した」
……といった話がまるで都市伝説のように(笑)語られることがありますが……実際は、そうではありません。
元々マックスという会社は極少人数で立ち上げた超零細企業であり、当時としてはハイクォリティ・ハイセンスな製品を開発してはいたものの慢性的に資金も人手も足りず、またマックスの製品に警戒感を抱いた大手メーカーが大攻勢に出たため、そういったメーカーの同系統キットや人気のドイツ軍アイテムに比べれば思ったほど売り上げが伸びなかったし、それならば……と、金型を他社に売却して店終いしたというのが真相のようです。
何しろマックスの製品はその後トミーに受け継がれ、海外のピアレス、続いてエアフィックスやイタレリ(提携先のテスターも含む)に移り、21世紀に入った現在でも現役の精密キットとして販売され続けています。
本当に「まったく売れない製品」だったら、こんなことにはなりませんよネ!(笑)
―――― 少年時代から親しみ、その精密さや組み立ての“手強さ”から一目置いていたマックス製品でしたが、よく行く模型店のショーウィンドゥに飾られていていつも気になっていたのが、この“ブリッツバギー”でした。

アメリカでは1960年代よりサブカルチャー百花繚乱の時代に入り、レベルやモノグラムが独創的なセンスを持ったデザイナーに依頼してユニークなディフォルメキット(実在する航空機や車輌をモチーフにして、模型としての精密感を損なうことなく、コミカルなディフォルメを施したモデル)を発売していましたが、ブリッツバギーの完成品はそれらのオモシロ可笑しい複葉機やホット・ロッドカーと並んでチョコンと置かれていました。
その楽しげな雰囲気に魅せられてしまい、お店に行くたびにショーウィンドゥを覗き込んでいたものですが……まったく残念なことに、各社に受け継がれて長寿を誇ったマックス製品の中で、このブリッツバギーはもっとも短命に終わり、後になって手に入れることが大変困難になってしまったキットでした。
一時期、オオタキがこのキットに附属していたアクセサリー、ジオラマベースとフィギュアを省略して、車体だけを「1/40スケール フォードGP」として発売したことがありましたが、このキット本来の楽しさは失われてしまった内容で、またこの後に金型が破損してしまい、再販が不可能になった……という噂を聞いたこともあります。
これはあくまでウワサですから実際の処はわかりませんが……今のところ、もう何処からも再販される見込みのない幻のキットになってしまったことは確かなようです。


※フォードGPの実車記録写真
―――― さて、マックスが「カートゥーンシリーズ」として発売したフォードGP “ブリッツバギー”とは……おっとっと、僕がエラソウにウンチクを書くより、ここは“ガミガミ軍曹”と“マックス一等兵”に説明してもらいましょう!

どうです、楽しいでしょ!(^^)
このキットのデザイン・監修を担当されたのは、戦後の日本アニメーション黎明期から第一線で活躍して数々の名作を手がけた、まさに日本アニメの育ての親である作画監督、大塚 康生さんです。

僕らは心からの尊敬と親しみを込めて大塚先生と呼ばせていただいていますが、ミリタリーモデル愛好家の方ならば、大塚先生が世界的に有名なジープを筆頭とする軍用車輌の研究者であることはご存じでしょう。
大塚先生のお宅に遊びにうかがうと、ジープや模型のお話が尽きず、ついつい長居をしてしまいます。

大塚先生のお話をうかがっていると、マックスのブリッツバギーのキットには、大塚先生のお人柄がそのまま出ているなぁ!と感じます。
実車についての知識と愛情、そしてプラモデルというものの楽しさを多くの人々に知ってもらいたいという気持ち……ガミガミ軍曹とマックス一等兵は組み立て説明書の全編に現れて、このキットを今まさに作っているユーザーを助けてくれますが、こんなコーディネイトも大塚先生ならではのセンスでしょう。


このブリッツバギーは、実車の全長をキュッ!と縮めて、やや大きく幅広のタイヤを履かせたディフォルメ・モデルですが……細部をつぶさに観察すると、その驚くべき“こだわり”が見えてきます。

シャシーは左右分割のもので、その間にデフを挟むようにして接着。
その上にエンジンとトランスファーケースを載せるという、まるで実車の製造工程を思わせる部品分割となっていて、メカニックの楽しさを堪能できるようになっています。
もちろん組み立て説明書は丁寧なので、工作で迷う部分はありません。

タイヤには“DUNLOP”の銘柄が!
当時、精密キットを謳い文句にしている製品でも、ここまでやっているキットは少なかったと思います。

そして、繊細なラジエーターグリル。
当時の金型技術としては限界ではないかと思える細さで、実車の華奢なイメージをよく伝えています。

楽しいアクセサリー類。
フォードGPの登場時期に合わせて、ちゃんと初期型になっている1/4トン カーゴトレーラと、それに積むジェリカン、シュラフ……。

もちろん、ガミガミ軍曹とマックス一等兵のフィギュアも入っていて、パッケージイラストと同じポーズで仕上げることができます。

ひときわ大きい長方形の部品は、ジオラマベース。
完成したフォードGPをスタンド部品で浮かせることにより、車体をピョン!と浮かせながら悪路を疾走するパッケージイラストの雰囲気をそのまま再現できる、嬉しいオマケです。
―――― よく言われるように、このキットの登場は、たしかに「早すぎた」のかも知れません。
先に書いたように、アメリカでは1960年代からこのように実在のメカをディフォルメしたキットが数多く発売され、それを楽しむ地盤も形成されていましたが、1970年代前半の日本ではまだまだそんな余裕が無い……当時の日本のモデラーは、ようやく世界に誇れる精密感を再現できるようになった各種国産キットのクォリティの虜となって「とにかくボルト一本の大きさに至るまで実物を忠実に再現してほしい」と、精密感と正確さの追求に躍起になっていて、このフォードGPのようなコミカルなキットを自分なりの工作、自分なりの塗装でユッタリ楽しむような気持ちの余裕を持てるモデラーは、本当に、驚くほど本当に少数派だったのです。
こういったディフォルメキットが日本に定着するのは、1980年代にハセガワが発売した「たまごヒコーキ」シリーズの登場まで待たねばならないように思います。

マックスのキットには、時折 次回発売製品の広告を兼ねたリーフレットが同梱されおり、裏面にはエンドユーザーからマックスに寄せられた“ファンレター”の一部が紹介されていました。
また、このブリッツバギーの製品化についての解説や、発売予定キットのイメージ画とも思えるイラストが添えられていることもありました。
これはそのひとつで、第二次大戦中にイギリス軍が北アフリカ戦線で運用したM3グラント中戦車と、いかにもイギリス人といった風情の戦車兵がコミカルに描かれています。
車体側面のハッチに、当時驚異的な破壊力を持つとして恐れられていたドイツ軍の「88ミリ砲」の砲弾がめり込んでいるのがご愛敬です。
この他にも、ドイツ軍の有名な急降下爆撃機“スツーカ”を描いた楽しいイラストもありました。
恐らくほとんどのものは大塚康生先生がお描きになったものでしょう。
もしかしたら大塚先生の後輩に当たる宮崎駿監督がお描きになったものも混じっていたかも知れません。
これらのイラストが、そのままのテイストでキット化されたら、どんなに楽しかったことでしょう。
21世紀の今だったら、ちょっとしたブームになっていたかも知れません。
しかし、残念ながらそれらのキットが発売されることはなく、マックスの「カートゥーンシリーズ」はこのフォードGPブリッツバギー単品で終わってしまいました。
やはり、当時としてはセンスが先進的すぎたのでしょう。
本当に残念です。
―――― 大塚康生先生のプラモデルへの愛情、そしてセンスを世に知らしめる製品も、このフォードGPの絶版で途絶えたかに思えましたが……意外なフィールドで再び開花し、長きにわたって注目を浴びることになります。
1985年。
タミヤのミニ四駆「ワイルドウィリスJr.」の登場です。

大塚先生がウィリスMC(M38)ジープを元にデザインしたものです。
このキットはよく観察すると、マックスのフォードGPと同じ“薫り”を感じて楽しむ事が出来ます。
スケール表示は他のミニ四駆製品と合わせて1/32となっていますが、計測してみると、車体の全長を1/32クラスに縮めてあるだけで、車幅も、車高も、そして主要部品や各部のディテール(彫刻再現)も正確な1/24スケールにまとめられていて、その精度はスケールモデルとしての鑑賞に耐えるほどです!
子供向けだからと言って手を抜かない。
メカの楽しさ、本物の魅力はキッチリ伝える。
過度な部品分割はせず、誰もが手軽に楽しく作ることができる……。
「ワイルドウィリスJr.」は、マックスのフォードGPの正統な後継者といってもよいでしょう。
2013年、大塚康生 先生はタスカから発売される1/24スケールの「バンタムBRC」に全面協力されています。
ジープの始祖として歴史に名を残す名車バンタムBRCを1/24で再現するという、世界初のプロジェクトです。

精密感を保ちながら、出来る限り作りやすく、親しみやすいキット内容に……と、大塚先生はキット設計スタッフの皆さんに注文を出されたそうです。
あまりにも細かい部品分割、作りやすさを犠牲にした精密感の追求……そういったトレンドがエスカレートしつつあるように感じる今、プラモデルの本来の楽しさって何だろう?
マックスのフォードGPの部品を眺めていると、そんなことを考えてしまいます。
(注:2013年5月の静岡ホビーショーで「有限会社タスカモデリズモ」は「アスカモデル」と社名変更することが発表されました)

[ノンジャンルアイテム]
11 7/29
11:17
モリナガ・ヨウ
 先日のワンダーフェスティバルでサイン会なんぞした
『プラモ迷宮日記』第一集 「フィールドグレイの巻」が
発売になります。
みなさまよろしくご贔屓の程を・・・。
でも、戦車のプラモに特化している内容なので、書店様などで内容を確認してからお買い求めになられたほうがいいかも知れません?!
11:17
モリナガ・ヨウ
 先日のワンダーフェスティバルでサイン会なんぞした
『プラモ迷宮日記』第一集 「フィールドグレイの巻」が
発売になります。
みなさまよろしくご贔屓の程を・・・。
でも、戦車のプラモに特化している内容なので、書店様などで内容を確認してからお買い求めになられたほうがいいかも知れません?!
08 9/12
09:03
リックオーシェ
動力その他メカニカルな部分は何もいじっていないのですが、水上走行する特二式を見たことが無かったので『ひょっとすると世界初?かも』とぬか喜びをします。
海洋科学技術センターのプールでの走行が初お披露目でありました。
[画像]
このあと船の科学館のプールにも行きました。
ただ、上から目線で撮るとどうしてもおもちゃっぽくなってしまうのと、澄んだプールの水ではキレイすぎてうそっぽい!
そんなことを繰り返すうちいつの間にか放置され紙粘土で埋められたフロート部分が
崩壊を始めます。
またどうしても操縦と撮影...
08 8/2
10:11
かのー

AFVクラブの1/35 M1126 ストライカーです。春に作って静岡ホビーショーにもっていったものです。 
詳しくはこちらで、よろしかったらみてやってください。
[模型]
08 7/29
23:30
Taka3
 7/27に終わった「ツールドフランス」はサイコーーー
  会社から戻って来てTVをつければ、ハイビジョンできれいな
 映像で、レースの状況やきれいな城やアルプスの背景やセーヌ川
 など1ヶ月は存分に楽しめました。
   日本にいながら、最後のパリの周回コースは、毎年見ている関係で
 このセーヌ川の左に折れて、コンコルド広場が見えて・・・
  この地域には詳しくなりました。
  この次に覚えたエリアは静岡かな???
  このレースは、自転車で、EUの数カ国を回るレースで、過酷ですが
  チーム内でエースを助ける人や引き役などチーム分担は分かれいて
  時には、チーム間をまたいで協力したり、反発したり、疲れているフリ
  して、ゴール前のスプリントでは、どうしてこんなに早いのとか
   毎年筋書きがないドラマの数々で、新鮮でおもしろいです。
   そのうち生で見たいのですが、実際は、30~40kmぐらいで
  走っていくので、じっくりは見れないかも。   
  
[終わったtour de france]
07 9/12
13:46
アオシマ
半年振りのブログです。

アオシマは今年もプラモデルラジコンショー @幕張メッセに出展します。
10月11日~14日
一般公開は13日(土)と14日(日)になります。

http://business1.plala.or.jp/plamodel/

しかし・・・・
残念なお知らせですが、今年は会場からのレポートができません。。。
(´Д⊂ヽ
最新情報や画像をお知らせできず・・ごめんなさい。

商品紹介は、これまでどおりアオシマWEBサイトで見ることができます。
アオシマニュースにも掲載されるためそちらもご覧下さい。

当日来場される方はぜひアオシマブースも見にきてくださいね。
宜しくお願いします。
[未分類]
07 5/20
15:56
アオシマ
4日間の46回静岡ホビーショーも16時で終わります。


来場していただいた方、ブログを見にきていただいた方
有難うございました。

まだまだお客さんはいらっしゃいますが、そろそろ終わりになりそうです。

次のアオシマ出展見本市は、幕張メッセで10月開催です。
来年はまた5月に静岡で開催です。

(*・∀・)ノ【また会いましょう!】
[未分類]
14:31
アオシマ
静岡のホビーショーでは、モデラーズクラブ合同展示会をいつも
やっています。今回も見てきました。

アオシマ製品を使ってどんな作品になっているのかいつも楽しみです。

色々見てきたのでちょっと紹介。

今度、プラモデル再販します。西部警察。


ジオラマの中にうまくはまっていて、上手でした。



アオシマの電気機関車!
私は自社カタログの中でしか見たことなかったので感動です。


ラッピングバス!
うまく貼れるものだと感心しました。すごいです。


サンダーバード秘密基地。
打ち寄せる波も再現してあってきれいでした。


知る人ぞ知る?!
ネトラン付録にもなった
中華キャノンです。
シルバーの感じがとってもよかったです。完成品は初めて見ました。

写真撮らせていただき、ご協力有難うございました。

[未分類]

(該当記事49件)


 [ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード