[ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード
旧twinstars参加者のブログや模型関連ブログの最新記事です。
現在は20分間隔で自動巡回していますが、負荷調整のため不定期に巡回を停止することがあります。

ツイッター配布

【新】→スマホ版(α版)はこちら
 テーマ検索


~ コミュニケーション ~

~ 模型通販ショップ ~
 おしらせ
 検索&セッティング
キーワード: (空欄で全記事表示)
  を含み
  を除く
 
(設定は表示結果をブックマーク)
表示方法:
 すべて展開表示
 題名だけ表示
   まで展開表示

表示記事数:  まで

初期メニューパターン:
 [おしらせ]だけ開く
 [テーマ]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[ブログリスト]を開く
 [検索]と[テーマ]を開く
 全部開く 全部閉じる

 ターゲットブログリスト

~ ソーシャルリンク ~

時系列順ブログ記事(対象記事数:657)
7/23
 
23:55
Spitfire
食後に寝てしまって今起きました。朝まで寝るところだった…。
日は終業式ですが、準備をしなくてはならないことがあるのでこれからやります。
~ぁ、失敗したなあ、寝なければヨカッタのに(^_^;コレカラガンバリマス

[日々の出来事]
 
21:38
Mr.KATO
バンダイ 「機動戦士ガンダムZZ」HGUC 1/144 AMX-011S ザクIII改標準小売価格 ¥1,500(消費税別) 説明書通りのストレート組上げです。
[プラモデル]
 
17:51
かば◎
週末模型親父さんのところの「SUMICON2017」にエントリーした、wz.34装甲車製作記。連日の暑さにめげていたり、仕事が滞ったりで製作も開店休業状態だったため、ちょっと久しぶり。
●貼視孔フラップを作って戦闘室周りのディテールはそこそこ進んだので(まだ済んでいない部分もあるが)、装甲ボディ前半、エンジンルーム周りを少々。
以前から「ここはちょっと厄介だな」と思っていた、左右の通風孔のルーバーを工作することにする。
以前にも書いたように、CERTIのキットではこのルーバーがそこそこ薄くモールドされていて(多少バリも付いているが)、通風孔そのものも開口しているなど、結構頑張っているのだが、残念なことにルーバーの羽板自体の形状が違う。
キットでは単純に三角に開いているだけだが、実際には羽板の先がもう一段折れた、クランク状の断面になっている。
強度も考え、金属素材で工作することにする。材料は、ドラゴン/サイバーのT-34(STZ1942)で余った、エンジンルームのメッシュカバー下のフラップのエッチングパーツを使用した。
パーツは左右3枚ずつ、計6枚必要だが、小片に切り分ける前に、後々折り曲げるガイドにするために縦に2本線をケガいた。カット後、リベット穴を0.4mmドリルで開口。エッチングパーツ上にドリルで穴を開ける場合、刃先が滑って位置が揃えづらいので、
  1. まず1枚に注意深く、1カ所穴を開け、
  2. 適当な冶具を作って2枚をピッタリ重ね、すでに穴を開けた1枚をガイドにしてもう1枚にも同じ個所に開口。
  3. 反対側も対称位置にあるので、表裏をひっくり返して開口。これを必要回数繰り返す。
という方法を取った(下写真左)。その後、ケガキ線を頼りにクランク形状に折り曲げた(右)。

本来ならきちんとエッチングベンダーなどの専用の工具を使うべきなのだが持っていないので、ペンチやピンセットを使用。0.2mmもないような金属板だが、ここまで小さくすると固さに往生した(ケガキ線をもっとちゃんと入れておくべきだった)。なんとなく綺麗に直線も平行も出ていない。工具をケチっちゃいかんなあとは思うのだが、その手の工具ってそこそこのお値段するしね……。
(なお、この後、外側の折り曲げ部分が長過ぎる気がしたので、接着前にヤスって幅を詰めた)
●金属パーツのプラパーツ上への接着固定は毎度悩ましい。特にこのルーバーのように、複数のパーツを前後できっちり位置を揃えないとみっともないものの場合、瞬着による一発決めはできれば避けたい。
SUMICON掲示板で、hnさんから「金属パーツの裏側に一度プラペーパーを貼って、それでスチレン系溶剤のプラ用接着剤で接着可能にする」という技を教えて貰った。これは目からウロコの優れ技だが、このルーバーの場合は(もとが薄いうえに厚みが直接目に触れるので)、プラペーパー貼り増し法は使いづらい。
結局、一度普通のプラ用接着剤で仮止めした後、見えにくい場所(つまり開口部側)から伸ばしランナーの先などで瞬着をちょんと付けて固定。さらに金属パーツに開けた穴をガイドにプラ本体側にも0.4mm穴を貫通させ、MasterClubのリベット(0.5mm)を通して、これを裏から瞬着で固定(この部分は床を設けていないうえ、補強材も側面の穴を避けてえぐってあるので、裏からアクセスできる)。要するに、補助的ではあるが、MasterClubのリベットを本物のリベット用途で使った。
ルーバーよりも通風孔の上下幅が短いのは、厳密な考証に基づくものとかではなく、「なんとなく」の寸法で開口部を作って、いざ今回ルーバーを作る段になって「これじゃちょっと短いかな」と、ルーバーを長目に作った結果。いやまあ、本物だってそうなってるかもしれないでしょ!(強弁)
上下2カ所の小リベットは、なぜか、開口部直後にもある。じつは内側にも逆向きにルーバーが付いているのか?とも思ったが、以前にも紹介したこの写真では、何かあるようには見えない。謎。
工作完了状態は下。

[wz.34製作記・レビュー]
 
14:02
SOL
少年リック限定のモスラを使ってジオラマをつくります

羊毛フェルトで毛をつけました

目をコンセントで光らせるために手をくわえます

やっぱり光るとそれらしいですね♪
モスラからどのシーンを選ぶか?
やっぱり東京タワーから孵化するシーンが一番魅力的かなと東京タワーの古いキットを!


とりあえず組んでみた
サイズ的にはまぁまぁ近いかな?
しかしよく調べてみるとモスラ公開の1961年と今とではかなり東京タワーも変わっていた

展望台も今の白ではなく赤だったりする

確認のためDVDで再確認
下部の建物も白っぽいですね
劇中の映像から確認して東京タワーを折りました
これでベースサイズを算出しますが、また大きくなっちゃう・・
(((^_^;)
[練習用]
7/22
 
23:08
Spitfire
事絡みなのですが、週末になってから、ちょっと(ちょっとじゃないことも)色々なことがあって精神的にキツかった…(´ω`)
30年もやってると職業上の修羅場はイロイロとくぐってきてるので、まだまだ余力があるとは言え、キツいもんはキツい。明後日月曜日が終業式なのがアリガタイと言えばアリガタイですなあ。
て、本日職場からの帰途、キレイな雲と光が見えたので、思わず路肩に車を停めて撮影しました。

~ん、スマホのカメラじゃ捉え切れてないですね。細かい雲の隙間から、降り注ぐように光が差しています。
ようによってはマンガの効果線のように見えます。空から何か降りてくるような雰囲気もありますねぇ…(゜Д゜))))

[日々の出来事]
7/21
 
23:41
Spitfire
昨日はブログの開設日だったわけですが、その7月20日って何の日だろうとふと思って調べてみたら…。
1969年 
- アポロ計画: 「アポロ11号」が、人   類史上初めて月に到達。

1971年
- 国産初の超音速航空機であるT-2が初   飛行を行った。
1976年
 - アメリカの火星探査機「バイキング     1号」のランダーが火星に着陸。
Wikipediaを見たらたくさん出てましたが、個人的趣味だとこの3つぐらいが印象的ですね。
アポロとバイキングはニュースとしても大きく取り上げられたので、言われてみれば記憶にありますが、T-2の初飛行も7月20日だったっていうのは知らなかったです。
積んであるフジミ1/48のT-2とF-1、今や決定版があるのでもう作らないかなぁ、などと言うことを考えたりしました(^_^;

[日々の出来事]
 
21:42
かば◎
●19日水曜日。仕事で小金井の情報通信研究機構(NICT)に行く。
往路、ちょうど昼頃渋谷を通ることになるので、東急東横店地下の「道頓堀・くくる」で是非ともたこ焼きを買って食おう!と心に決めて出掛ける。
というのも、先週末の逗子の鎮守、亀岡八幡のお祭でたこ焼き屋台を見て以来、無性に食いたくなっていたため。
以前に書いたように現在はカロリー制限中であり、たこ焼きを食うとなると、一食分をそれに充てるくらいの覚悟が必要。しかも相手は「粉もん」(=炭水化物)なので、カロリー制限内に収めていてもそう頻繁に食っていいものでもない。
それだけの貴重な機会を消費して、味がいまいちだとガッカリ感が半端ないので、屋台のたこ焼きは諦め、折角なら(数日後に)「くくる」のものを食べよう、と思っていた次第。
――が、結構余裕をもって出掛けたつもりだったにもかかわらず、渋谷到着時点で、待ち合わせに遅れかねない時間になってしまい、たこ焼きは諦めざるを得ない状況に。くううううう。
たかがたこ焼きで、と言うなかれ。人間、好きなように物を食えないとなると、それだけ「食い物の恨み」も深くなるのだ。……もちろん、きちんと所要時間を計算せず、「まあ、こんなもんか」で余裕を持ったつもりになっていた自分が全面的に悪いわけだが。
●NICTのとある建物の屋上に、なぜかカブトムシ、クワガタムシのアタマ(頭部と胸部)だけがゴロゴロしている。聞くと、どうもカラスがこれらを獲って来て腹のほうだけ食うらしい。ホントかなあ。
いずれにせよ、周りにまだ武蔵野の森が残っているので、カブトムシやクワガタムシも豊富らしいことは判る。

●都内に出たついでに、大きく回り道して、四谷仙波堂に寄る。先日、hnさんから「MasterClubの0.6mm丸頭リベットが入荷してたよ」という話を聞いていたので、リベットの買い足しを兼ねて。
……が、0.6mmはさっさと売り切れてしまったらしく無し。wz.34装甲車に使った分、補充しようと思っていた0.7mmと0.5mmも、0.7mmが一袋あっただけだった。また近々入るかなあ。MS modelsに注文するかなあ。
というわけでその他の買い物。
「TRACKSTORY No.12 LES AUTOMITRAILLEUSES CITROËN KEGRESSE」
P.ダンジュー氏によるWW2フランス軍AFVのモノグラフ・シリーズ、トラックストーリーの最近の号(といっても、出たのはしばらく前らしい)。シュナイダーP16装甲ハーフトラックは昔から非常に気になっている車種で、「こんな号が出ていたのか!」と即買い。
もっとも、さすがにP16だけでは間がもたないと見えて、前史である最初のシトロエンのハーフトラックから綴っていて、P16に関しては分量的には半分くらい。
なお、シトロエン・ケグレスをベースとした装甲ハーフトラックの最初期のものにP4Tというのがあるが、これは、私が今作っているwz.34装甲車の原型であるwz.28装甲車にそっくり。それも当然で、ポーランドがシトロエン・ケグレス・ハーフトラックのシャーシを輸入し、P4Tを参考に装甲ボディを作って載せたのがwz.28装甲車だからで、wz.34装甲車にもそのまま引き継がれた六角キューポラはP4Tにもすでに載っている。
シュナイダーP16はP4Tの直系子孫のような車輌なので、wz.34装甲車とP16は「はとこ」くらいの関係になる。
P16はとにかく表面ディテールが半端なく入り組んでいて、さすがにこれをスクラッチで作る度胸はない。以前、DESで1:35のレジンキットが出ていたのだが、出来はどうだったのだろうか。
Passion Models 「Sd.Kfz.231/232(6rad)」用エッチングパーツセット
パッションの新作、ドイツ6輪装甲車用。
そもそもイタレリの6輪装甲車のキットは、「昔のイタラエレイの爪の垢を煎じて飲ませたい」くらいのどよ~んとしたキットで(それでもHiPMの簡易インジェクションよりはマシだと思うが)、そんな相手にディテールアップパーツを張り込むのは、負け続けのギャンブルでさらにレイズするようなもの、という気もする。
実際、四谷仙波堂のサイトでこのセットの紹介を見た時も、「これはなるべく我慢する方向で……」と思っていたのだが、現物を見ると、「いやいや、それでもイタレリの6輪は持っているんだし。好きな車両だし」と、つい衝動買い。
中身は、「とにかくこの車輌を好きな人が凝り性炸裂で作った」感がヒシヒシ。一昔前のありがちなエッチング・セットのように、「とりあえず金属に置き換えただけかよ!」的なパーツはない。……が、その一方で、工作の難易度は「これ、オレ、作るの? 作れるの?」と不安になるレベル。
曲面上に付く雨どいや、凸部のあるクラッペは、冶具が付属していて自分でプレスして形状を作れという指示。各部のヒンジは、土台部分だけあって、軸部は伸ばしランナーで、リベットはどこかから削り取って流用するか、伸ばしランナーの輪切りで作ることになっている。いやまあ、アベールのように軸部を巻いて作れというのも、それはそれで困っちゃうけれども。ちなみにそのリベットは頭の径が0.45mmと0.3mmという指定。うーん、MasterClubにもないサイズだな……。
とにかく、これで2000円という値段は内容を考えれば割安感があり、設計者の熱意に押し切られて買ってしまった感じもあるが……。うーん。これ、作る日来るかな……。
理性的に考えれば(ぶっちゃけた話)、イタレリのキットにこのセットを奢るよりも、ブロンコあたりから6輪装甲車の新作が出るのを気長に待った方がいいような気もする。もちろん、こういうちょっとマニアックなアイテムのエッチングセットを今後も出してくれることを願って、それなりに売れて欲しいな、とは思うけれど。
[いきものかば◎の迂闊な日々製作記・レビュー]
 
12:34
あおこ/くま
 こんにちは 金曜日の人です。  今週、ワタクシ不惑の40歳になってしまいました。
四十にして惑わず。だそうですが、まだまだ未熟過ぎて惑いまくっております。
わざわざお祝いして頂いた皆様、ありがとうございました。
その暖かい心遣いを今後の新商品に込めてお返し出来るよう、努力いたします。

しかし「初老」になっちまったんだなぁ…とシミジミ思うことが多くなった今日この頃であります。
メシがたくさん喰えなくなってきたとか、物忘れが多いとか、加齢による劣化を感じる機会は多々あるわけですが、最近強く感じるのがアイデアの枯渇。これは職業柄致命的で、ネタが浮かばず時間ばかり過ぎていくという悪循環が増えています。
昔はそんなことなかったのですが…ヤキが回ってきた感じですかねぇ
     
さて、ボチボチ7月売りの新製品の御紹介を。
1/32ヘビーフレイトNo.06 40Feet海上コンテナトレーラ(二軸タイプ)
はいパケパケ~ はいはいデカール~ んでから試作かんせいひ~ん ヨコヨコでおま~~ ウッシロ~
と、こんな感じでございます。
パッと見で「三軸から一本外しただけかい
」と思ったそこのアナタ それは早とちりです…
もちろん昨年発売した三軸と共有している部品も多々ありますが、基本的には再現する対象(元ネタ)が違いますんで作り方は大幅に違います。
もちろん上モノの40Feetコンテナ自体は同じものですが、二軸用の長いサイドバンパーは専用の新金型で、メッキ仕上げです。
今回のキットには、JIS規格の22.5インチメッキスチールホイールが付きますので、デコトラ方向のお客様へもおススメです。又、画像はありませんが、トレーラー用の大きな反射板に対応する為、今回から反射板の台座用としてエッチングが入ります。こちらも上手に活用してください。
 ちなみに今回の2軸台車は、現代の実在する個体を取材しておりますので、千葉県の方へ向かうと全く同じ仕様が走っているかも知れませんよ…
      
ハイ次ザ☆モデルカーNo.50 1/24 スバル TT2 サンバー消防車 '08 スバル大泉工場パッケージ 
まずはパッケージ~
デカール~
試作完成品~
テール~ 
こんな感じです。サンバーの消防車としては、今回のモノが本命のキットとなります。
パッケージ画像にある通り、スバルの群馬大泉工場内で活躍する現役の実車を徹底的に取材し、商品化しています。その時の取材画像でパッケージを作った為、ちょっと写真の背景がゴチャっとしてますが、そこも工場の臨場感だと思って頂ければ幸いです。
 アオシマのTT系サンバーは、これまで最終型のみを商品化してきましたので、初の年式違いバージョンとなります。新金型は主にこの2008年モデルを再現するために追加した顔面パーツです。この2008年モデルはしばらく他に展開予定が有りませんので、この顔面が欲しい方はこちらの消防車をお求めください。 で、取材画像は無尽蔵にありますので、ちょっとだけ上げてみます。とりあえずフロントから~本来この写真がパッケージ天板の予定でしたが…  ろから~ 富士ロビン製消防ポンプはこのようにスライドし、持ち運ぶことも出来ます。
取材時にも降ろしてじっくり寸法取りしたのですが、余りにも重くて腰がどーにかなりそうでした…
  
少しは製作の参考になりそうでしょうか? そんなわけでサンバー消防車は今月末の弊社発送予定となっております。ご予約がまだのお客様は是非お近くのプラモデル屋さんへどうぞ。 で、最近のザ☆モデルカーシリーズは順次「アルミナンバープレート」の標準装備化を進めています。
デカールに入っている文字だけのナンバープレートはそのためのものです。
是非使ってみてください
      さて、毎度おなじみマニア時代の国産車雑誌 高速有鉛デラックスVoi.58もう発売されてから三週間近く経とうとしていますが、気になっていた広告の逸品をゲットさせて頂きましたので、まだ知らない人のためにご紹介~元々昨年からマニヤの皆さんが大喜びで買い漁っていた「変人募集中!」ステッカー。これが今回キーホルダーになったんですね。
ボクは至って普通のサラリーマンなので変態マニヤの気持ちはイマイチわかりませんが、このキーホルダーを愛車のカギに付けたり、小学生のキミならランドセルに付ければ今日からヒーローさ
きっと素敵な変人が集まって来てくれるに違いない
みんなでゲットして変を叶えようゼ
ちなみにたったの500個しか作っていないそうなので早い者勝ちです現在は関係者のみに配られたそうで、あまりに不評なために、一般販売の嫌がらせを開始するそうです。今月末頃販売開始予定で売れ残り御免 
※キーホルダーのデザインそのものも相当素敵ですが、個人的に刺さってしまったのがキーホルダーのリングとスネークチェーン今こんな凝ったつくりのキーホルダー無いですよね。そんなリアル'80sクオリティに名物編集長のホンキを感じます。ズキュン  そんな変人募集中キーホルダー、お求めのお客様はコチラhttp://neoclassic.jp/goods.html       そういえば先週、先々週の金曜ブログですが、見れない方が多かったとの事でしたのでアップし直しました。そちらも宜しければご覧くださいませ。       
そんなこんなで今週はここまで。ではまた来週金曜です。み~ぎむいぃてひ~だりむいて ばいちゃばーいちゃ                  ●高速有鉛は有限会社FENの登録商標です。
7/20
23:26
かば◎
22:42
Spitfire
18:23
ミチシルベ
15:31
09:02
SOL
7/19
23:54
Spitfire
12:20
11:16
たばさ
00:39
いでら
00:35
いでら
00:19
いでら
00:00
あおこ/くま
7/18
23:58
Spitfire
17:42
あおこ/くま
09:48
7/17
23:39
Spitfire
22:13
13:09
ミチシルベ
01:22
Tac@Handmade Movie Maker
00:46
Spitfire
7/16
22:37
Mr.KATO
18:08
ミチシルベ
17:24
Spitfire
06:34
Spitfire
7/15
11:30
どろぼうひげ
7/14
18:08
ミチシルベ
12:34
あおこ/くま
00:43
マイロン
7/13
17:56
あおこ/くま
14:06
7/12
18:50
ミチシルベ
7/11
18:57
ミチシルベ
13:44
あおこ/くま
08:11
7/10
23:03
どろぼうひげ
22:42
Tac@Handmade Movie Maker
21:45
かば◎
7/9
23:18
マイロン
16:48
かば◎
00:00
あおこ/くま
7/8
08:57
00:20
どろぼうひげ
7/7
12:34
あおこ/くま
7/6
22:35
マイロン
7/5
16:42
あおこ/くま
14:56
7/4
23:58
かば◎
22:55
マイロン
20:18
どろぼうひげ
17:41
あおこ/くま
7/3
21:22
たれぱ
20:04
アラーキー
03:04
7/2
12:34
どろぼうひげ
6/30
18:41
16:53
かば◎
6/27
03:30
かば◎
6/26
09:23
Rfive
6/25
20:12
SOL
6/24
20:44
どろぼうひげ
6/23
18:21
アラーキー
6/20
19:18
ミチシルベ
11:30
ひのき
03:08
かば◎
6/19
17:39
ミチシルベ
6/18
19:52
Mr.KATO
6/17
03:25
かば◎
6/16
12:37
たれぱ
08:10
アラーキー
6/14
02:55
飲食店経営者
6/13
09:23
アラーキー
6/12
21:15
Mr.KATO
6/10
13:38
飲食店経営者
6/8
20:47
どろぼうひげ
20:46
どろぼうひげ
19:19
ミチシルベ
6/6
20:49
どろぼうひげ
6/4
22:21
どろぼうひげ
21:32
Mr.KATO
16:10
ヒトっさん
11:31
飲食店経営者
09:47
マイロン
6/3
21:44
Mr.KATO
20:11
どろぼうひげ
6/1
22:38
どろぼうひげ
5/30
14:01
ひのき
5/28
13:40
Rfive
5/25
20:46
どろぼうひげ
5/24
21:03
アラーキー
16:34
HOTARU
5/23
14:29
ひのき
5/22
19:12
ヒトっさん

(最新の100件まで表示しています)


 [ブログレーダー]  [掲示板レーダー]  (リロード